ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

人生疲れた?つらい毎日から抜け出し、穏やかな明日を迎える方法

 

大通りへ

「もう疲れた……」

そんな嘆きとともに、遠い目をしているあなた。

生きるのが嫌になっちゃった?

うーん、人生っていうのは難儀なものですよねぇ。

あなたはここまでずーっと頑張ってきたんですね。たくさん我慢してきたんですね。

今日も一日お疲れ様でした。よくぞ耐え忍びました。しんどかったでしょ?

もう大丈夫。肩の力、抜いていいですよ。もっと気楽にいきましょ。

そう言われるのもつらいですか?
腹立たしいですか?
無責任なこと言うなって?

じゃあ、せめて自分を痛めつけるのはやめましょう。わざわざ苦しくなる必要なんてないんだから。

さぁさぁ、ちょっと休憩しましょう。緊張をゆるめてリラックス。

「そういうわけにはいかない!」
「それができないから困ってるの!」

うーん、まぁ、確かにそうですよね。私もいつもそう思っていました。「休んでる場合じゃない! 何とかしなきゃ!」って。

それでずっと悩んでジタバタもがいてきたんですけど、最近やっとわかってきたんです。つらいことだらけの毎日を選んでいるのは自分だってことが。

どうしてこんなに苦しいのか?

理由がわかれば少しはラクになります。これからどうすればいいかも見えてきます。

よかったら、一緒に考えてみませんか?

 

人生に疲れた人、この指と~まれ!

では、質問です。

あなたはなぜそんなに疲れてしまったのでしょう? 何があなたを疲れさせているのでしょう?

・何をやってもうまくいかない?
・人間関係の不和?
・誰も理解してくれない?
・病気が全然よくならない?
・ダメな自分に嫌気がさす?
・お金がない?
・時間がない?
・誰にも本音を話せない?

もっともっとありますか? ここでは語り尽くせないですか?

こんなにたくさんの「つらいこと」を抱えて頑張ってきたんですね。ずっと我慢してきたんですね。

そりゃ疲れて当然だ。人生も嫌になっちゃいますよね。それにもかかわらず、痛みに耐えてここまでやってきた。それってすごいことです。

この苦しみが軽くなったらいいですね。

何か良い方法はないでしょうか?

私の場合は、理由を知ることで心が軽くなりました。

本当はどう感じているのか?
なぜこんなに苦しいのか?

この答えに納得したら、これからどうすればいいのかも見えてきたんです。

今のあなたは、ぐちゃぐちゃに絡み合った悩みの糸にギューッと締めつけられている状態。

焦ってそれを引っぱると、もっと苦しくなってしまいます。

だから、少しずつ、少しずつ。

自分の痛みがどんなふうに生まれているのか気づいてあげれば、苦しみから解放されます。自分の弱い部分を知れば、自分に優しくしてあげられます。

そうすれば、もっと穏やかに生きられるようになります。

 

疲れているのに休めない理由

生きることに疲れてしまったのは、今まで頑張ってきたから。つらいことがあっても我慢してきたから。

そういうときは休めばいい。でも、休めない。

それはなぜ?

私が考える理由を挙げてみますね。どうしてあなたは疲れているのに休めないのか。

・まじめだから
・がんばり屋さんだから
・自分に厳しいから
・志が高いから
・我慢強いから
・人にやさしいから

どうでしょう? 心当たりあります? このページをここまで読んでくださったあなたはきっとこういうお人柄だと思うのですが。

「人生に疲れてしまった」
「毎日生活するだけでしんどい」

それを自分の弱さだと思いますか?
ただの甘え? 怠け?
うまくいかないのは自分のせい?

私はそう思いません。

あなたは強く生きようと努力している人。
甘えたり怠けたりするのが嫌いな人。
責任感を持って事にあたる人。

そうじゃなかったら、疲れたりなんかしませんよね。

疲れているのに休めないのは自分に厳しい証拠。毎日苦しいのは真剣に生きている証拠。

あなたが悪いんじゃありません。ちょっとセンサーの調子が悪いだけ。ガソリンが足りないだけ。エラーが生じただけ。

そこを調整すれば大丈夫。問題ありません。

【関連】ずっと休んでいるのに心が休まらない理由【うつ病休養の仕方】
 

疲れた心と体をリカバリーする方法

人生に疲れてしまう理由、疲れているのに休めない理由はわかりました。

「じゃあ、どうしたらいいの?」

まずは、心身をほぐしましょう。深呼吸&腕を上にグーッと伸ばしてストレッチ。

こんなこと、と思うかもしれませんが、これってすごく大事。心と体は一体です。

それでも全然モヤモヤが晴れない人は、この3つ。

・本音を吐き出す
・否定しない
・労わる

どんな言葉が浮かんでも、「いいんだよ」と言ってあげてください。

すると、緊張がゆるみます。心がラクになります。苦しみが軽くなります。

……あ、こんなふうに思いました?

「本音を吐き出すにもどうやって吐き出せばいいかわからないし、自分を責めずにはいられないし、そんな自分を許して労わることなんて絶対にできない!」

うん、それでいいのだ。反対の賛成なのだ。

こんな感じです。

うまくできなくてもいいし、自分を否定せずにはいられない自分でもいい。

もう十分自分を痛めつけてきたので、たまには優しさも与えてあげてください。

そして、スパルタコーチにはしばらく休暇をとってもらいましょう。

【関連】イヤ~な気持ちが生まれる3つの理由と解決の糸口
 

ラクな選択をしてもOKな理由

では、スパルタコーチに代わってゆるゆるコーチがお伝えいたします。スパルタコーチがあなたに求めていた「成長」をどうやって獲得するか。

頑張りすぎのあなたに必要なことは、不必要な苦行をやめること。

休んでもいいよ。投げ出してもいいよ。逃げ出してもいいよ。好きに生きればいいよ。やりたいようにやればいいよ。誰が何と言おうと関係ないよ。

だって、あなたの人生だもん。

自分勝手に生きるのはいけないこと?
人に迷惑をかけてはいけない?

そうですね。いけないことはいけないこと。褒められることではありません。

でも、あなたが自分を押し殺すことで得られるものはそれほど素晴らしいものですか? 死にたくなるほどの苦しみよりも優先させなければいけないこととは何でしょう?

私は、人を傷つけたり自由を侵害したりするのでなければ、その人の好きにすればいいと思っています。自分の本音を押し潰して生きるより、笑顔になれること・心から望んでいることをやった方が良いものを生み出せるから。

そのために必要な我慢なら、疲れを感じても人生は嫌になりませんよね?

