ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

ダメな自分を責めずにはいられない?悲愴感を和らげ肯定する言葉

 

柵をまたぐテディベア

相手のことをいつも第一に考えて、自分の気持ちを後回しにしてしまう。

そういう人の肯定すべきポイントについて、前回書きました。同時に、精神科医の肯定的な言葉に泣けた、とも書きました。

【参考】人の顔色をうかがうことに疲れてしまった気遣い屋さんのあなたへ

自分の頑張りを認められない、自分に優しくすることがいけないことのように感じていた私の胸に沁み入った言葉。

でも、2度目、3度目に読むときには、違う思いが出てきました。

「私にこの労いの言葉を受け取る資格はあるのか?」

労いに資格も何もないのですが、「私なんて全然ダメ」という思いがあるので、結局自分を押さえつけてしまうんですよね。

実際、私の気遣いは空回りしていただけで有用なものじゃなかったと思うし、そうじゃなかったとしても、別にそんなの人並みの気遣いでしょと思ってしまいます。というより、そう思わないといけないような気がしています。

今この瞬間も自分の中でさまざまな思いが葛藤しているのがわかります。それを意識するとどうしたらいいかわからなくなるし、何とか統合しようとしても、結局引き裂かれてしまうような感じです。

だから、自分の身が破滅することを考えた方がラクなのかなぁと、あまり好ましくない考え方をしてしまうことにも納得。……しているのでしょうか。

ダメな自分を肯定する方法

労いの言葉をうまく受け取れない人は、どうやって自分自身を労えばいいのでしょうか。

自分が「ダメだ」と思っているうちは、何を言われても疑ってしまうし、自分で自分を労おうと思っても、心から「頑張ったね」と言ってあげられないのかもしれません。

自分自身のことをふり返ってみて思うのですが、私は一生懸命自分を責めていたときの方が、素直に労いの言葉を受け取れていたような気がします。

そのときは、自分の至らなさを認められていなかったために、「ダメだ」と自分を痛めつけながら「ダメじゃない」と同時に叫んでいるような状態でした。

だから、誰かに「大丈夫だよ」「ダメじゃないよ」と言ってほしかったんだと思います。

にもかかわらず、そう言ってほしがっている自分は甘えている、ダメだと思っているから、素直な気持ちを認めたくなくて、この状態をなかなか変えられませんでした。でも、内心、労いの言葉にホッとし、嬉しく思っていたはずです。

そんな状態が長く続いていたわけですが、何だかんだと自分の思考をなだめようと試行錯誤しているうちに、自分のダメさを素直に受け入れられるようになっていることに気づきました。

具体的には、「ダメだ」とため息が出たときに、「え? そんなことも知らなかったの?」「わざわざ言わなくても知ってるよ」とお返事していたことが効果的だったようです。

【参考】「私はダメだ~」と言わずにはいられない理由

「自分は未熟で至らない人間で、それゆえに迷惑をかけることも多々あるわけだけれど、それは悪いことではない。改善すべき点は多数あるけれど、そんなのは当たり前。完璧な人間はいない」

そうして、自分の至らなさともそれなりに付き合えるようになった今。結局同じ思考をくり返しているんですけどね。何周したら気がすむの? って感じですね。

まぁ以前のような悲愴感はなくなりましたし、客観的に眺められるようになったらそれでいいのかなと思います。「まぁいいか」「そんなもんだよね」と。ぐるぐるぐるぐる「ダメだ」をくり返す自分に「ご苦労様です」と声をかける。まさに労いです。

労いの言葉を素直に受け取れない自己批判的な人へ

ありきたりな答えですが、まずはありのままの自分を肯定することが大事ですね。

「頑張ったね」
「大丈夫だよ」

「ダメな自分」がダメなんじゃなくて、自分に鋭い刃を向けるのがダメ。

これまでの癖を直すのは、なかなか簡単にはいきませんが、少しずつ少しずつ自分に優しくする習慣を身につけていきたいですね。

自分でうまく労えないときは、私が言いますね。

「存在しているだけでええんやで」

パンダとひよこたち

 
【こちらもあわせてどうぞ】
人の目が気になりまくりの対人過敏と双極Ⅱ型障害
良い子になろうと頑張ってきた人の息苦しさ・原因は何か?

 - 心をラクにするヒント  , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ブログ情報

  関連エントリー

ステレオコンポ
将来の不安に飲み込まれそうになったとき、私が思い出す考え方

療養生活を初めて、もうすぐ5年。今年に入ってやっと体調も落ち着いて、社会復帰を本 …

花の飾りがついたお酒を差し出す女の子
「○○は甘え」を「嫌」に変換すると罪の意識が和らぐよ

「○○は甘え」という言葉について、ちょっとした発見がありました。タイトルがそのま …

シャボテン公園と大室山
生きるのしんどい?ダメな自分が今よりよくなる3つのポイント

人生や目標達成の道のりは、よく「山登り」に例えられます。ありきたりですが、わかり …

ポピー
「根拠のない自信」とは?安心感と心強さを持って生きていくために必要なこと

「根拠のない自信を持とう!」 そんなアドバイスを聞いたことはありませんか? 「自 …

道に溢れる草花
とにもかくにも目の前のことに集中!焦りを防止する3つの考え方

心も体も完全停止した状態から回復すると顔を出す「焦り」。 この切迫感に悩まされる …

緑×白の木綿糸
イヤ~な気持ちが生まれる3つの理由と解決の糸口

「自分中心心理学」を提唱する石原加受子さんの本を読みました。 「やっぱり怖くて動 …

蓮華
楽しい般若心経入門「超スゲェ楽になれる方法」

今日は、「超スゲェ楽になれる方法」についてチラリとご紹介します。 と言っても、す …

手をつないで
「うつ」と寄り添い、人を笑顔にするソーシャルサポート

NPO法人 Light Ring. が行った「うつ」に関するアンケート調査から、 …

走る
逃げちゃダメだと自分に鞭打ち、逃げる選択を排除した私の反省点10コ

逃げることは悪いことだと思っていました。 どんなことでも、途中で辞めるのは悪いこ …

ぱたぱた時計
焦りが強まる理由とは?焦燥感を和らげるための対処法3つ

時間に追われて、ひどく焦ってしまうことはありませんか? 約束の時間に遅れそうなと …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、留意事項をご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. 小池圭子 より:

    ナミさん、こんばんは。
    いつも有難うございます。お世話になっています。
    今日、かつてナミさんのブログでしてはいけないと書いてあった事をしてしまいました。まだ、本調子ではないのに、ベッドにばかりいるのがイヤになり、普通のように頑張って動いてみたのです。すると、次の日、みごとに、1日動けず、そんな自分に自己嫌悪。ゆったりと過ごして、力が出てくるのを待つしかないんですね。焦らず。ナミさんの言うとおりでした。ちーーんのコイケです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です