ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

愚かで醜い人間、腐った世の中にうんざりしたとき思い出したいおっさんの名言

 

すみません、ちょっと教えていただいたいことがあるんですけど、いいですか?

何の本で読んだか忘れてしまったんですが、ある小話がありまして。確か故事成語のようなものだった気がするのですが、調べても見つからず……。

誰の話かわかりませんが、私なりの解釈でお話させていただきます。

おっさんの言葉が心に響いて元気をもらえた話

河川敷を歩く青年

あるところに、人生に疲れた一人の若者がおりました。とっても今どきの青年です。

遠くをぼんやりと眺めながら、彼は回想します。

世の中には、凶悪犯罪や不正があふれていて、悪意のある人間ばかり。毎日、人間の愚かさや醜さが目について、なぜこんな世界で生きなければならないのか考えずにはいられない。

それでも、大人たちは訳知り顔で言う。

「人生は素晴らしい」
「清く、正しく、美しく」
「思いやりの心を忘れずに生きよう」

それを真に受けた自分がバカだった。親や先生、皆に尊敬されている偉人たちも言うことだからと、自分もそうやって生きてきた。でも、人間はみな汚い。

そんなことを考えながら、彼はとぼとぼと川べりを歩いていました。力なくしゃがみ込んで川を眺めていると、ボートに乗った一人の男が声をかけてきました。

おっさん:「おい、兄ちゃん、何してんの?」

青年:「いえ、特に何も」

おっさん:「んあ? 何だか元気ねぇな、どうしたよ? あ?」

青年:「……どうして人間はこの川のように穏やかでいられないんでしょうね」

おっさん:「あぁ、確かに最近はみんなせかせかしてるでなぁ。ま、オレには関係ねぇ話だけどな! ハハハ!」

青年:「僕はもう疲れてしまいました。こんな醜い世界で生きていること、もうウンザリです」

おっさん:「そーかい、そりゃ大変だな~。でも、この川もそんなキレイなもんじゃあねぇよ。よく見てみろぃ」

青年:「……?」

おっさん:「ほれ、近くで見りゃ虫もいるし変なもんも浮いてるぞ」

青年:「はぁ」

おっさん:「けどまぁ、飲み水にはできねぇけども、足を洗うには充分すぎるほどキレイだな。ま、オレはしょっちゅう飲んでるけどな、ハハハ!」

その男の言葉に、青年の心は洗われるようでした。汚い水でも足くらいは洗えると言って笑う船頭のおっさん。

彼はもう少し生きてみようと思い直しました。

チャンチャン。

……という感じのお話です。かなりアレンジしちゃってますけど。誰の話だったでしょうか?

断舎離に憧れる片付けられないうつ病女の気持ち

川辺に咲くマーガレット

詳しく覚えていない割に、私はこの話が好きで、「あーもー嫌だ!」となったときによく思い出します。

「汚い水でも足くらいは洗える」

そう自分に言い聞かせると、イライラしたりモヤモヤしたりしたときでも「まぁ、しょーがないから我慢してやろう」と思えるんです。ハイ、上から目線です。

そもそも、そんなこと言ってる自分だって身体から汚物を排出していますしね。汚れがない人間なんてありえないのです。だから人生にも汚れがあって当然。キレイすぎるのは不自然。

と、ある種の言い訳と共に日々を過ごしています。心と身体に飽き足らず、部屋もとっ散らかしながら。

最近話題の「断舎離」の人、ゆるりまいさんが見たら発狂するレベルかもしれません。

◆きちんとできない私の精一杯の生活
これだけでOK!心のホコリを落とす3つの小技

◆スッキリの達人ゆるりまいさんの生活
なんにもないぶろぐ

私も「捨て変態」になりたい。でも、きっと今後も「溜め変態」として生きていくことになるでしょう。ホコリや垢が溜まっても、生きていければ充分ですから。

合言葉は「それなりに」。

船頭のおっさん目指そうと思います。

適当に言ってます。

ごきげんよう。

……と、思ったら(追記)

記事を投稿してから見つけました。船頭のおっさんの話。

五木寛之さんの『大河の一滴』より。

中国戦国時代、楚の政治家・屈原と、地方の漁師とのやりとり。滄浪という大きな川での出会いです。そして別れ際、漁師はこんな歌を口にするのです。

滄浪の水が清らかに澄んだときは
自分の冠のひもを洗えばよい
もし滄浪の水が濁ったときは
自分の足でも洗えばよい

 - 心をラクにするヒント 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

夕陽に向かって走る少年
「努力は必ず報われる」と信じていた私が学んだこと

私は努力教の元信者です。 「努力は必ず報われる」 この言葉に励まされて頑張ってき …

仲良し(犬と金魚)
「当たり前」ができなくて落ち込んだとき必要な考え方

「普通の生活に戻りたい」 「バリバリ働きたい」 「みんなと同じように頑張りたい」 …

アナログ&デジタルツール
イヤな気分から早く抜け出すコツ ― 自分の説明書を作ろう【ウツ用】

気分の落ち込みがひどい。 漠然とした不安と焦りに支配されている。 体が鉛のように …

困り顔の猫
なぜこんな気持ちになるの?自分の本心を知るヒント

「なんでこんなに腹が立つんだろう?」 「どうしてこんなに不安なんだろう?」 「い …

BMXにまたがる男性
ぐじぐじと考えずにすむ方法を100個挙げてみた

今、悩んでいることはありますか? 日々、生活していると、失敗したり落ち込んだりす …

休みたいけど休めないうさぎさん
「休むことに罪悪感」疲れているのに無理をしていませんか?

「あぁ~、なんか疲れたなぁ……」 このとき、あなたの頭の中は? ①「ちょっと休も …

自己否定・他者否定の大部分は嫉妬心で説明できる

自己否定の半分は嫉妬心でできている。 ふとそんなことを思いました。(有効成分の半 …

子ペンギン
休みたくないのに「ゆっくり休みな」と言われるもどかしさ

「頑張りすぎたんだね、ゆっくり休めばいいよ」 そんな優しい言葉。 でも、素直に受 …

ポピー
「根拠のない自信」とは?安心感と心強さを持って生きていくために必要なこと

「根拠のない自信を持とう!」 そんなアドバイスを聞いたことはありませんか? 「自 …

白猫
自分をいじめていませんか?自責の痛みを和らげる5つの作戦

一日の終わりに、「何もできなかった」「今日もダメだった」とガッカリしてしまうこと …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. TT より:

    川を例えにするなら、
    それぞれが川をそれ以上汚さないように、
    ゴミ拾いを続ける必要がある。
    そうしなければ、ゴミは増え、そのうち腐臭すらしてくるだろう。

    だからこそ、それが建前であれ、本音であれ、
    正しいと思うものを基準として自己責任で行動する必要性がある。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です