無限ピーマンは、無限に収穫できるピーマンではない

前回、にんじんしりしり作りまくってるよという話を書きました。

にんじんしりしりは「無限○○」系レシピに分類されるようです。

元祖は「無限ピーマン」。

はじめて「無限ピーマン」と聞いたとき、無限に収穫できるピーマンを想像しました。

採っても採っても生えてくるピーマン、それ最高じゃんと思って。

違うとわかっていても、無限に生えてくるピーマンを想像してしまう。

どうしてだろう。

にょきにょきにょきにょき、次から次へとピーマンが生えてくる。

早く採って~と言わんばかりのピーマン。つやのある緑色の実がぶら下がっている。

そんな愉快な無限ピーマンの木。

 

食べる段になっても同じことを思ってしまいます。

「無限に食べられる~」と思うほどおいしいから「無限ピーマン」。

それはわかる。でも、どうしても無限に収穫できるイメージが勝る。なぜでしょう。

そして、違うとわかっていても言いたくなる。

「ピーマンは食べたらなくなっちゃうから無限じゃないじゃん」

野暮なことを言ってはいけません。

そう言うはなから無限収穫ピーマンを想像してしまうのでした。

 

つい先日も「永遠」というワードに触れたのですが、こういうよくわからない言葉が好きです。

「永遠」も「無限」も広がりがすごい。

「世の中に永久運動は存在しない」とかいう話もよくわからなくて印象に残っています。

物理が弱いのです。しっかり勉強してこなかったことが悔やまれます。いや、今からでも遅くないんですけど。

「自然数の無限」を「アレフ・ゼロ」という言葉で表す、とかもありました。全然わからない。

西田哲学の「一点が無限大の円を構成する」というメモには、「?????」とハテナがいっぱいついていました。実にはてなです。マジで全然わからない。MajiでKoiする5秒前。そんなフレーズを口走ってしまうほどに脳がゆるゆるになってしまいます。

要するに無限ピーマンは宇宙ということでしょうか。

「無限に食べられる~」と思うほど美味しい、その瞬間その人が思い浮かべた無限は、間違いなく無限なのでしょう。

無限といえば、夢幻もいいですね。

ポルノグラフィティの「mugen」も好きだなそういえば、ととりとめのないことを考える師走。

ぼんやりしているうちに、月日は走り去ってゆきます。

年を取るほど時間経過を早く感じるのは、思考の速度が遅くなるからなのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。