ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

「私が生きていると迷惑をかける」苦しみの原因と解決策

 

ボーリング

「私が生きている限り、家族や愛する人々は幸せになれない」
「私が死ねば、みんな幸せになれる」

長い間、私はそう信じ込んでいました。

「お前(私)なんてさっさと死ねばいいのに」

今でもたまに思います。ふとした瞬間にその言葉がよぎる。多分、心の奥底にこびりついているんでしょうね。だから、他人の何気ない言葉さえも「死ね」に聞こえるんでしょう。誰もそんなこと言ってないのにね。すべて自分が思っていること。

我ながらひどい人間だなぁと思います。そんな暴言を平気で吐くなんて怖い怖い。他人には絶対そんなこと言わないし、思わない。なぜなら、自分じゃないというだけで他人は素晴らしい存在だから。

♪ 私以外私じゃないの 当たり前だけどね だ・か・ら 

「死ねー!」

この感覚に共感する人はかなり大変な状況にあると思うので、ちょっと立ち止まって一緒に考えましょう。「私は迷惑な存在だから死ぬしかない」という思いについて。

 

「人に迷惑をかけてはいけない」?

なぜ、これほどまでに自分を攻撃してしまうのでしょうか。

私の場合は、「人様に迷惑をかけてはいけない」という考えが大きかったように思います。

「人に迷惑をかけてはいけない」、そりゃ当たり前でしょ、迷惑をかけるのは悪いことです、そう信じて疑いませんでした。「迷惑って何?」と聞かれたら、人を困らせる、人を傷つける、人を悲しませる、人に負担をかける……などなど。特に具体的な答えは持ち合わせていなくて、何となく「ダメだよね」と思っていただけ。

そんな私が、うつ状態に陥って死ぬことしか考えられなくなったとき。「迷惑」=「自分が存在していること」と認識されました。

自分には生きている価値なんてない。
役に立たないどころか、不穏な空気をまき散らす悪害。
存在しているだけでコストがかかるゴミ。
迷惑以外の何物でもない。
私がいるせいで、みんながつらい思いをしている。
私がいなければ、みんな幸せに暮らせる。

今書いてて泣けてきました。私は本気でいつもこんなことを思っていたんですね。今、同じようなことを思って泣いている人がいるのでしょうか。あなたもそうですか? これほどつらいことってありませんね。

こういう思いが胸に巣食っているうちは、いくら「迷惑じゃないよ」「あなたは大切な存在だよ」と言われても、心から納得することはできません。

「じゃあ君は、自分が迷惑な存在じゃないと納得できたの?」と問われれば、納得はできていません。むしろ私は迷惑な存在だと思っています。でも、そこに自責の念はありません。そんなの当たり前じゃん、という感じ。

この違いは何か考えてみると、病気か否か、それに尽きます。もちろん、私の未熟さゆえにおかしな思考に陥ってしまったという側面はあります。でも、「死ななければならない」という思考は強固で、コントロール不能。「気の持ちよう」というアドバイスで何とかなるものではありません。

精神疾患に関する本を読んでみると、こういった考えは性格的なものではないとわかります。どうやら、脳にエラーが起きているらしい。脳なのか心なのか、故障箇所はよくわからないけれど、わが身に何か異常事態が発生している。

それを知った瞬間に私は「自分は迷惑な人間だ」と泣いている人を今すぐギューッと抱きしめたくなります。迷惑だとか迷惑じゃないとかそんなことどうでもいいから! 大丈夫だから! って。

そう、大丈夫なんです。理由とか根拠とか、そんなものいらない。

あなたがそこにいてくれさえすればいいのです。

あなたがいなければ、私はこのように感じることはできません。あなたがいるから、感じられる気持ちがある。

私の話を聞いてくれるあなたは人の役に立っています。私に存在意義を与えてくれています。それは素晴らしいことではありませんか。

ねぇ、そうですよね?

