ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

「お金がない!」うつ病・無職・貧乏暮らしをサポートする制度

 

お金がない!

「うつ病になって働けなくなってしまった」
「お金もないし、今後の生活が不安で仕方ない」
「家族に金銭的援助を受けていることが心苦しい」

今日は、そんなあなたの経済的負担を軽くする支援制度をご紹介いたします。よく利用される制度を6つピックアップして簡単にまとめました。
 

【うつ病さん向け】6つの経済支援制度

1.自立支援医療

【現在、通院中のあなたに】

医療費の負担が3割から1割になります。長期にわたる通院治療が必要な方が対象です(うつ病も含まれます)。

▼こちらで詳しくご紹介しています。
うつ病治療費を軽くする自立支援医療制度(精神通院医療)を利用しよう
 

2.雇用保険(失業保険)

【お仕事を退職したばかりのあなたに】

退職後、次のお仕事に就くまでの準備金がもらえます(条件によって受給期間や金額は異なります)。

病気などで働けない場合は、受給開始時期を延長することもできます(※受給日数が増えるわけではありません)。

▼こちらでも雇用保険についてご紹介しています。
うつ病患者のための退職手続きガイド ~心の負担を軽くするために~
 

3.障害年金

【「それでも足りない!」というあなたに】

このあたりから受給条件がかなり厳しくなってきます。

受給資格

  • 国民年金か厚生年金を払っている方
  • 初めて医師の診療を受けたときから1年6ヵ月経過している方

受給金額

国民年金に加入している場合(自営業の方、学生さん、主婦の方など)。

障害基礎年金額
1級 983,100円
2級 786,500円

1か月あたりの金額をざっくり計算すると、1級で8万円ちょっと、2級で6万5千円ほど。お子さんがいらっしゃる方、厚生年金に加入している方は、さらに金額が加算されます。

障害年金の申請はとても複雑です。主治医やソーシャルワーカーなどの専門家に相談してみましょう。

<参考サイト>
経済的な支援 ~医療費への助成、控除、生活支援など~ | 厚生労働省
 

4.精神障害者保健福祉手帳

【生活費に困っているあなたに】

精神障害により、長期にわたり日常生活・社会生活への制約がある方が対象です(うつ病、躁うつ病などの気分障害も含まれます)。

受けられるサービス

  • NHK受信料が免除、あるいは安くなる。
  • 市町村運営の施設・交通機関の料金が割引・無料になる。
  • 所得税・住民税・相続税などの控除。
  • 公営住宅に入居しやすくなる。
  • テーマパークや映画館などの障害者割引を利用できる。

※医療費が安くなるわけではありません。

<参考サイト>
経済的な支援 ~医療費への助成、控除、生活支援など~ | 厚生労働省
 

5.医療費控除

【「医療費高すぎ!」とお嘆きのあなたに】

対象は、家族(世帯)の医療費が、1年間で10万円を超える場合です。

医療費控除の金額計算はちょっと複雑なので、詳しくは後日……。

※ 注意

  • 病院や薬局でもらう領収書はまとめて保管しておきましょう。確定申告の際に必要です。
  • 交通費は日付と金額をメモしておきましょう(ガソリン代・駐車料金はNG)。

<参考サイト>
経済的な支援 ~医療費への助成、控除、生活支援など~ | 厚生労働省
 

6.生活保護

【「手は尽くした!もうダメだ!」というあなたに】

生活保護は、最低限度の生活の維持を目的に世帯単位で行われます。

貯金ゼロ。
資産ゼロ。
働けない。
親族の援助が受けられない。

このような状況に置かれている方が生活保護対象者となるのですが、現実的に受給までの道のりはかなり厳しいようです。地域によっては、水際作戦によって拒否されてしまうこともあるとか。

例えば、こんな言葉。

「まだ働けるからダメー」
「頑張りが足りないんじゃないの?」
「世の中そんなに甘くない!」

鬼……?!

専門家や信頼できる人に相談の上、申請に行くのが良さそうです。

<参考サイト>
生活保護制度 | 厚生労働省
生活保護の水際作戦事例を検証する 大西連 / 自立生活サポートセンター・もやい | SYNODOS
 

最後に

うつ病療養中の経済的な問題ほど切実なものはありません。診察代・薬代もバカになりませんし、お金がないと精神的にも追い込まれます。「働かなければ!」という焦りが焦りを呼び、的確な判断・行動が難しくなってしまうこともあります。

うつ病を薬で抑えながら働くという選択肢もありますが、症状が深刻で、生きる意味を失ってしまっているような場合は、まず心と身体をゆっくり休めてほしいというのが私の願いです。

