ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

どんなに頑張ってもネガティブ思考が治らない……なんで?

 

海を見つめる男性

前回「考えすぎる癖を直す8つの方法」を紹介しました。

が、そこに書かれたことはすでに知っていて、「すべて試したけどうまくいかなかった」という人もいるのではないでしょうか?

「こうすればいい、ってのはわかるんだよ」

けど、根っこの部分に何かがある。

心から肯定できなくて、ひどくネガティブな真っ黒な部分があって、もやもや……。

この感じは一生治らないのかな? 幸せになりたいよ……。

そんな気持ちを持っている人に向けて、「うーん、どうしたらいいんでしょうねぇ」という曖昧な雑談をします。

すべての人に当てはまる内容というよりは、わりと限られたタイプの人に向けた話なのかなという気もします。私の個人的な(どうでもいい)エピソードも含めて書いていきますので、気楽にお読みいただければ幸いです。

ネガティブ思考に支配されるとつらいよね

極端なネガティブ思考に陥ってしまうプロセスやタイミングは人それぞれです。

中・高校生で死ぬほど悩んだり、社会人になってから危機に陥ったり、生まれてから今までずーっと悲観的な考えを拭えなかったり……。

言葉にできないつらさがいろいろあると思います。

で、私がいま想定しているのは、一度ネガティブ思考を克服した経験がある人。

一般的なネガティブ思考を直す方法は知っていて、その効果も実感している。でも、今の自分のネガティブ思考は、この対処法でカバーしきれない。ペラペラの対処法じゃ太刀打ちできないんだよ~みたいな人です(前回紹介した方法はペラペラではないと信じていますが)。

「私はダメ人間」
「私なんて生きてる価値ない」
「私は何の役にも立たないゴミ」

などなど、自分を責める言葉が頭から離れない(さらに深刻になるとこちらのような感じ)。

私自身、こういう悲観的な思考に支配されがちな人間でした。

病的なうつ症状で、コントロール不能だった部分もありますが、もともとの性格や考え方が大きく関係していたと思います。

「もうダメだ」が口癖だったし、ぐるぐるぐるぐる同じ思考をくり返して、ガクッッッ↓↓↓となっていました。

こういうときって、すっごいしんどいんですよね。出口を見失って迷路から抜け出せなくなっちゃう感じ。

「考えすぎだよ」と言われても、自分の目の前にあるこの困難を無視しろって言うんですか??? という感じで。

一体どうしたらいいの?一生このままなの?

私が実践してきた方法は「考えすぎる癖を直す8つの方法」で書いたことなのですが、これだけで完璧に前向きになれました! と断言できるかというと、ちょっと違います。

もちろん役立ったことは間違いないのですが、他にも必要としたものがありました。一つは時間、もう一つはエネルギーの源泉となり得るものです。

それは一言で言うなら「愛」?

無償の愛や深い情愛というよりは、恋愛寄りの愛です。「元気が出ないときに元気を出す方法&空虚な毎日のやり過ごし方」でも書いた通りです。

「どんなに迷っても泣いても愛があれば大丈夫」と冬の恋歌女王・広瀬香美さんは歌っていましたけど、そういうことなんだろうなと思います。

んで、今更ながらマンガ『逃げるは恥だが役に立つ』を読んだんですけど、彼女なし=年齢、独身のプロである平匡さんも言っていました。

ハグの効用はすごい、と。

そういうことなんだろうなと思います。これがあれば、一気にブーストできるんじゃないでしょうか。

私がいまだにネガティブ思考と親和性が高いのは、これが足りないからなのかもしれません。

もちろん配偶者やパートナーさえいればOKなんて単純な話ではないんですけど、誰かに選ばれた経験があるか否かという点は大きい。

ので、いろいろ試してもどうにもならないって人はこの辺りの何かが結構大きく影響しているんじゃねぇのかしらと思ったのでした。

恋愛要素でどうにもならないときは、深い情愛に関わる話になってくるのかなという気がします(このあたりの話は別の機会にじっくり考えたいと思います)。

非モテはつらいよ

愛があれば大丈夫ハグの効用はすごいとか言ったって、一部の人間にとっては、そんな簡単に親密な関係作れるもんじゃねーよという話だと思うので、困りましたなぁってなところで。

