ムキになってルービックキューブやってたら手首のスジ痛めてワロタ

散らかった家の中を少しずつ片づけています。

先日、謎の箱を開けるとルービックキューブが出てきました。懐かしい。

ちょっとやってみようかと思ったものの、6面揃った状態を崩すのがもったいなくて、しばらくそのまま見える場所に置いていました。

が、やっぱり気になる。そのうち部屋の隅で存在感を発揮する立体キューブをチラチラチラチラ見やるようになったので、意を決して崩しました。ちょっと背徳感ありますね……。ランダムにするのが意外と難しい……などと思いながらシャッフル完了。

いざルービックキューブにチャレンジ! 6面を同一色に揃えるのだ!

 
まずは自分なりに考えてカチャカチャやってみました。

が、全然わからない。1面揃えるだけならできるけど、2面だとすでに難しい。

6面とか絶対無理じゃん! と悟ったので、ズルをすることにしました。なんとルービックキューブ公式のメガハウスにやり方が載っているのです(ルービックキューブはメガハウスの登録商標らしいです)。

で、やり始めたものの、答えを見ながらやっているのにできない。なんでなの。

あれ、私ってバカなのかな?

苦戦しながら必死になってやっていたら真夜中の2時。

あれ、私ってバカなのかな? 答え見ながらやってるのにね?

その後も「はよ寝な」と思いながらガチャガチャねばり続け、何とか完成しました。

6面揃ったぞー! やったー! わーい!

 

そして、翌日。またチャレンジすることにしました。

もう勘所はわかったから今度はスムーズできるだろうと思って、お笑い番組をチラ見しながらカチャカチャあははカチャカチャとやっておりました。

が、なかなかできない。できそうなのにできない。なぜだ。

それでもう最後の方はムキになってガチャガチャやっていたのです。「ふんぬーッ」と鼻息を荒くしながら。

そんなこんなで苦戦しながらも何とか完成。前回よりはタイムも縮まったのでよし。わーい! やったー!

 
で、一息ついたら、右手首あたりの筋が何か痛いぞと気づいたわけです。

どうやら変な動かし方をしていたらしい。確かに、必死になるあまり右手を無理めに動かしていた気がする。古いキューブで引っかかりがあるから、無理やり力を入れたりしていた。この手の動かし方はよくないなと思いつつも止められなかった。

それからずっと地味に痛みが続いて、布団に入ってからも痛みをじーんと感じて、なんかもう笑っちゃったというトホホな話です。ルービックキューブ必死にやりすぎで手首痛めるとかどんだけ~って。でも、そんな自分、嫌いじゃないよ。ああ愉快愉快。

 

それにしても、ルービックキューブの達人がやってるの見たことありますけど、あれほんとにすごいですよね。目にもとまらぬ早さでシャカシャカシャカッと。思い返してみれば、手首をぐにゃぐにゃ動かしていないですよね、指先でシュッシュとやっているイメージ。力を入れちゃダメなんでしょうね。キューブの呼吸を聞かないとね。

6面すべて同じ色で揃えるルール以外に、いろいろな模様をつくる楽しみ方もあるんですね。パターンキューブというものらしいです。他にも諸々、いやはや奥が深い。

手で触れる物体のゲームはデジタルと違って目が疲れないのもいいところです。必死になるから嫌なことも一時忘れられる気がします。何より完成したときの達成感がすばらしい。やったー! って心から万歳したくなることってそうそうないですよね。

しばらくはルービックキューブにハマりそうです。

チェッカーキューブ作れるようになりたいな……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。