ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

はじめての精神科・心療内科 ― 受診前の不安や疑問に答えます

 

はじめての精神科・心療内科 ― 受診前の不安や疑問に答えます

「最近うつっぽい……」
「けど、精神科はちょっと抵抗がある」
「なんかいろいろ不安」

初めて精神科や心療内科へ行くのは勇気がいりますよね。知らないことは心配も大きくなります。

でも、知れば不安は和らぎます。そんなに緊張しなくても大丈夫。

このページでは、精神科・心療内科を受診する上で知っておきたいポイントをまとめています。

私くらいの症状で病院へ行っていいのかな?

精神科・心療内科を受診する症状の目安は次の2つ。

  • 落ち込みやつらい症状が2週間以上ずっと続いている
  • 日常生活に支障をきたしている

こじらせる前の適切な対処が重要です。

詳しくは「これってうつ病?病院へ行く目安・受診のタイミング」でまとめています。私が精神科を受診したきっかけも紹介していますので、ご参考までに。

病院ってどこ行けばいいの?

自分にピッタリの病院、信頼できる精神科医の選び方は、以下のページで詳しく紹介しています。

病院に電話で問い合わせたり、保健所や精神保健福祉センターなどの行政機関も上手に利用しながら、自分に合った病院を探してみましょう。

誰と行けばいい?一人でも大丈夫?

一人で行っても、家族と一緒に行ってもOKです。付き添いを頼める家族がいなければ、親しい友人や職場の人などにお願いするのも一つ(上司に同席したいと言われて嫌だったという話も聞きますが)。

家族や親しい人に付き添ってもらうメリットは2つ。

  • 第三者が中立な感想を伝えることは、適切な診断の助けになる
  • 体調がすぐれないとき、隣に誰かいてくれると心強い

診察は一人で受けて、あとから家族の話を聞いたり、一緒に診察室に入って話をすることもあります。

「一人で受診するつもりだけど、うまく話せるか自信がないな……」というときは、メモを作って持っていくと安心です。詳しくは「初診ではどんなことを聞かれるの?うまく話せるか不安……」で紹介しています。

メモ書きの例(箇条書き)

調子が悪いときは自分一人で頑張らず、家族や周囲の人に手伝ってもらいましょう。

診察の流れ・精神科の雰囲気は?

「精神科ってなんか怖いな……」

そんなイメージを持っている人もいるかもしれません。でも、精神科も心療内科も決して特別なところではありません。受付や診察の流れも他の身体科(内科、眼科、皮膚科など)とほとんど同じ。心身の不調や困っていることを相談できます。

詳しくは「診察の流れ|精神科・心療内科の雰囲気は?」で説明しています。費用や持ち物、予約方法もまとめているので参考にしてみてください。

初診ではどんなことを聞かれるの?

医師「どうされましたか?」

問診でよく聞かれること

  • 今困っていること(家事ができない、仕事が手につかないなど)
  • どんな症状があるか
  • 症状が出たのはいつ頃か
  • 症状が続いている期間
  • 環境の変化
  • ストレスになっていること
  • 家族構成や家族の病気
  • 過去の病気 など

初めての診察は緊張しますが、精神科医の先生は聞き上手な人が多いので大丈夫。力まず、自然体でお話ししましょう。

さらに詳しい問診の内容、話の伝え方などは「初診ではどんなことを聞かれるの?うまく話せるか不安……」でまとめています。

どんな検査をするの?

診断の前に、他の病気が隠れていないかチェックします。体と心の検査です。

  • 体温、血圧測定
  • 尿検査
  • 血液検査
  • 脳波検査
  • 心電図検査
  • 画像検査(CT、MRI)
  • 心理検査

などなど。詳しくは「診断のための検査|初診ではどんな検査をするの?」で紹介しています。うつ病を併発しやすい体の病気もまとめているので、あわせてチェックしてみてください。

どんな治療をするの?

うつ病治療の基本は十分な休養と服薬。プラス、症状に合わせた治療法で、回復を目指します。

  • 薬物療法
  • 精神療法
  • 通電療法
  • 磁気刺激療法
  • 光療法
  • 断眠療法 など

通院が難しい場合は入院治療も一つの選択です。

詳しくは「うつ病治療|精神科ってどんな治療をするの?」で説明しています。

うつ病の治療期間はどれくらい?

治療期間は人それぞれ。典型的なうつ病であれば、3か月~1年くらいが回復を感じられる目安です。

うつ病はよくなったり悪くなったりをくり返しながら快方に向かいます。不調が続くと不安になってしまいますが、焦らずじっくりやっていきましょう。

回復までの道のり、服薬の目安は「うつ病の治療期間はどれくらい?」で紹介しています。

精神科の薬って怖くない?副作用は大丈夫?

効果には個人差が大きく、回復を感じられないと不安になってしまいますが、用法用量を守って正しく使えば大丈夫。薬は回復を助けてくれる味方です。

服薬はつらい症状を治すために必要なこと。薬を手放せなくなって、通院をやめられなくなるわけではありません。

適切な治療を受ければ、うつ病はよくなります。回復して、薬や通院をやめる人もたくさんいます。

疑問に思うことはそのつど医師に相談して、納得のいく治療を進めていきましょう。

薬に対する誤解については「精神科の薬を飲んでも大丈夫なの?副作用は?」でまとめています。薬の飲み方、服用期間の解説もあるので、参考にしてみてください。

よくある質問 Q&A

精神科や心療内科を初めて受診するときの不安や疑問を「よくある質問 Q&A」にまとめました。

いくつかピックアップすると……

  • 心療内科はうつ病の専門ではないの?
  • 料金はいくらくらい?
  • 診断書ってすぐに出してもらえるの?
  • 薬を飲まずにうつ病を治せる?
  • 精神科や心療内科の病院に行くのは恥ずかしい
  • 自分はうつ病ではなく、ただの甘えだと思う
  • 仕事を休めない
  • お金がなくて治療費を払えるか心配
  • 未成年が一人で精神科に行っても大丈夫?

などなど。詳しくは「よくある質問 Q&A」をご覧ください。

自分に合った病院選び 目次

 - はじめての精神科 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  広告&関連エントリー

   管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

         

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です