けっこう皆さんさらっと恋人作っちゃいますからね。

それではここで、私の悲しいエピソードを一つご紹介いたしましょう。

学生時代の話なんですけどね、クリスマス直前に友達と話をしていて。「クリスマス予定あんのー?」なんて話題になるじゃないですか、若干浮ついた感じで。んで、私は当然のように何の予定もなく、「どうなのよどうなのよ」と問う側でね、「え~ヒマだよ~」とか言う子に「嘘こけ!」とか言ってAHAHA~な雰囲気を楽しんでいたわけなんですが、ある子が言うんですよ「ホントに予定ないよ~」って。そしたら周りも「アタシもないよ~」って。で、何の流れかみんなでバレーボールやろうってことになったんですね、授業後に。でも、私は絶対ウソだと思っていましたから、「またまた~」って言ったんですよ、「ほんとにまったくよぉ、なんでそんな意味のないウソつくんだよ」って。でも「マジで予定ないから!」って言うんですよみんな。そのとき確か5人いて、2人は確実に「絶対」って言った。で、私バレーボール持ってたんで、「じゃあボール持ってく……?」って恐る恐る伺いを立ててみたら「やろうやろう!」ってめちゃくちゃ乗り気で。「いや、絶対当日ダメなパターンでしょ」って言ったんですけど、「ホントに予定ないから大丈夫!」って言い切るんですよ。で、まあ私もバレーやりたかったので、何度か同じ問答をくり返した末に、「じゃあホントに持ってくからね!当日になって予定あるとか言うのやだからね!」って何度も念を押して。で、まあ話の流れからすでにお察しかと思いますが、クリスマス当日、みんなそそくさと気まずそうに帰ったっていうね。予定入ったなら前日までに言えよこのバカチンが!ってね。バレーボールが入ったリュックを背負って私は帰りましたよ。リュックのぽっこり感が悲しかったですね。そんな非モテのささやかな寂寥。

こんなん経験したら、確実に生まれますよね、「どーせ」「私なんか」「でも」「だって」。

これでポジティブシンキングしてたら逆に痛々しくないですか。

まあそういうことです。

ネガティブにとことん付き合ってくれる人がいるといいけどね

別に恋人じゃなくたっていいんですよ、「この人は自分のことを受け入れてくれる」って信頼できる人がいれば。

だから、後ろ向きな気持ちにトコトン付き合ってくれる人がいたら、きっと状況は好転すると思います。

けど、そんな人いないよ! ってね。

出会えたら、それはかなりラッキーじゃないですかね。

そうでもないのかな、わかりませんけど。

まあ共感でしのごう

というわけで、こういうのが無理な人はどうしたらいいのかな? って考えた結果生まれたのがこのブログなわけです。

愛やらスキンシップやらが叶わない人は、共感でしのぐしかないよねって。

これまでに何度も書いていますけど「わかるー」「それな」とか言うだけで、暗い気持ちが少しはましになるのです。

「自分だけじゃない」ってわかると、心強く思えるのです。

だから、そういう人を頑張って見つけるといいでしょうね。

リアルで見つけられるのが一番いいですけど、それが無理なときは、とりあえずネットで。

今は情報発信している人がたくさんいる、というか、ブログやSNSアカウント持ってない人の方が少ない?みたいなので、きっと自分が共感できる人が見つかると思います。

そんな感じで何とかやっていきましょう。

つらさを解消する、すんごい効果があるもの3つ

最近思っていることなんですけど、「もう無理つらぽよ」ってなったとき、つらさを解消するのにすんごい効果的なんじゃないの?ってものが3つあります。

それは、

  • 筋肉
  • 論理

愛とか云うものは自分一人じゃ難しいですが、あとの2つは一人でOK!

というわけで、とりあえずここを磨けば? つーか私はこの2つを磨きたいぞ、と。

体がダメなら思考。

頭がダメなら筋肉。

両方ダメなら、それはたぶん心身が疲れ果てているか、ダメージを負っているかのどちらかなので、休みましょう。病気の人は病院へ。

結局いつもの答えです

というわけで、なぜネガティブ思考が治らないのか、どうしたらいいのか、もう一生このままなのか、という悩みを持っている人に話すていで、本当に必要なものはコレだ! と答えを出してみたのですが、あんまり答えになっていないよなーとは思います。

というか、なんだかんだ言われても、人に指図されるのって嫌じゃないですか?