奴隷のように自分を扱っても良いことは何もありません。ただ苦しみを生み出すだけ。

わざわざ苦しい選択をする必要はありません。険しい道を選ばなくても成長はできます。

【関連】がんばらなきゃ!という焦り・罪悪感をなだめてくれる歌「愛よ愛よ」
 

楽しいこと考えると楽しいね

「苦しい選択するのをやめようって言われても、現実問題として、やめるわけにはいかないよ」

そうなんですよね。責任ある仕事や今まで積み重ねてきた実績を放り出せば、社会的な信頼を失うことになります。

でも、社会的な信頼が失われても、あなたという存在が失われるわけではありません。

それに、仕事を全部ほっぽり出せと言っているわけではないんです。苦しみから抜け出すために“今”できることだってあります。

例えば。

あなたの好きなものは何ですか?
何をやっているときが楽しいですか?
心地よいのはどの瞬間?
嬉しいのは?
気持ち良いのは?

ちょっと考えてみてください。

そして、できれば実際にやってみてください。手に取ってみてください。可能な限り「それ」に近づいてみてください。

ちなみに私は、コーヒーを飲みながら本を読む時間が好きです。絵を描いたり服を作ったりしているときも楽しい。あとは、空を見上げてボーっとしているのも好き。ホッとします。それと、甘いものを頬張っている瞬間も。

あなたは?
どんな時間が好きですか?

こうやって他愛のない話をするのも楽しいですよね。

「好き」を注ぎ込むことが苦しい選択をやめることになる。私はそう考えています。

【関連】趣味を見つけるコツ(=人生の喜びを見つけるコツ)
 

どうしてこんなに苦しいの?

なぜ自分の人生は暗いのか?

それは暗いところを凝視しているからかもしれません。

人生は何を見るかで変わります。それは自分で選べます。見たいものを見ればいい。

今はそう思えないかもしれません。

真っ暗闇で何も見えない。
楽しいことなんて何もない。

かの賢人は言いました。

「こころに明かりはつけられる」

……それでもやっぱり苦しい?

「つらいこと苦しいこと、考えずにはいられない!」
「やめたいのにやめられない!」

それはきっと考えたいんだと思います。やめたくないんだと思います。

「こんなこと言ったらいけない」って我慢してるから、押し込めてるから、「ちゃんとわかって!」と心が叫んでいるのではないでしょうか。

だから今はそれを受けとめてあげましょう。納得できるまで気持ちを吐き出させてあげましょう。

「つらいよ~苦しいよ~悲しいよ~」

便秘は身体によくないですからね。心の便秘には受容という名の食物繊維を。

【関連】うつ病回復期のモヤモヤ解消法 ― とりあえず今の気持ちを紙に書き出してみる
 

がんばってるあなたが好き

苦しくて泣いている自分。
弱い自分を受け入れられない自分。
素直になれない自分。
自分を責め続ける自分。
自分が大嫌いな自分。

何も悪くありません。そう思うのはあなたの優しさゆえ。まっすぐさゆえ。

私は、歯をくいしばって生きているあなたのことすごいって思います。称えたい。「がんばってるで賞」をあげたい。

つらい気持ちは簡単に消えないかもしれないけれど、少しずつ少しずつ、傷は癒えていくはず。

報われない思いがあったとしても、あなたが努力している姿、見ている人はちゃんと見ています。

だから、大丈夫。

おいしいもの食べて、ふかふかお布団でゆっくりお休みなさい。

まじめで優しくて一生懸命なあなたへ。

手紙~ナミより~small

 

つらくなったらまた遊びにいらしてくださいな。おいしいコーヒーとお菓子をご用意してお待ちしております。

それでは、今日はこのへんで。

また、お話しましょうね。

仲良し

【おみやげをどうぞ】

こんなのもありまする。疲れに効きそうなものを選んでみました。よろしければどうぞ。

1.惨めで息苦しい?疲れ果てた心を安心感で満たす秘訣
何をやってもうまくいかない? みんなの幸せそうな笑顔がつらい? そんなとき、自由と安心感を与えてくれる言葉があります。みじめな気持ちをじわじわ消し去るおまじないです。

2.「休むことに罪悪感」疲れているのに無理をしていませんか?
秩序を愛する勤勉な人がハマりやすい罠。「~しなければならぬ!」という意識が強い方は要注意です。

3.灰色の世界からキラキラ笑顔のリア充様を見て落ち込んだりムカついたりしている人へ
人はさまざまな場面で活躍するエリートさんを見て卑屈になったり、人生バラ色の勝ち組さんに嫉妬して怒り狂ったりしてしまうけれど、光り輝く宝石以上にすばらしいものもあるのです。

4.愚かで醜い人間、腐った世の中にうんざりしたとき思い出したいおっさんの名言
生きることに疲れたとき、気持ちをラクにしてくれる小話。私の好きなおっさんはステキな歌をうたいます。

5.私のトゲトゲした心を柔らかく穏やかにしてくれるもの
空が好き。心穏やかになれる時間。私を絶対に裏切らない美しさ。自分の存在が溶けていくようです。

6.心が疲れたときに読みたい本3選
人生に疲れたときに効く! 五木寛之流 怠け者のための生き方メソッド
まず力を抜いてごらんよ ー 『ブタのふところ』から学ぶ生きるヒント
命の崖っぷちを知る堂本剛さんが語る、強く美しい言葉たち

①②はほっこりしたいときに。③は心が擦り切れそうなときに。それぞれのやさしさが胸に沁み入ります。

希望の光

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたに穏やかな日々が訪れますように。

 - 生きづらさを抱えるあなたへ, 心をラクにするヒント  , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ブログ情報

  関連エントリー

サイコロ
「生きづらさ」から解放されるための練習問題

前回記事の続編として、「~しなければ」「~すべきだ」というカチコチ思考と、それを …

蓮華
楽しい般若心経入門「超スゲェ楽になれる方法」

今日は、「超スゲェ楽になれる方法」についてチラリとご紹介します。 と言っても、す …

ハートのお絵描き
「自信がない」を克服!自由にのびのび生きるコツ

「自分に自信がない……」と泣きたくなることはありませんか? 人生うまくいかない。 …

美しい海と空
何でも白黒つけてしまう人が知るべき真実 ~どっちつかずの生き方~

「こんな私は生きている価値がない」 そんなふうに自分を全否定してしまうとき、意識 …

地球を小脇に抱えて
不安・孤独・苦痛に押しつぶされそうになったときは遠くを見よう

昨夜の皆既月食、ご覧になりました? 3年ぶりの天体ショーだったらしいですね。18 …

ふと想う
生きづらさ、孤独感、心の痛みを抱えたあなたへ

あなたは今何を感じていますか? どんなことを考えながら日々を過ごしていらっしゃる …

何か言ってる石像
人生の攻略法はあるのか知らぬが生きているのは暇つぶしで自己満らしいぞ

島倉千代子さんの「人生いろいろ」のメロディで、「人生~自己満♪」と歌っている人が …

白タンポポ
たんぽぽ白鳥久美子先生に学ぶ、しんどくならない考え方

昨日、何気なくテレビを見ていたら、たんぽぽの白鳥さんが結婚しない理由を問われて、 …

シャボテン公園と大室山
生きるのしんどい?ダメな自分が今よりよくなる3つのポイント

人生や目標達成の道のりは、よく「山登り」に例えられます。ありきたりですが、わかり …

黄昏
私は生きていていいの? どうしたらこの苦しみから抜け出せるの?