そのためには、安心して療養できる環境を整えなければなりません。となると、お金が必要。……もう、ため息が出てしまいますね。

今回ご紹介した支援制度の他にも、さまざまなサポートがあります。まだまだ伝えきれていないこと、私の勉強不足なところもあります。

経済的支援については、今後も定期的にお伝えしていきたいと考えております。

 - お金の悩み  ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連エントリー

折り紙の風車
うつ病治療費を軽くする自立支援医療制度(精神通院医療)を利用しよう

うつ病治療のためにかかるお金ってバカになりませんよね。 週に1回の診察、毎日飲む …

おしゃれゴリラ
「欲しい服を買うお金がない惨めさ」のごまかし方

ファッションアイテムの盛大なセールが開催されていますね。 先日、ショッピングモー …

金
やっぱり金は大事だと教えてくれるサイバラさんのすごい話

漫画家・西原理恵子さんの自伝エッセイ『この世でいちばん大事な「カネ」の話』を読み …

マカロン支給
病気で働けないときの生活をサポートする傷病手当金

休職中、大きな心配の種となるのがお金のこと。考えれば考えるほど不安になりますよね …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

ブログコメントの方針についてはこちらをご覧いただければ幸いです。

ブログコメントの今後の方針
コメント返信、お問い合わせについて

またのお越しを心よりお待ちしております。

お詫び (2016.12.16)

一部のコメント承認が遅くなりました。私の確認不足で、スパムフィルタの誤判定に気づきませんでした(正常なコメントがスパム扱いになっていました)。せっかくの書き込みを無視するような形になってしまい、申し訳ありませんでした。

Comment

  1. 紙一重 より:

    「ニュー福祉定期貯金」について

    障害者手帳で国債を買ったのに続いて、
    障害基礎年金証書を示して「ニュー福祉定期貯金」に挑戦してきました。

    「一般の1年ものの定期貯金の金利に年0.25%(税引後 0.1992125%)を上乗せした金利を適用します」とあり、銀行よりも有利。しかも銀行にマル優枠を設定していないのなら、350万円まで非課税。課税覚悟なら、全部で1000万円(って、そこまであれば苦労はしませんが…)まで貯金できます。

    でもデメリットはやはりあって、一年ごとにまた手続きしなければならないのですって。来年の今頃は仕事で忙しい方がいいと期待しながら、もくもくと書類に記入しました。やはり手続きに一時間半はかかりました。

    万が一、中途解約(それでも通常貯金の利息はつきます)になったばあい、被害が少なくなるようにと、少額に分けた私は何をしているんだろうとも思いました。

    ですが、

    しぶとく生きてやるつもりです!

    なんと言われようが、ゴキブリのように雑草のように。どうせ人生に赤い絨毯は敷かれてはいないのですから。

    • ナミ より:

      紙一重さん、コメントありがとうございます。

      「ニュー福祉定期貯金」というものがあるんですね! 知りませんでした~。勉強になります。えーっと、ゆうちょ銀行の定期貯金なんですね。金額は多くなくても金利ってバカにできませんよね。

      手続きが1時間半かかって1年ごとに更新っていうのはなかなか大変ですね。手続きも複雑そうですし、私のような理解力の乏しい者にはレベルが高そうです。これを機会にちょっと調べてみようと思います。

      いやしかし、ゴキブリや雑草はかなりしぶといですね。私も紙一重さんに追随して頑張ります! せめて気持ちだけでも。

      有益な情報をありがとうございました。またいろいろと教えてください、紙一重先生。

  2. 尾上凛々 より:

    福祉の専門職である私が関心するほど、社会保障制度について、コンパクトにまとまっており、読みやすく理解しやすいです。
    まだ、私は休職中・・先の見えないトンネルの中を、悶々としながら進んでいる状態です。ナミさんのブログに助けられてます。

  3. きなこ より:

    うつ病が今後も酷くなっていきそうで、一人で生活していくのもとてもつらい状況です。経済面の事も考えると、しごとをし続ける自信もなく、なんてこんなに情ない人生なんだろうと自分を責めてばかりしまいます。

  4. 玉ちゃん より:

    聞き慣れない「線維筋痛症」を患い10年。県内に看て下さる病院がないので、新幹線で東京まで行ってます。この病気はうつ病も関連しているので、たくさん薬を飲んでます。しかし、先日医師に自立支援の診断書をお願いしたら、「書けません」と言われてしまいました。何故?
    最近はうつの症状が激しく、隣町まで電車で通院してます(1ヵ月)
    難しいと言われている障害年金について次回東京の病院でソーシャルワーカーに相談したいと思うところです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です