「んなことわかってんだよ!!」って。

分析されるのもおもしろくなかったりしてね。

「俺の何を知ってるっていうんだよ!!」って。

決して素直じゃないわけじゃなくて、むしろ素直にいろいろな人のやり方を取り入れて頑張ってみた結果、うまくいかなかった。

だから、なんか腹立っちゃうんじゃないかと思います。

そういう気持ち、私にもあります。頭ではわかるからこそ「それができたら苦労せんわ!」とよく言っていました。

まーできることからやっていくしかないっていつもの結論なるわけなんですけど、とりあえず、体を動かすのはすごくいいんじゃないかなーと思います。スナックなみのママさんも言ってましたしね。

そんな感じで、ぼちぼちやっていきましょう。

お互い、健康第一で。

 

 - 体験談, 雑記・独り言  , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

落書きされた黒板と時計
大人たちが口にする言葉に執着していませんか?

大人たちとタイトルに書きましたが、年齢の上では私も立派な大人です。学校で「大人と …

今日はネギです。
【うつ病レシピ①】お手軽混ぜごはん ~料理を好きになったあの日~

今日は、私の成長記録です。 苦手意識が強い「料理」にチャレンジ! してみました。 …

ジャンプ!
行間を読むのは難しいし心を開くのも簡単じゃない

相手のことを100%理解することはできない。 そんな当たり前のことを思いました。 …

ハートのシャボン玉
普通のしあわせ・多数派の生き方を信じてきた人が脱落するとき

あなたは今しあわせですか? と質問するとき、それは一体どういう意図なのでしょうね …

バナナの皮に隠れようとするチンパンジー
何にキレてんのかわかんないけど、めっちゃイライラしてる人が怖い

何にキレてんのかわかんないけど、めっちゃイライラしてる人が怖い。 何か悪い出来事 …

色々なサボテン
14歳女子「なんてブスな私」―『辛口サイショーの人生案内』より

「ブス」という言葉の破壊力は凄まじい。 この言葉を聞くと、私は息苦しくなります。 …

アルバムを開く女性
心を安定させるには?自分をよい方向に導くための課題

カウンセリングを受けたことはありますか? 受けたことはないけど、傾聴や共感的理解 …

パソコン
ネット上にも素晴らしい読み物はたくさんあるだなって思った話

「さぁて、今日は何を書こうかな~。フフフンフン」とパソコンを立ち上げたものの、何 …

ティータイム
アランの幸福論に学ぶ、悲しまずにはいられないときの対処法

日経ウーマンオンラインで新連載が始まるそうです。 新連載! 新訳で読むアランの『 …

heart
「うつ病は“心の風邪”ではありません」 啓蒙メッセージに込められた真意

今日は、私が一人で納得した話をします。 「『うつ病は“心の風邪”』って誰が言い始 …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. solitaire lapin より:

    「共感」の一言です!
    日本人もハグの習慣とかあればいいのかもしれませんね。
    でも、誰でもって訳にはいかないか・・・
    深く心が沈んでいる時、本当に心から信頼出来る人やぬくもりが欲しいですよね。
    そこで冷静に考えて、そんな人や愛に恵まれなかったから今の自分があるっていう原点に帰りまたネガティブになってます(笑)

  2. なっちゃん より:

    気分が落ち込んで苦しいときはよくなみうつブログさんにお世話になってます。

    今日も考えすぎて眠れなくてそれで訪ねてみたら、ふふっと笑えて少し心が軽くなりました。

  3. エマ より:

    ナミさん、こんにちは!
    もしかして、ナミさんオードリー好きですか?
    違ったらごめんなさい。ひとつ前の記事で思いました。笑

    バレーボールの話しは切ないですね…。
    そんな漫画みたいなこと、逆になかなかないです。

    確かに、愛する人が自分を愛してくれている、というのは大きなパワーがあります。
    文字で表すと、本当に奇跡みたいなことですよね。
    かといって相手に依存してはお互いにためにならないし、相手を気遣う努力はずっと必要ですね。

    わたしは秋がいちばん好きな季節です。日差しと風が心地よくなってきました。うれしいです。季節の変わり目ですので、ナミさんもご自愛くださいね!
    また来まーす!

  4. ゆう より:

    ナミさん、こんばんは。

    ナミさんの言葉ひとつひとつに「そうなんです…そうなんですよ…」と相槌を打ちながらいつも覗かせていただいております。

    途方もない漠然とした明日への不安があり、私はやっぱりダメだ、学校行くの怖いな、休んじゃいたいな、と思うたびにナミさんの記事を見て心を落ち着かせています。語り口調がとにかく優しくてなんだか安心するし、これ私のこと?と錯覚してしまうくらい強く共感しています。

    とても居心地が良くて、このブログとナミさんに出会えて本当に良かったです。ナミさんのおかげで息苦しい生活から救われています。いつも心に寄り添ってくれるナミさんには感謝しかないです。ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です