私はこのままでいいのか。 私はもっと頑張らなければいけないのではないか。 私は甘 …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、留意事項をご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. piko より:

    ナミさん、初めまして。
    実家で療養中なのですが、何とか前に進めるきっかけが欲しく出会えたブログで度々拝読させてもらっていました。

    悶々とする生活の中でうつ状態になる自分は自己肯定感が低いのだと改めて気付きました。「〜しなければならない、〜すべき」に囚われて、自分をがんじがらめにしてきたのは私なんだなって、そんなに自分を苦しめなくてもいいのに生き辛さを感じてばかりいました。
    みんなが出来る事ができない自分が情けなくて仕方ありませんでしたが、みんな個性がそれぞれ違うように「できること、できないこと」があってもいいんだよね〜 、ゆるく考えられるようになってきたのも、ナミさんの丁寧なブログのおかげだと思います。

    ナミさんの素直な文章を読ませてもらっていると心強く感じられるようになり私だけじゃないんだと共感できる事も多く救われます。
    今は時間だけが過ぎていくこと、雪も溶けてきて生き生きとした春が訪れること、変化が怖くなる事があります。自分の体調や気持ちがついていかないんですよね。

    出来ない事を数えるのは休止して、出来る事をひとつずつ私も増やしていければいいな〜と思います。

    • ナミ より:

      pikoさん、はじめまして。

      そんなふうに言っていただけるとすごく嬉しいです。あたたかいメッセージをありがとうございます。

      そうなんですよね、「こうしなきゃダメ」という考えが自分を苦しめてしまって。自己肯定感というものが低くなってしまうのはなぜか、よく考えます。人それぞれ過程は違うんですが、根っこの部分には共通するものがあるんでしょうね。自分のことは見えにくいものですが、いろいろな人の意見を参考にさせていただくことで、少しずつモヤモヤの中身がわかってきた気がします(気がするだけで実際にはわからないことだらけなんですけどね)。

      春の訪れや輝かしい未来、喜ばしいとされるものが恐怖でしかない。みんな成長して美しい花を咲かせているのに、自分だけ取り残された気がして寂しい……。私も長らくそんな時期がありました。今も根本は変わりませんが、「今」を感じることで切迫した気持ちは弱まってきました。

      pikoさんがおっしゃる通り、「出来ない事を数えるのは休止して、出来る事をひとつずつ増やしていく」、これって大事なことですね。

      これまでの生き方とのバランスを取るためにも、のんびりゆるゆると穏やかな時間を過ごしていきたいものです。

      季節の変わり目ですので、どうぞお身体に気をつけてお過ごしくださいませ。

  2. シェパード より:

    こんにちは。ちょくちょくすみません。シェパードでございますm(_ _)m
    今回のお話、心にしみました~
    今まさに、自分の事がイヤになって、涙する毎日だったもので。
    がんばってるで賞、嬉しいです。ありがたく頂きます。少し休憩しようと思います。
    だんだん暖かくなってきましたが、ナミさんは花粉は大丈夫ですか?
    体調にはお気をつけくださいませ。
    とりあえず今日は家の猫に泣きつこうと思います。毛皮をイヤイヤですが貸してくれて、泣き止むのを待っててくれる良いヤツなので(笑)こんなときは女で良かったと思います(笑)いや、男の人もやってるかも?猫枕(笑)
    散文になってしまいました、すみません…
    みんなで休憩、しましょうね。では失礼します。

    • ナミ より:

      シェパードさん、コメントありがとうございます。

      自分のことを責めずにはいられない状況はつらいですね。感情が偏りすぎないようにバランスを保ちながら過ごしていきたいものです。そのためには休みが不可欠ですね。

      猫枕? 上に乗っても怒らないなんて、なんて寛大な猫様でしょう。すばらしい。私もそんな猫様に添い寝してもらいたいです。あぁ、考えるだけで癒されますねぇ。

      今のところ花粉は大丈夫ですよ~。花粉症の方は本当に大変そうですものね。お心遣いありがとうございます。シェパードさんもどうぞお身体に気をつけてお過ごしくださいませ。

  3. あまがみ より:

    ナミさん、はじめまして。
    ネットをさまよっていたらここに辿りつきブログ読ませていただきました。
    去年実家から今年で付き合って10年になる大切な彼がいる土地に引っ越しました。
    彼は寮に住んでいますので話し合い家賃は出すからと彼に会いながら1人暮らしをすることになりましたがその彼に裏切られ、引っ越して一週間に別の女がいるのを知りました。
    それから二股生活が今も続き、私はそれでも彼のことを愛していて小さなことでも支えようと頑張っていますが毎日が虚しいです。
    私とその女は今は彼からどちらもフラれ彼女ではない立場ですが、彼はどちらも好きで今はどっちかとは決めきれないと言われました。
    交互に行き来し、女には三人の小さな子供も居て懐いていますし不安定でヒステリックを起こしやすいし彼自身が面倒くさくなるからと私のことは後回しで優先しています。
    私は同じ立場なのにどうしてこんなに差があるのかなと泣いてしまう日々で彼にも言いますが、辛いなら…そんな想い捨てればいいと言われました。
    簡単に棄てれたらもうここにいないよって思いましたが上手く言えず泣いてしまいました。
    知らない土地で友人もいない、地元の友人からはそんな奴はもうやめて帰ってこいと言われて頭ではわかっていますが感情が動いてくれません。
    散々酷いこと言われましたが楽しいこと嬉しいこともありました。
    けれど、最近はいいことがなく毎日泣いてばかりで情けないですが収入も少なく彼からは自立しろ、甘えるなと言われ社員になりたくてもこんな状態でちゃんと仕事出来なさそうで。
    まだ頑張れてないのかって、我慢が足りないのかなって…もう諦めて楽しいことやればいいじゃないって言われますが何もできなくて。
    本当に独りぼっちで死にたい、いっそ殺してくれと思うまでになっていますが諦めきれなくて…笑いたいのに笑えなくて。
    毎日が虚しいのに、ここまで彼のこと想ってしまう自分はバカなのはわかっています。
    このまま、生きていていいんですかね?

