エナジードリンク代わりに自己啓発書を読む

久しぶりに自己啓発書ジャンルの本を読みました。

読んでいるうちに、やる気が出て、後回しにしていた事柄を片付けることができました。

これはすごい。

決してやる気満々になったわけではありません。

けれど、「やりたくないなぁ、でもなぁ『いつやるか?今でしょ!』だよな、後回しにしてもどうせいつかはやらなきゃいけないんだし……」と嫌々ながら行動することができたのです。

本を読んでいなかったら、きっとズルズル先送りにしていたことでしょう。

自己啓発書パワーを実感しました。

 

反面、意欲のない自分にとっては落ち込みの原因ともなりました。

自己啓発書でよくある「自分を小さな箱に閉じ込めるな」とか、自分を規定せずもっと大きなイメージを持とうとか、そういう系の話はどうもスッと入ってこない。

可能性は無限大的なことを言われると「ソウデスネ……」と脱力してしまいます。

 

とはいえ、やる気出たから感謝感謝と感激です。

やるべきことを片づけられた。すごい! えらい!

これが持続してくれたら最高なんだけど、まあ自己啓発書はエナジードリンクのようなものだから仕方ない。

あとは自分で工夫しながらやっていくしかないんだよねといつもの調子に戻るのでありました。

 

ちなみに今回読んだのはこちらの本です。

実行しやすいハウツーが紹介されているのがよいところ。

気持ちを立て直すのに役立ちそうな小話もいくつか。

「世間は思ったより自分のことを重要視していないという事実を受け入れて、自分の選択に責任を負う覚悟を持とうぜ」という話なんかもよいです。

「断るコツ」はぜひとも覚えておきたい。

  • 短く、はっきりと断る:しつこく迫られたら、壊れたレコードのように同じ答えを繰り返す
  • 余韻を残さない:「考えておきます」などと言わない
  • 度を過ぎた罪の意識を持たないようにする

何でも一人で抱え込むと破綻しますものね。断ることも大事です。

Kindle Unlimited で0円だったので試しに読んでみたのですが、思いのほか得られるものが多かったので満足しています。

(出所不明の名言を偉人の言葉として紹介していたところは残念でした。が、詳しく調べるのが面倒なので気にしないことにします。)

 
自己啓発書やビジネス書はなんとなく敬遠してしまうのですが、一時的にやる気を出すためのドリンク剤として摂取するのは有効かもしれないと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。