動画を敬遠する気持ち、もっと慣れ親しみたい気持ち

動画って見ますか? ネットで調べ物をしていたときに出てくる解説動画とか、おしゃべり系コンテンツ(?)とか。

私はそういう動画を何となく敬遠してしまいます。

テキストでざっと見た方が早いと思ってしまうんですよね。「前置きいらないよ」とか「倍速で見ても得られる情報量が見合っていない」とか。10分くらいならまだ何とかいけるのですが、20分や30分だと「長っ」と感じます。1時間だと相当厳しいです。LIVE映像流しながら手仕事とかなら大丈夫なんですけど。

とはいえ、ものづくり系などの手順を知りたいときには、動画ってすごく便利ですよね。例えば料理の手順を見せてもらえると非常にありがたい。ダンスの振り付けなんかもそう。テキストだけで伝えるのは難しいコンテンツです。

最近は、検索結果でも動画が上位に表示されることが増えましたよね。どうやら動画の内容も認識するようになっているらしいとか?(タイトルや概要を見ている?) 動画内のテキストやセリフが検索対象になる日は、もしかして、そんなに遠くないのかも?

ああ動画……。何となく馴染みがないからと切り捨ててしまうのはもったいないですよね。そう思って、若者に人気らしいTikTokにも目を向けてみようかと考えたこともあったのですが、結局アクションを起こすこともなくそのまま。Twitterやインスタの動画、前よりは慣れてきたから、今ならいけるかな……GIFなら平気だし。

ってそう、音が鳴るのが苦手なんですよね。「よし、聞くぞ」と心の準備ができていないとびっくりしちゃう。聴いてる間もちょっとドキドキするし。覚悟しないとソワソワするというか。なぜだろう。単に慣れの問題ですかね。

別に無理に使う必要はないんだけれど、何となく「これじゃいけない」という思いがあります。もうちょっと抵抗感をなくしたいというか。せめてリンクを開いたときに「うわっ、動画だ(怯」じゃなくて、「あ、動画か(穏」ぐらいの温度感にしたいなぁと。

HIKAKINの動画とか試しに一度見てみたらいいのかなと今思ったんですけど、ターゲット違いすぎますかね。YouTuberもVTuberも全然わからない……。(HIKAKINの「プロフェッショナル仕事の流儀」は見ましたヒカキンすごい。)

いずれにしても、食わず嫌いをやめて、何でもチャレンジしてみるのは良いことだと思うです。

というわけで、レッツ・つまみ食い!

……あ、ものすごいゆるい系の動画を探しているといいのかな。まずは慣れることから……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です