    • ナミ より:

      あまがみさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

      ずっとつらい思いを抱えて過ごしてこられたこと、こうして大切なお話を聞かせてくださったこと、とても嬉しく思います。ありがとうございます。

      あまがみさんは何も間違っていないと思いますよ。あまがみさんがおっしゃる通り、自分の気持ちを簡単に変えられるものではありません。今までずっと大切にしてきた気持ちであれば尚更。だからこそ、心の声を否定せず、尊重してほしいです。

      彼やもう一人の女性がどのような方で、どんなことを考えているのかわからないので何とも言えないのですが、あまがみさんがとてもつらい思いをしているということはよく伝わってきました。このような苦悩を抱えて日々を過ごしてこられたこと、とても大変だったと思います。心の痛みに耐えながら、大切な人のことを想う……。心中いかばかりかとお察しいたします。

      「どちらもフラれ彼女ではない立場」であっても、付き合いは続いているんですね。うーん、ごめんなさい。私にはそういう感覚がよくわかりません。今の状況がつらいということはわかるんですが……。

      私の正直な感想を申し上げますと、彼を大切に想う気持ちと、孤独感・虚無感は別の話だと思います。もちろん、大切な人を失うことで心にぽっかり穴があいてしまうことはあります。彼を支えようと頑張っているのに何も返ってこなければ虚しくもなります。あまがみさんが今その苦しさに苛まれているということはよくわかります。

      ただ、仮に、今の状態で彼との関係が元通りになったとして、果たして心の充足は得られるでしょうか。「また彼を失うんじゃないか」という恐れや不安に苦しめられてしまうのではないかという気がするのです。

      あまがみさんが求めているものが何か、彼に何を求めているのか、なぜそれを欲しているのか、そういう根っこの部分が見えてくると、心の痛みを癒す術も見つかるのではないかと思います。

      あまがみさんの素直な気持ちを大切に、納得のできる選択をしてください。時間が解決してくれることも往々にしてありますから、「距離を置いて待つ」という選択もありです。どうしても割り切れないならば、現状維持でもいいのかもしれません。

      あまがみさんに穏やかな日々が訪れることを祈っています。

  4. はむ より:

    ナミさん
    はじめまして。
    夜中に眠れなくなり、ネットを見ていたとき偶然こちらのブログを見つけ、それ以来少しずつ読ませていただいています。

    わたしは今年で社会人3年目になります。依頼された仕事をこなし、後輩の指導をし、上司や同僚との関係も良好で、毎日仕事が楽しくて仕方ありませんでした。

    いつ頃からか、依頼された仕事をもっと効率良くできるのではないか、もっと次に繋がる指導ができるのではないか、もっと細かく記録を残した方が良いのではないか、等
    自分にたくさんの「もっと」を課すようになりました。業務時間内には収まり切らず、休日出勤が増え、きちんとこなせない自分が許せなくなりました。
    こんなことやりすぎだ、だから疲れるんだ、ということは分かっています。でもその反面、仕事を休むと迷惑がかかる…(慢性的に人手不足なので)自分が仕事を抱え込んだ分、自分に責任がある…もっときちんと仕事の分担をしなければ…とあれこれ考えたあげく仕事中に逃げ出して泣いてしまう日々が続いています。
    考え疲れて、寂しくて、もう死んでしまいたいと思ったり、その過程を想像してしまうことも多々あります。

    先日、上司や産業医の先生が心配して、お話を聞いてくださいました。近況を話すと、「考えすぎて身動きがとれなくなっていたんですね。焦らず休みながら、ボチボチやっていけばいいよ。それに今日話をしたことは、一歩前進ですね。」という言葉をかけてくださいました。
    考えのグルグルに陥り全て見失っていたわたしにとっては、とても暖かい励ましの言葉でした。
    時間がかかるかもしれませんが、
    休みながら一歩、また少ししたら一歩と、前進して行きたいところです。

    今日は自分の話をすることで必死になってしまい、
    すみませんでした…。
    ナミさんのブログは記事が豊富なので、毎日少しずつ読んでいくことが
    最近の楽しみです^ ^
    また更新お待ちしています。

    • ナミ より:

      はむさん、はじめまして。こちらこそ、貴重なお話を聞かせてくださり、ありがとうございます。あたたかいメッセージをいただき、嬉しい限りです。

      はむさんはこれまで大変な努力をされてきたんですね。こんなにもストイックに、仕事の質を上げるための行動を積み重ねることは生易しいことではありません。

      まじめで、責任感が強くて、向上心に満ち溢れているはむさん。成長するために努力を重ねることは素晴らしいことです。ナマケモノが板についてきた私ははむさんを見習わなければいけませんね。

      つらいとき、周囲の人の優しい言葉は胸に染みますよね。上司の方や産業医の先生だけでなく、同僚の方との関係も良好とのこと。それはきっとはむさんのお人柄あってこそなのでしょう。

      今までフルパワーで走り続けてきた分、しばらくはエネルギー補給が必要かもしれませんね。先生方がおっしゃる通り、焦らず、ボチボチと進んでいきたいものです。

      季節の変わり目ですので、どうぞお身体に気をつけてお過ごしくださいませ。

  5. とみ より:

    はじめまして、とみ。といいます。四年前に抑うつになり。回復して、やりたい夢に向かって努力してました。今年の三月に夢破れ、挫折して、また抑うつになり、今に至ります。

    夢を諦めるしかなくて、辛く苦しくて、毎日なんとか生きてます。そんなときにナミさんのブログに出会いました。

    次の目標や夢を見つけなきゃ!って焦ってました。四年前に抑うつをなんとかしたから今回もなんとかなると思ってました。でも今回は少し辛さが違う気がしてます。

    何のために僕は生きるのか?そんなことを考えてて苦しくて、32歳なのにフリーターで、どうする!?ってなって。

    でもナミさんのブログに今は救われてます。心からありがとうございます。

    • ナミ より:

      とみさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

      とみさんは、夢や目標に向かって努力を重ねられてきたんですね。抑うつを乗り越えて前進することは容易ではありません。とみさんのバイタリティーや意志の強さ、本当に素晴らしいと思います。

      四年前とはつらさが違うような気がしているとのこと。これまでずっと頑張り続けてきた反動でしょうか。いろいろ考え出すと不安や焦りでいっぱいになってしまいますが、再出発するためには、ゆっくり休んでエネルギーを充電することが大切ですね。

      何のために生きるのか? 簡単に答えが見つからない問いです。自分が価値を見い出していたものが揺らぐと、自身の存在意義さえ見失ってしまったりして。考えれば考えるほど泥沼にハマることもありますが、存在の謎は興味深いものではあります。

