ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

頭にお花を咲かせてゲラゲラ笑いながらパンツ頭に被って走り回ろう

 

涙がポロリ、泣く白くま
つらいなと思ったとき、落ち込んでどうしようもないとき、どうやってその状況から抜け出したらいいのでしょうか。

これまで私はいろいろな方法を試してきました。その中で、一定サイクルで実行される方法があります。

それが今からお話する、頭にお花を咲かせる作戦です。

イメージの源は『コジコジ』の登場人物、頭花君です。頭からお花がぽよよんと生えている。かつみ・さゆりの「ぼよよ~ん」でもOKです。

とにかく、頭上にお花を咲かせるのです。そして、思考のレベルを落とす。ぐちゃぐちゃ考えるのをやめて、ボキャブラリーも少なめに、解像度を下げる感じで。わかりやすさ重視。雰囲気重視。楽しさを押し出していく。存在そのものが愉快な何かであると示すのです。

誰に示すのかって?

それはもちろん自分にです。

カラ元気に似たものですが、もっと本格的に、本気で取り組む必要があります。

とにかく、ぽわわ~んとするのです。

頭花君は、変なキノコを食べて、笑いが止まらなくなってしまったことがありました。発作のせいで、頭花一族の頭に花が咲いていることのおかしさに気づき、ウケすぎて死にそうになってしまうのです。

そこまでいくと命に関わってしまうので危険ですが、意気としては見習いたいところ。

冷静に考えてはいけません。ぽよょ~ん、あはは~と過ごす作戦なのだから。シリアスになってはいけないのです。

頭に花を咲かせるひよこ

山の中に生える植物で「ハシリドコロ」という草があるそうです。

誤って食べると狂乱して走り回ることから名づけられたのだとか。

別名「鬼見草」、幻覚症状を起こし、鬼が見えるのだといいます。やばい草。楽しそうな雰囲気はないけれど、狂乱して走り回るってところは、かなり振り切っています。

頭にお花を咲かせて狂乱して走り回ったらどうでしょう。かなりクレイジーです。

おまけに、うふふ~あはは~と笑っているのだとしたら。やばい、やばすぎる。

しかし、本人的には満足感があるのではないでしょうか。

その感じを作っていこうという試みです。そういう雰囲気を演出し、自分を洗脳するのです。

頭に花が咲いていたら、もはや何でもアリな気がしてきませんか。

どんなに真面目に取り組んでも、頭の花のおかげですべてぶちこわし。存在そのものがふざけている。最強です。

そして、いつも楽しそうに幸せそうに笑っている。心配になります。

しかし、不思議と深刻な事態としては取り扱いにくいはずです。

だって、人に暴力を振るって暴れるわけじゃないし、虚ろな目をして首をつろうとするわけでもない。ただ、うふふあははと笑っているだけなのです。

笑う頭に花を咲かせるひよこ

キャラに憑依してもらうことで、人とのやりとり、ストレスもうまく回避できるようになるはずです。「この人ならこう言うだろう」と、いつもと違う視点で考えられるようになるから。

そこでお花を咲かせたら、さらに強くなる。間違いないでしょう。

そんな、アホの子になる作戦。

笑わず真顔で、頭にお花を咲かせるのもよいでしょう。

フラダンスする白くま

そんな、フリをすることで防御できたらいいなぁ、という妄想です。

想像の世界はいつだって自由です。

 

<頭花君ヴィジュアル>

コジコジ新装版1巻表紙、旧装版3巻表紙コジコジ新装版1巻表紙、旧装版3巻表紙

<エピソード収録>
コミックス第3巻
第24話 キノコ狩りへ行こう の巻

テレビアニメ
第8話 キノコ狩りへ行こう

さくらももこ劇場 コジコジを観る | Amazon Prime Video
 

【コジコジの話】
100点満点・完璧を求めがちな人が学びたいコジコジの在り方
「私はダメだ~」と言わずにはいられない理由

【さくらももこの話】
くだらない話を崇高に感じさせる、偉大なる大先生

 - マンガ 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  広告&関連エントリー

   管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

         

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です