こんにちは、不調さん。秋ですね

秋も深まってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

秋は暑くもなく寒くもなく、いい季節ですよね。

さて、今から、秋になると体調が不良になるから嫌だなぁ~という愚痴を書きます。愚痴なんか聞きたくないよという方はここでお別れです。またお逢いしましょう。

……と書いてみたんですけど、思えばこのブログに書いてることって愚痴ばかりじゃないかってね、近年はほんとに嘆いてばかりな気がしますね。もっと楽しい話をできたらいいんですけどね~、ちょっと今、頭がうわーーとなっていて本当にこれといった楽しいエピソードが浮かばないので、現状を書きます。

 

秋から冬にかけて落ち気味になるのは毎度のことなのですが、今年は大丈夫だと思うことにしていたんですよね。秋冬は悪くなると決めつけてしまうのはよくない、自分に言い聞かせるみたいになるのも好ましくないと思いまして。

が、やっぱり落ちてきました。体調もよろしくなく、気分も沈みがち。まだ何とか持ちこたえているので、ここで何とか踏み留まりたいッ! すでに手遅れかもしれませんが……。

体のあちこちに痛みが生じたり、動きが鈍くなったり、耳鳴りがしたり。頭の中はもやがかかったみたいで、うまく物を考えられなくなっているし(不調じゃないときにちゃんと思考できているかは微妙ですけれど)、「あー」とうめいてばかりです。

わけもなく涙が出ることもあるし、考えることすべてが悪い方向に流れていくし、希死念慮も強まります。以前書いた通り、自分がこうして書く文章が無価値に思えて、書く気が失せたりもします(そんな私の文章に今こうしてお付き合いくださっているあなたに感謝)。

不調を判断するときの重要ポイントとして、睡眠と食欲に変化が現れたら黄信号だと思っているのですが、ここもやっぱりダメですね。重症のときに比べれば全然まだまだ大丈夫とは思うものの、寝つきが悪くなる、そうかと思えば寝過ぎてしまう(睡眠の質が悪い)、食欲が落ちる、などよろしくありません。

でもこうやって「あぁ、ダメだな」とわかるようになったのは進歩。ダメだダメだと自分を責めずにすむのは良いことです。

 

こんな状態で過ごすことに何の意味があると思ってしまうこともあるけれど、まあ仕方ない。

消えたいと思ってしまうのも仕方がない。

仕方がないことは仕方がないので、諦めて寝るのが良いかしら。

できるときにできることを無理のない範囲でやっていくのがいいでしょう。

というかそれしかできない。

そうやってもどかしい気持ちやら不甲斐ない気持ちやらをいなして、それなりにやっていくしかない。

いや、「しかない」ってことはないはずなので、ちょっといけそうだなというときに、抜け道を見つけたいですね。

……抜け道ってなんか悪いことするみたいなニュアンスありますね。法律の抜け穴を探す的な。だから、もとい。

嵐が過ぎ去るのを静かに待ちましょう。

……嵐ともちょっと違うか。まぁいいや。

季節の変わり目ですので、どうぞお身体に気をつけてお過ごしくださいませ。

2 COMMENTS

すみつ

わかります。激しく同意です。
この、秋の切ない感じが、なんとも耐えられません。。。
冬まで腹を括って待つことにします…笑

ブログにいつも助けられております。これからも楽しみに拝見させて頂きます。

返信する
クスノキ

ナミさん、こんばんは。同じく季節の変わり目には、不調を感じます。
私も、ここ数日寝たきりで(^^;私の場合は、精神的なものなのか、本当に起こっているのかわからない、痒み、なんです。
ナミさんも、お身体大切に。お互いに辛い時ですが、乗り越えましょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です