      私の方こそ、とみさんのコメントに励まされる思いです。自分自身と正面から向き合って、現状を打開しようとするとみさんの姿勢、私も見習わなければ。あたたかいメッセージをありがとうございます。

      とみさんの心と体が少しでも軽くなりますように。

  6. そら より:

    始めまして、そらと言います。
    10年前に仕事場の人間関係でうつ病にかかり、その後も産後の度にうつ病を発症を繰り返していました。

    結婚し主人の実家近くに嫁ぎましたが、忙しい姑達や両親、仕事に目覚めて仕事人間になっていく主人の中で『手伝って』を言えないなか姉妹を育てていました。
    そんな中で下の子の障害が次々と発覚。
    同時にますます主人が本格的に仕事一筋になっていきました。
    主人からも『俺の両親は(姉の妊娠もあるので)一切頼るな』とも言われました。
    今まで張り詰めていた糸が切れたような気がしました。

    その中で上の6歳の子の反抗期。
    連日些細な注意から近所中に響き渡る様な大声をだしてキレ、至近距離で
    『お母さんは私が嫌いなんでしょ』
    『お母さん嫌いだから家から出てって』
    を一時間以上に渡って言われる日々でした。
    限界でした。
    私の育て方や、上の子に構いすぎなのは十分承知しています。
    でも精神的に堪える発言を4年前から続いていて、今も、です。
    子どもを頼めないので休める日が無く、最近楽になりたくて仕方ありませんでした。

    でもこのコラムに会えて本当に本当に良かったです。
    正直死にたい気持ちは変わりませんが、このコラムをお守りにしたいです。

    本当にありがとうございました。

    • ナミ より:

      そらさん、はじめまして。そんなふうに言っていただけて嬉しいです。ありがとうございます。

      コメントを拝見して、そらさんのお気持ちを想像したら、何とも言えない痛みが胸に広がりました。

      子育ては本当に大変だと聞きます。いろいろな話を聞くたびに、子育てする人はすごいなぁーと尊敬の念を抱くばかりです。そんな環境にあって、誰にも「手伝って」と言えないなんて……。きっとそらさんは優しい方なんでしょうね。周囲の人たちの事情を考えて、相手の負担を思いやる心を持っているからこそ、ご自身のことが後回しになってしまうのかな、と感じました。

      ご主人の「俺の両親は一切頼るな」という言葉も堪えますね。それに加えて、お子さんの反抗期。

      本当に今までよく一人で耐えてこられましたね……。そらさんの苦悩を思うと、言葉が見つかりません。

      とにかく今はそらさんの心が少しでも休まる場所があるといいなぁと思います。そらさんの味方、協力者を見つけてほしいです。行政やNPOの子育て支援や相談窓口の他に、子育てサークル? もいろいろあるようですね。同じ境遇にいる人たちと情報共有することで、何か現状を打開するヒントが見つかるかもしれません。

      簡単に環境を変えることはできないかもしれませんが、そらさんのお身体が何より大切です。無理をなさらないようお過ごしください。

      そらさんに穏やかな日々が訪れることを祈っています。

  7. あき より:

    はじめまして。あきと申します。
    最近の自分は自己否定ばかりで、「自分は何をやってもうまくいかない」「自分には価値なんてないんだ」そんなことばかり考えてしまいます。家族とはうまくいっておらず疎遠な状態で現在一人暮らししております。ぼくは高校生の時から生きる意味を見失い始めていました。自分のことや家族のことで悩んでいました。自分てなんなんだろうってずっと考えていたのを覚えています。今でも考えてしまうんですけどね。内気で変に真面目で、不器用で、自分よりも相手を優先したり、そういう性格も災いしたんだと思います。大学に入ってすぐ家族ともめて居場所がなくなってしまい、その後一人暮らしをするようになりました。自分は高校生の時からアルバイトをしていたのですが、生活費をまかなうために母に通帳を渡してから今現在に至ってもその通帳は帰ってくることはありませんでした。お金だけでなくそれに費やした時間も失ったのです。もともと友達はあまりいませんでしたし、人見知りの自分は大学でもほとんど一人でした。それらの出来事は積み重なり、自分の生きる意味が分からなくなっていきました。それからは自分の存在を何度も消したいと思いました。またこういうのは中々人に分かってもらえないという辛さも知りました。卒業して今も、その苦痛は増すばかりで、くよくよしてはいけないと何度も前へ踏み出そうとするのですが、中々うまくはいかないもんですね。友達や周りの人を見ると、みじめで悔しくて苦しくて、気持ちは不安定で心もぐちゃぐちゃで消えたくなる毎日です。すごく大雑把に書いてしまいすいません。ナミさんの文章、言葉を見て、そのあたたかさを感じました。ありがとうございます。

    • ナミ より:

      あきさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

      これまで厳しい環境で過ごしてこられたんですね。ご家族との関係も、私には計り知れない葛藤があったのかなと想像します。高校生のときからアルバイトで貯めたお金がすべて生活費(+α?)に回されてしまうのはつらいですね。あきさんの大切な時間を費やして得られたもの。それに対して何のフォローもなかったということでしょうか。何だか悲しいですね。

      自分の存在を消したいと思ってしまうほどの苦しみ、私も似たような感覚を持っていたことがあります。どうしようもなくつらいですね。なかなかうまく伝わらないし、励まされるとますます生きる気力を失ってしまって。周りがみんな幸せそうに見えるのはアレ何なんでしょうね。「誰だって悩んで苦しんでるんだよ」って言うけどホントかよ? と思ってしまいます。

      あきさんが今抱えている苦しみを思うと胸がしめつけられます。あきさんのような心優しい人に穏やかな日々が訪れることを祈るばかりです。

      このようなあたたかいメッセージをいただき、私の方こそありがとうございます。そのお言葉が何より嬉しいです。つらい日々の中で、こうしてコメントを寄せてくださったことにも感謝します。

      心の痛みは簡単に消えないかもしれませんが、そういった気持ちを共有することで、少しずつ喜びを見つけていけたらいいなぁと思っています。

  8. りんご より:

    ナミさんはじめまして。
    りんごです。
    私は今、中学生です。
    家族のこと、学校のこと、近所付き合い…もう色々あり過ぎてすごく苦しいです。
    最近は何でも家族のせいだと思ってしまったりもします。
    辛いです。
    学校も行きたくありません。
    今は病気でお休みしてます。
    心療内科にも通っています。
    生活が崩れ始めたのは、小学生の時。
    いじめに遭い、それまで楽しかったのに…。
    そこからなんです。
    小さい頃は外国に住んでいて、逆ホームシック気味です。
    遠くに行ってのんびり暮らしたい、もう嫌だ、
    そんなことを考えてしまいます。
    死にたいとか、生まれてこなければ…とか
    そんな罰当たりなことが頭によぎってしまうときも多々あります。
    でも、死んじゃダメだって思って、
    そんな勇気も無くて
    今生きてます。

