休む時間を確保できない!? 追い込まれたときにすべき5つのこと

ヤバそうな顔をしながら仕事をする人

「長時間労働で、心も体も疲れ果てているならば、休みが必要です」
「戦略的休息を取り入れましょう」

でも、休みを確保するのが難しいこともありますよね。前回紹介した「頑張りたい人ほど休むべし!戦略的休息 3つのテクニック」で解決するなら苦労しないよって。

休日がない、定時に上がれない、休職規則がないなど、職場の風土によっても対応は違います。

会社勤めだけではありません。家事、育児、介護など、生きていくために必要な仕事だってたくさんあります。

「とてもじゃないけど休むことなんてできない」

そういう状況に追い込まれている人も少なくないでしょう。

そんなとき、どうしたらいいのでしょうか?

日々の業務で追い込まれたときにすべき5つのこと

ギリギリの状態で毎日過ごしているのなら、何らかの対処が必要です。

心身を壊してからでは遅いので、早めに手を打ちましょう。

日々の業務で追い込まれたとき必要なアクションとして、考えられる対処は次の5つ。

  1. 休みを確保できる環境を整える
  2. 家族や周囲の人にサポートをお願いする
  3. 公的制度を利用する
  4. 仲間を見つける
  5. 時間とお金の使い方を記録する

順番に見ていきましょう。

1. 休みを確保できる環境を整える

要するに、ブラックな職場は今すぐ辞めるべし、ということです。

ブラックか否かの線引きは難しい部分もありますが、労働基準法が定める基準を超えているならば、それはNGな職場と言って差し支えないでしょう。

とは言え、現実的には、その判断基準だとNGな職場ばかりとも言えそうです。

まずは、前回紹介した「戦略的休息」を実行して、心身を休める工夫をしたいところ。

もし「仕事へ行く」or「辞める」、どちらかの選択肢か与えられない環境なら、働き方を一度考え直した方がいいと思います。

体調が悪いときに休めないのはおかしいから。

あなたのことを大切にしない職場で、あなたの心身を犠牲にする必要はありません。

2. 家族や周囲の人にサポートをお願いする

やらなければならないことはたくさんある。

仕事、学業、家事、育児、介護 etc.

「やらなければ!」と自分を追い込むのではなく、どうやったら無理なくやっていけるか考えましょう。

まず最初に実行したいのは、家族や周囲の人に協力をお願いすること。

自分にできること・できないことを紙に書き出して、役割分担を話し合ってみるのも良いと思います。

金銭的なサポート、日常生活の困難をサポート、精神的なサポート。

いろいろな人の力を借りながら、やっていきましょう。

もう無理だと思ったら?助けを求めるときに使えるフレーズ6種」も参考にしてみてください。

3. 公的制度を利用する

生活やお金の不安があって、仕事を休む or 辞めることがためらわれる場合、まずアクセスしたいのは国や自治体の支援制度。

仕事、医療費、生活費、住まいなど、困っている人が頼れる制度です。うつ病の人が使える主な制度は「お金がない!うつ病・無職・貧乏暮らしをサポートする制度」でまとめています。

<仕事に関する支援制度>

<医療費を助成する制度>

  • 自立支援医療(医療費が3割→1割に)
  • 高額療養費制度(一定額を超えた分の医療費を返還してもらえる)
  • 労災補償(業務・通勤中のケガや病気が対象)
  • 医療費控除(年間10万円を超える場合に所得税の控除を受けられる)

<生活費の保障>

  • 生活保護(最低限度の生活を保障)
  • 障害年金(病気で働けない人の生活を支援)
  • 児童扶養手当(一人親家庭の生活を支援)

<心の病気や障害への支援>

  • 精神障害者保健福祉手帳(各種割引・サービスを受けられる)

<税金が安くなる制度>

  • 所得税・住民税の控除
  • 自動車税の控除

<住まいを借りるための支援>

  • 住宅入居等支援事業(居住サポート事業)
  • ハローワーク 住居・生活支援窓口

<低金利の融資>

  • 生活福祉資金(銀行より低い金利でお金を借りられる)
  • 母子父子寡婦福祉資金(一人親家庭への貸付)

