口喧しく干渉してくる人には「だから何だよクソが」「うるせーバカ」で対処

自分の生き方や人格を否定されたり、「もっとこうした方がいいよ」と求めてもいないアドバイスをされて、嫌な気分になることってありませんか?

そういうときの反応として、

「だから何だよクソが」
「うるせーバカ」

というリアクションはなかなか良いのかもしれないな、とあるとき妙に納得しました。

どちらもネットでよく目にするタイプの物言いで、あまり褒められた言葉遣いではありませんが、切れ味抜群で、強い。そして何より、気持ちいい。

だから、脆めメンタルの持ち主さんは、こういった切り返しを装備しておくとちょうどいいのではないかと思いました。実際に口にするのではなく、心の中でつぶやく。それだけで十分効果を発揮します。

とは言っても、この言葉の使い方を間違えると、聞く耳を持たない自分勝手で攻撃的な人に成り果ててしまう可能性も考えられるので、一概に良いとは言えないのですが、人の意見ばかり気にして自分が何をしたいのかわからなくなってしまうような人、いつも我慢している人、優しさにつけ込まれがちな人は、そこまで心配しなくても大丈夫でしょう。むしろもっと強気でいってもいいのかもしれません(いやでもやっぱり自分を客観視するのは難しいので、おっかなびっくり使うぐらいがちょうどいいでしょうか)。

いずれにしても、こちらの領域にズカズカ踏み込んでくる人や、尊厳を傷つけるような人に優しくする筋合いはありません。

「だから何だよクソが」
「うるせーバカ」

まずは自分の心を守りましょう。

当事者でない者が口を出し、他人を自分の考えに従わせようとするのは間違っています。

これと同様に注意したいのは、口うるさい仮想の他人を自分の内に住まわせている場合です。ことあるごとに否定的なことを言ってくる奴、いませんか。脳内だか心の中だかに棲み着いているやたらめったらキビしい存在。そういう奴が出現したときに「お前は黙っとれ」と言えるようになると、胃が痛くなる日も少なくなることでしょう。難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です