    • ナミ より:

      りんごさん、はじめまして。つらい毎日の中でコメントをくださり、ありがとうございます。

      これまでいろいろと大変な思いをされてきたんですね。今もたくさんの苦しみを抱えていらっしゃるようで、りんごさんのお気持ちを思うと胸が痛みます。

      家族、学校、ご近所付き合い……。どれも一筋縄ではいきませんね。義務教育の間は課せられることも多く、環境を自由に選び取ることもできません。すごくもどかしい時期だと思います。

      もし、生きることをやめたいほどにつらくなったとき、私のこと、このブログの存在を思い出していただけたら嬉しいです。私はこうしてりんごさんと繋がることができてよかったなぁと思うし、つらい日々の中で耐え忍ぶりんごさんの強さに励まされる思いです。そんなりんごさんを称えたい。

      世の中、悪い人もいるけれど、素敵で優しい人もたくさんいます。きっとりんごさんは心優しい人でしょうから、いつかそういう人と出会える日が来ます。

      それまでは生きましょう、一緒に。誰が何と言おうとも、りんごさんは悪くない、間違っていないと私は信じています。

      どうか無理をなさらず、お身体を大切にお過ごしください。りんごさんの心が少しでも軽くなりますように。

  9. きいろ より:

    ナミさん、こんにちは。
    私は子供の頃から親に大切に、きちんと叱ってもらい愛情たっぷりの家庭で育ってきたはずなのですが、いつも自分を責め、誰にも必要とされていない虚無感に支配されてきました。学校での楽しかったことを嘘を交えてでも親に話していました。
    何でも受け入れてもらえる家庭だったはずなのに、何故か心を打ち明けることが怖かった。
    今は婚約者がいるのですが、顔色を伺って、NOと言うのが怖く、自分に自信がありません。この人には私なんかよりももっといい人がいるんじゃないかと常に考えてしまいます。実際に何度も振られかけています。その度に泣いて過呼吸になって、許してもらっています。
    結婚に向けて幸せな時間のはずなのに、毎日泣いています。
    彼はオープンな人で、身体コンプレックスなども受け入れてくれますが、心のことについては甘えているだけだと思われています。
    私自身も他の誰かに受け入れてもらえたとしても甘え続けてしまい、頑張ることを諦めてしまいそうで彼といるのがいいのかもと思っています。
    このような考えが、私達二人にとって良いのか、悪いのか、わからなくなってしまいました。
    心のどこかでは逃げろという声が聞こえます。
    大事な決断が自分の意思で出来ないことが、本当に辛いです。
    自分のための人生なのに、何も自分で決められません。
    でも、親が悲しむので生きています。今はそれだけが命綱です。

    • ナミ より:

      きいろさん、コメントありがとうございます。

      子供の頃から今に至るまで、つらい思いを抱えて過ごしてこられたんですね。自分に自信が持てないこと、いつも自分を責めてしまうこと、とても苦しいことです。家族や大切な人のことを思うがゆえに、きいろさんはご自分を厳しく律してこられたのかなと考えると、何とも言えない切なさが込み上げます。

      今きいろさんの心の多くを占めているのは、婚約者の方との関係についてでしょうか。コメントを拝見する限り、かなり混乱されているというか、大きな戸惑いと葛藤を抱えているような印象を受けます。

      きいろさんと婚約者の方との関係性について私は語る立場にないので、ここからは一般論になりますが、信頼関係を築くためには、「相手のことが好きかどうか」「大切にしたいかどうか」という気持ちと「自分はどうしたいか」という意思が重要なんじゃないかなと思います。まず、嫌じゃないことが大前提ですね。その上で、お互いの希望を伝え合い、妥協点を探っていく。その積み重ねが良好な関係を築く秘訣なのかなと。

      自分の率直な気持ちを整理して、伝えること。相手の気持ちを聞くこと。簡単そうでなかなか難しいことなのですが、日々、話をすることの大切さを痛感するばかりです。

      私自身、自分が一体どうしたいのかわからなくて、常に不安を抱えていた時期がありました。人に何と思われるかが判断基準となっていたために、自分の気持ちに鈍感になっていたんですね。「自分が今どう感じているか?」 そこに目を向けるようになってから少しずつ変わってきたように思います。感情を殺していると苦しくなるばかりでなく、空回りしてしまうんですよね。

      今はただ、きいろさんの苦しみが少しでも和らぐことを祈るばかりです。

      焦らず、じっくり、納得のいく答えを探していきたいですね。

  10. とも より:

    ナミさん、2回目のコメントです。
    本当にコーヒーとお茶飲んでるみたいで
    癒されました!
    本当にそうですよね。
    自分の人生。
    私、何かしなくちゃとか特別にならなくちゃとか思ってました。
    みじめな自分が、認められないから。
    でも、それでもいいんですよね。
    自分勝手に作り上げたハードルはもう、
    破棄してしまって
    自分を大切にしてあげたいです。
    また更新まってますね。
    私もコーヒーとお菓子を、用意してます。

  11. まろん より:

    ナミさん。はじめまして。
    まろんと言います。学生です。
    私は、最近ずっと自信をなくしています。私は、思うように成績が伸びずにいたり、友達関係で上手くいかないことがあったり、家族との仲もあまり良くなく、自分がいなくなっても誰も困らないと思うようにもなってきました。人生に疲れたと本当に思っています。
    気分転換をたくさんしています。
    音楽を聴いたり、アニメを見たり
    でもどうしてもこの気持ちは晴れませんでした。学校では、本当の自分を隠しながら何とか通っていますがそれも疲れました。
    そして、今日何となく
    「元気がない時」と調べてみました。偶然ナミさんのブログを見つけました。涙が出ました。
    少し気分が楽になりました。
    もうちょっと頑張ろうと思います。
    乱文失礼しました。
    また、元気が出なくて疲れてしまってどうしようもなくなった時、
    辛い時ブログを見に来ます。
    多分毎日になるかもしれません。
    本当にありがとうございました。

  12. くろ より:

    ナミさん初めまして。
    ブログを読んで込み上げてくるモノがありコメントさせて頂きました。
    現在仕事の事で悩んでて、頭がおかしくなり死ぬ事を常に考えてしまい、電車で引かれたいと思ったり、バイクでそのまま突っ込んでしまおうかと考えてしまう情けない自分がいます。
    他の人が簡単に出来る仕事も出来ず、誰よりも時間がかかり、言われた事も出来ず、メモを取っても理解出来ず劣等感だけが付きまとい頭がぐちゃぐちゃでした。
    仕事は好きではないですし向いてないと思ってます。
    でも好きでもない仕事をやっている人達は当たり前のようにたくさんいると思って甘えるなと自分に言い聞かせ、理解しようと一時は前向きに思ってもすぐに心が折れてしまいます。
    朝から夜中まで労働時間は長いです。自分の能力が低い分余計に疲労感を感じます。
    辞めたいと考えても将来や生活の不安が募り中々踏み込めずにいます。
    心療内科にも一度足を運びました。鬱の症状有りと診断され、一瞬頭が真っ白になりましたが、気のせいだ!自分は甘えてるんだ!と言い聞かせ、それからは病院も行きませんでした。

