ポイント、SALE、キャンペーン……。期限に追われる私は自由なのか

最近マンガばかり読んでいる気がします。

激安セールで爆買いしたマンガがあり、毎日無料で読めるマンガアプリがあり、電子本の積ん読だらけ。

気軽に読める場も作品も増えている上に、期間限定で無料開放されるキャンペーンもけっこうあって、期限が迫った作品を優先して読んでいるうちに、持っている本の存在を忘れるという。なんだかな、どうなんでしょ。

まあおかげで退屈することがなくて本当にありがたいことなのですが、「あれも読まなきゃ、これも読まなきゃ」と追われている感じはあります。はー忙しい忙しいって。マンガを描くのってめちゃめちゃ大変なのにこんなにたくさん供給されてて、ほんとにすごいよなぁ、ありがたやありがたや、読めるうちが花……と拝みながらの嬉しい悲鳴?

 

追われていると言えば、ポイントもそう。何かにつけてポイントポイント言われませんか。それに加えてキャンペーン、無料体験、還元、限定セール、などなどなど。

「ポイントの有効期限が迫ってる、あ、割引クーポン使えるの明日までだ、よしじゃあセール商品を今のうちに」とか言って、またまた追われている感じ。

必要なものが何かあればいいのだけれど、そういうときに限って特にこれといって買うものがないんですよね。

欲しいもの、好きなもの、何かある? 何でもいいから欲しいもの。私は何が欲しいの? 私は何が好きなんだっけ? くだらない物、かわいい物、いいね。でも、物は場所を取るし、買っておしまいになったらつまらない。捨てるのもしのびないからといって、ずっと取っておいて雑然さパワーアップな展開が予想される。うーん、いかん。

で、仕方がないから、本を買ったり、電子書店で専用コインやポイントに交換したりするわけです。その結果、またマンガが増える。そうしてさらにマンガばかり読むことに。

このこと自体はとても嬉しいことなのですが、「コラ、そんなマンガばっかり読んでる場合じゃないでしょ!」と怒る人が私の中にいるので、ちょっとだけ後ろめたさを感じることがあります。

 

それはさておき、こうやって縛られてる感じ嫌ですよね~。ポイントやらセールやら、企業に囲われて踊らされてる感じ。

でも、使えるはずの○○○円を使わずに捨てちゃうのはもったいない。

貧乏性は簡単に直らない。染みついたものなのです。

もっと合理的に考えて、スマートに生きたいものですがね。それができたらこんなザマになってないですわよってね。あはははは(泣)。

いや、今からでも遅くない、努力しましょう。できないなりに、力を尽くして励むことは良いことです。

そう、マンガを読めば何かヒントが見つかるはずです。

 

2 COMMENTS

エマ

わかるううわかります。
スマホゲームとかも依存させるようによく出来てるなあと思いますもん。。時間制限を設けたらいいかもしれませんね。
新書の「スマホ脳」読みましたか?めちゃ衝撃で勉強になりました。おすすめですよー

返信する
あたま

更新 ありがとうございます。 
最寄りのスーパーは、ポイントを現金化してくれます。 助かるー。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です