伸びて薄くなったインナーの捨て時がわからない

伸びて生地が薄くなったインナーって、取り替えるタイミングを逃しがちじゃないですか?

破れてないからつい着ちゃう。「まぁ家で着ればいいし」とか言って。「そろそろ替え時かな」と思ってからが本番、みたいなところがあります。もったいない精神が備わっているというか、貧乏性を発揮しているというか。めんどくさくて、取り替える手間を惜しんでいるという面も否めません。

こういうのは思い切りが大事ですよね。だからもう期間を決めて処分しようと考えたりもするのですが、すべて同じ型番だから見分けがつかなくなるのですよね。色も形も素材も同じ。ぱっと見だと使い古し具合がわからない。タグがあれば印をつけられるけれど、布地に直接プリントされているものだとできないし、糸を縫いつけて印をつけるという案も「めんどくささの極み」という理由で却下されました。

でも、今思いつくところだとこれが一番妥当な案なのかもしれません……。本当に目安がないと延々と使ってしまうから……。で、身につけるたび「あぁ、もうこれダメだな」と思うんですよ。同じことくり返してバカですか私は。いや、でもずっと思っているわけではないからね、微妙な気分になるのは一時で、すぐ忘れちゃうから同じことをくり返すんでしょうね。あと、手に取ったものを置いて、別のものを持ってくるのがめんどくさい。ああ、私はもう相当やばいのかもしれない。

あ、わかった、同じ日に総取っ替えすればいいんだ。入学式、卒業式みたいにね、全部同時に入れ替え。そうすれば、あれこれ考えなくてもいいし、何をいつどれくらい買っておけばいかも定まるし、よいですね。そう、発注や在庫管理も地味にめんどくさいですからね。

問題は、今の新旧入り乱れたメンバーの足並みをどう揃えるかです。うーん。考えるのがめんどいな……。

あーあ、インナー取り替えるかどうかでケチケチしなくていいぐらいのお金持ちになりたいな~。

近未来の予想図で描かれがちな、つるっとした全身タイツみたいな変な服、あれは合理化の果てにできあがった最高の代物なのかもしれませんね……。早く到来してほしい、本当に実現するなら、きっともっとカッコいいデザインがたくさん作られるはずだから……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です