    辞めれば楽なのは分かってますし、辞めたいくせに、迷惑がかかる・途中で逃げだすと何言われるか分からないと気にしてしまう自分がいます。
    いつも周りにびくびくし、気を使い、ハッキリ本音も言えず仕事にも真剣に向き合えず、毎日を苦しんでいます。

    いつからか昔から、自分は自分の事が嫌いでした。
    人より劣り、学もなく、根性も器も面白みもない、表現する・伝え方もチグハグで、努力の仕方を間違えた時間の使い方。。
    言いだしたらキリがないです 笑っ

    ただ、今日ナミさんのブログに出逢って少しだけ気持ちが軽くなった気がします。
    上手くお伝え出来ませんが何かのキッカケになった気がします。

    此処に辿り着けて良かったです
    ありがとうございます。

  13. 莉奈 より:

    こんばんは
    ナミさん初めまして
    夜不安と葛藤でなかなか寝れない日々が続き、ひとりで悶々と考えていたなか、ナミさんのブログにたどり着きました。
    私は動物病院に勤めています。
    小さい頃から動物が大好きでした。
    ですが最近では動物よりも自分の辛さや苦しさから逃れることを優先して考えてしまいます。
    病院自体はとても良い所です。
    同期も先輩も優しくしてくれます。
    ただ院長先生がどうしても怖くてどうにもできません。
    私はまだ1年目のペーペーです。
    怒られるのだって、失敗するのだって全て当たり前で私の責任なのはわかっています。
    ですが、怒鳴られたり、物を乱暴に投げつけられたり、罵声を浴びせられたりすると自分の中で納得がいかず辞めてしまいたいと思う毎日が続いています。
    私はもともとメンタルが強いほうではありません。
    学生のときにパニック障害を発症し、あまり人がいるところに出たりすることができなくなりました。
    20歳を超えるにつれて落ち着いてきて、就職する前までは完全に外に出て、不安を覚えることはなくなっていたのですが、最近は外が怖くて仕方ありません。
    恐らくストレスから再発したのかもしれません。
    ひとりで夜を過ごせなくなり、暴れたり、取り乱してしまうことが増え妹や彼に一緒に寝てもらう日々を過ごしています。
    死ぬことも考えました。
    すぐ楽になれると思ったからです。
    毎日明日がくる不安から逃れるにはは死ぬしかないと思いました。
    ですがずっと支えてきてくれた家族や、決して見放さずにそばにいてくれた彼を裏切らないためになんとか踏みとどまっています。

    私が甘ったれなのでしょうか
    私が全てを我慢して、ボロボロになるまで頑張ればこの苦しみはなくなるのでしょうか

    唯一気持ちをスッとさせてくれたナミさんのブログに出会えたことがとても嬉しいです。

    今日も仕事がんばります。

  14. より:

    短文のコメントですいません。せめてお礼が言いたかったので。
    ナミさんの語りかけてくるような言葉が、何か安心できました。
    ありがとうございました。

  15. ゆめ より:

    初めまして。
    これを見て涙出ました
    私わ中学2年の二学期までわ普通に楽しく暮らしていました。でもある日クラスと大喧嘩して大切な人にも裏切られ男にも遊ばれ凄く辛かったです。そして1年間ずっと家に寝てばっかりしています。でもこんな生活わダメだと考えていくにつれ、苦しくなってきて死にたい生きてる意味がない、ついにわ薬(危険)を聞くとやってみたいなっと興味が湧いてきます。ダメだと分かっても心が聞いてくれず情緒不安定になります。
    親にわいろいろ話したんてちゃんと聞いてくれたしアドバイス?的なのくれました。でもまた考え込んで不安になります。すごく辛いです。すみませんなんかこんな話しちゃって(笑)

  16. 名無しさん より:

    本当有難うございます。
    営業で根つめすぎてたのか、疲れた心が少し癒されました。

  17. かな より:

    ナミ様
    こちらのブログで大変心が救われました。
    今涙が止まらず、助けを求めるにも夜中で誰も電話に出ず苦しかった中、こちらに辿り着きました。
    理屈っぽい私が息を飲むほど夢中になって読みました。
    本当にありがとうございます。

    ここまで書けるナミさんはどんなに大きな壁を乗り越えてきたのでしょうか。
    あなたが生きていてくれて、幸せです。
    助けてくれて、本当にありがとう。

  18. たづ より:

    私は休んでいるのにつらいです。
    それはどうしたらいいのでしょうか。
    途中から自分に合っていなかったのであまり心にしみませんでした。
    ただ、私の気持ちは見通せてますね。

  19. むーみん より:

    初めまして。こんばんは、

    色々考えつつこのサイトを読ませていただきました。

    今中学3年生なのですが
    色々悩む場面もあり苦しさをどうにかしたい、と思いこのサイトを読みました。

    沢山心に響く言葉があり、
    休む事の大切さを改めて実感する上、
    甘えてもいいんだ、という
    自覚も持てました。

    そして
    とても凄い方だな、と尊敬します。
    この文章に救われました。
    本当にありがとうございました。

  20. むらい より:

    気持ち悪い、虫唾が走りました。荒らしではなく真剣に読んだ上での本音です。私も相当なものを背負って生きて行くしかない身ですが、できなくていいなんて甘えは許せませんね。力が全てだと思います。ただあなたのブログがたくさんの息詰まった方をリラックスに導いているので、その点は本当に素晴らしいと思いますし、良いブログだと思います。誹謗中傷的なコメントならわざわざ書くなって思いますよね笑 相当歪んでしまいました。いつの日かもっと楽観的に生きられる日が来たらいいなと思います。駄文及び中傷的な文でごめんなさい。

  21. より:

    はじめまして。
    いつも楽しみに拝見させていただいています。
    今日は勇気を出してコメントしてみることにしました。

    辛くなったとき、いつもこの記事を読み返しています。
    そうすると、またがんばろうって思えます。
    毎日辛くて、しょっちゅう死にたいと思ってしまいますが、少しずつ自分を変えたいです。

    このブログには本当にお世話になっています。
    私はナミさんの言葉にいつも助けられています。
    本当にありがとうございます(*^^*)