これらの制度を利用すれば、経済的な不安はかなり和らぐはずです。

就職についても、さまざまなサポートがあります。

  • 職業訓練(基本手当、通所手当、寄宿手当あり)
  • 求職者支援制度(雇用保険をもらえない人向け、職業訓練受講給付金あり)
  • 就労移行支援

などなど、困ったときにサポートしてくれる制度があると知っているだけでも、気持ちは違います。

<参考サイト>
こころの病気への支援や助成など – 厚生労働省
求職者支援制度のご案内 – 厚生労働省
就労移行支援について – 厚生労働省 [PDF]

4. 仲間を見つける

話し相手がいると、気持ちもラクになるし、新たな答えも見つかりやすくなります。

  • 自助グループ、NPO
  • リワーク支援
  • 病院やクリニックのデイケア

同じ悩みを抱える人たちの集まりなら、悩みを打ち明けやすく、共感も得られやすいと思います。

もっと気楽に、趣味のつながりを持つことも、精神的な苦痛を和らげてくれるでしょう(時間に余裕がないと難しいのですが)。

  • 趣味のサークル活動
  • インターネット仲間とのオフ会

「趣味」「サークル」「地域名」などで検索すると、メンバー募集や集まりの呼びかけを見つけることができます。(※ただし、中には怪しい誘いもありますので、ネット経由でアプローチする場合は、相手や団体が信頼できるか情報をしっかりチェックしましょう)

うつっぽい状態だと、人と会うことが苦痛に感じることも多いので、無理に人と接する必要はありません。

ただ、寂しい気持ちが強くてつらいのであれば、勇気を出して踏み出してみると、次に進む良いきっかけになると思います。

5. 時間とお金の使い方を記録する

時間の使い方をチェックする

休みがない状態で日々を過ごしていると、効率が悪くなります。そのために「ムダ」が生じてしまうことも多々あり。

例えば、毎日忙しくて自分の時間がないとき。

ようやく家のことも終わって、ベッドで横になる

早く寝た方がいいのだけれど、せっかくの自分の時間、ちょっとくらいは好きなことをしたい。
(一日をこれで終えたくない!)

何となくスマホでネット

目が冴える

夜更かし

翌日にひびく

こういった悪循環が生じていないか、記録をつけてチェックします。

必ずしもスマホをやめる必要はありません。好きなことをして気分転換することは大事です。

ただ、睡眠時間が確保できず、疲れを翌日に持ち越したままになってしまうのはNG。

大事なのは、休息を最優先にスケジュールを組み立てること

そのために、まずは一日の時間をどのように使っているか記録しましょう。

お金の動きをチェックする

お金の使い方も同様です。

収支と支出を記録することで、1か月に使うお金・固定費・自由に使えるお金のバランスを可視化できます。

コストパフォーマンスで考える

さらに、時間とお金のバランスを考えると、適切な答えが見つかるかもしれません。

全部頑張るのではなく、手を抜けるところは手を抜く。お金で何とかなる困り事はお金で解決。

例えば、疲れ果てて食事の支度をする気力がないなら、食事宅配を利用するとか(参考:うつ・無気力なとき助かる!食事宅配サービスまとめ)。

「お金がない!お金がない!」という考えに支配されていると、お金をいかに使わないかということに心血を注いでしまいます。でも、休息時間を確保するためにお金を使うことは、総合的に見ればプラスになります。

もちろん、現実的には難しいことも多いと思います。使えるお金があるならとっくに解決してるわって話ですよね。

ただ、今の状況を細かく洗い出すことで、改善できる点は見つかるはず。

何が苦しいのか知るためにも、記録することは役立ちます。

一人で抱え込まないことが大事

<追い込まれたときにすべきこと>

  1. 休みを確保できる環境を整える
  2. 家族や周囲の人にサポートをお願いする
  3. 公的制度を利用する
  4. 仲間を見つける
  5. 時間とお金の使い方を記録する

どのような場合であれ、悩みを一人で抱え込まないことが大事です。

周囲の人の協力を求めたり、行政の力を借りたりして、負担を軽減。

なかなか気軽にはできないかもしれませんが、苦しい今の現状を変えるために、できることからやっていきましょう。
 

関連情報は随時更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です