    更新楽しみにしています。(プレッシャーになったらスミマセン、無理はなさらないで下さいね)
    またお邪魔します♪

  22. 城猫 より:

    はじめましてナミさん。
    そして、ありがとうございます。
    ナミさんの言葉がスーッと心に入ってきて、鼻水ズルズルです。

    相手に対して、分かりやすく、認めて、頑張らなくていいと、教えて下さって、感動です。

    きっと、素敵な人なんだろうな。いや、
    素敵だな。と感じました。

    こんな友人が欲しいな。

    こんな恋人が欲しいな。

    こんな人になりたいな。
    と、感じました。
    私事ですが、僕は中途半端な大人に嫌気がさしてます。
    やさしいのは表だけ。
    本当は何故してはいけないか分からないクセに、あれは駄目、これも駄目。

    しかし、人は人。

    子ども。大人。
    ただ、体や心がおおきくなっただけで、いじわるされたら嫌だし、誰だって、やさしさや、きまりの本当の意味なんて分からないんじゃないかな。と、感じることが、できました。

    お忙しいのにすみませんでした。

  23. くろべ より:

    このブログに辿り着くまで、ずっと、辛い、消えたい、という言葉を検索し続けていました

    周りの誰にも相談できず、ずっと溜め込んでいたものがナミさんの言葉のおかげで少しずつほどけていっている気がします
    何をしても上手くいかない自分が嫌いで、許せなかったけれどもう少し自分に優しくしてもいいのかなと考えられるようになりました

    ありがとうございます、もう少し生きてみようと思います

  24. あんこ より:

    はじめましてナミさん。
    今コメントの返事はしていない
    と書いてありましたが、
    コメントせずにはいられませんでした。
    自分が毎日毎日
    死にたいな別に死んでも
    いいよなぁと考えてるのは
    普通なのかみんな言ってないだけで
    皆そんなふうに思ってるん
    じゃないかな自分だけじゃ
    ないだろうと思って
    生きいましたが、
    でも、しんどくて
    友達との会話で死にたいなんて
    言わないし、言えないし、
    言うことでもないし
    でも本当に考える事が
    多すぎて不安しかなくて
    大半が家庭環境の事なのですが
    考えた所で改善の仕方も
    私が頑張ってもなにも
    変わらないことにも
    悲しくなって
    いつになれば普通に
    なれるんだろうと考えては
    もう死んでしまいたい
    きっと周りの人は私が
    こんなふうに考えている事は
    知りません。
    1ミリも思わないと思います。
    人の前では明るい自分です。
    そのギャップでもっとしんどくなって、
    今日、「毎日死にたいと思う」
    と検索してここに来ました。
    ブログを読みながら
    あぁ、私は誰かに
    こういう事を言って
    欲しかったんだろうなと、感じました。
    本当にありがとうございました。
    きっと明日から何が変わる
    わけでも死にたいと
    思わなくなるわけでも
    無いと思います。
    でもまた読みたいと思いました。
    死ぬのは簡単だから
    極限まで生きたらいいし
    無理なら死ねばいいと
    思って生きています。
    もう少し頑張れそうです。
    ありがとうございました。

  25. 完全に詰んだ より:

    ・本音を吐き出す
    出せる場所がない
    ・否定しない
    完全にそんなことができるならそんな人生になってないはず
    ・労わる
    どうやって?

  26. ふー より:

    なんだか元気でました。
    ありがとう。

  27. うあ より:

    はじめまして。
    辛いよーという言葉で検索をかけたら、こちらに辿り着きました。
    同じ病です。
    久しぶりに癒されて、なんだかホッとしました。
    ありがとうございます。
    また来ます。

  28. こむ より:

    はじめまして。
    元気出ました。ありがとうございます。
    もう少しだけ頑張ってみます。

  29. ゆみ より:

    心のどこかで言ってもらいたかった言葉を、想像以上の言葉で言って頂けたような気がします。

    素直に涙を流せました。

    自分を緩ますことが出来ました。

    誰のためでもない人生に気付けました。

    誰の評価を受けなくても、生きていくことは出来るんだと気付かされました。

    本当に本当に、ありがとうございます。

    こわいけど、一歩ずつ自分のために生きていこうと思います。

  30. ジョージ より:

    はじめまして。毎日が辛くて消えたくなってネットを見ていたらこのサイトにたどり着きました。文章を読んで涙が自然と出ました。子供の時から親に褒められず、どんくさくて、後ろ向きで、人と同じように出来ない自分が大嫌いでした。すぐには変われないかもしれないけど、「求めない」「人と比べない」を意識してもうちょっと生きてみます。
    ありがとうございました。また覗かせて頂きます。

  31. 名無し より:

    勝手なこといってんじゃないよ
    んなもんできないから苦しんでるんだっての

  32. 名無しさん より:

    申し訳ありませんが、私には当てはまらない内容でした。
    別に今まで頑張ってきたわけでもありません。だから苦労している。
    しかし、それとて疑問の一つでしかないわけで、人生に絶望させるには違うところを見なければなりません。

    誰も答えられない、そしてそれが当然のように人生のレールから外れるにしろ、外れていないにしろ関係なしに行われてきたもの。
    私は人や動物がこの世界に生まれるということがいかに愚かな行為だという根本的なところを考えています。なぜ生きることを義務付けられなければいけないのか。自殺を考えたところで実行する勇気もない。

    みんながみんな幸せになれないことを知っていながら、なぜ子供を作るのか。
    愚かの極みですね。幸せを感じられない者からしたら、親に聞くと、すごく自分勝手な言い分にしか聞こえません。金もないのに生むなんて奴は論外です。

    不幸をなくすには生命がいなくなる以外選択肢はありません。幸せに感じている人だって、死の恐怖を感じているはずです。しかし、大抵の人はそれが遠い未来だと先送りにしてそれを踏まえないで幸せを口にする、愚かな言動にほかなりません。本当の幸せなんてこの世にないと思います。

  33. みかん より:

    なんとなく見ています、やさしい文章で癒されています。ありがと(・ω・)

  34. きたマモ より:

    はじめまして。疲れた系の検索で見かけさせていただきました。
    私の頑張らなければならない理由は、記事で挙げられている責任感などもありますが、
    「やらないと恐ろしい事が起こる(具体的に責められる、やらないと倍増で嫌なことが返ってくる)」恐怖からやらざるを得ない所があります。

    それでも癒されました。寝れなくてここに来ましたがブクマしてまた他の記事も見にきたいです。ありがとうございます。

  35. 雪風 より:

    こんばんは。
    「好きを注ぎ込むことが苦しい選択をやめる」
    確かにその通りだなーと思います。
    自分も好きな物とかを見てると気が晴れるのを感じます。
    では。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です