 

「自分は迷惑な存在」という自責の原因と解決策

「死にたい」は、本人が思っているのではなく、病気が言わせている。

医師にも言われたし、本にも書いてあったし、周囲の人にも言われました。

実際「死にたい」と思ったときに、「これは病気が言わせてるんだ」と言い聞かせることで少しはつらさが弱まるような気がしました。

でも、それは気休め。私の黒々した心に触れたものはみな一瞬にして腐る。どんなに優しく温かいものでも。

「人の好意をまっすぐ受け取れない人でなしの私! 死んじまえ!」

あぁ。

私は一体どのようにして、この「死にたい」とお別れしたのでしょうか。

治療を続けて、回復に向かったことが一つ。もう一つは、自分の中に散らばっている言葉を整理したこと。

2012年11月からブログを書き始めて、物事の捉え方がずいぶん変わりました。変わらない部分もたくさんありますが、今までこだわってきたことに執着しなくなったことは一番の変化です。以前は、自分に執拗なこだわりがあることにさえ気づいていなかったんですよね。

自分の存在が迷惑かどうかも、以前に比べれば気にならなくなりました。問題は山積みだし、相変わらずダメな人間だし、もっと努力が必要だと思います。

でも、まぁ、今やれることを精一杯やるのみだよね。

それが人より劣っていようと、自分の理想とかけ離れていようと、こうやって今日も生きていることがすごいじゃないかと。

別に「死にたい」と思うことが悪いわけではありません。ただ、ほほえみを見つけた瞬間は、すごくいい感じ。

「私は迷惑な存在だから死ね」「消え失せろ」その言葉の余白や裏側に隠れているものがある。それが「いい感じ」を見つけるヒントです。そして、そのヒントを探す作業がさっき言った「自分の中に散らばっている言葉の整理」です。

一朝一夕に変えられるものではありませんが、何とか踏ん張りながら、今このブログを読んでくださっているあなたと一緒に探していけたらいいなと思っています。

【例えばこんな感じです】

 

わからない 言ってる間に死は目前

さてさてさて。「自分は迷惑な存在」という意識、何か変化はありましたでしょうか。

ここまであーだこーだと書いてきましたが、私はよくわかりません。

何がわからないって、すべてわからない。「自分」とか「迷惑」とか「存在」とか。

それって何ですか?

そう思ったら、「私は人様に迷惑をかけるどうしようもない人間のクズだから死ななければならない」と考えようがなくなったんですよね。

いや、いまだに思うんですよ、「自分みたいなクズは死んだ方が世のためだ」って。でも、ほら、「自分」って何? 「クズ」って何? 「死」って何? 「世」って何? なぜそれがよいことなの? って。

あんまり大きな声では言えないことなんですけどね。「そうやって問題から目をそらすなよ」って言われそうだから。

でも、私はどうしてもここでつまづいてしまうんですよね。

♪ 躓いて、転んでたら置いてかれんだ

そして、

♪ 老いて枯れんだ

まぁ、それもまたよし。

そんな感じで生きている人もいるので、苦しくて自分を痛めつけずにいられなくなったときは、ここに来て一緒におまんじゅうでも食べましょう。

むしゃむしゃむしゃ。おいしいね。

(▲氷室饅頭は、無病息災を願って食べられてきた金沢のお菓子。先日もらって食べました。)

<本日のBGM>

1.ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの

「報われない気持ちも整理して生きていたい」そうです。同感です。

2.スキマスイッチ 「全力少年

私は30%少年でいきたいと思います。好きな曲を聴くとテンションが上がりすぎてしまう故。

 - 死にたいとき  ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ブログ情報

  関連エントリー

ビル
しにたい死にたいシニタイ…自殺を渇望するあなたの心は

死にたい? 人生疲れた? 生きる意味ない? つらくて苦しくてどうしようもない? …

ライブ中に掲げたスマホに表示される「HEAVEN」
余裕がなくて死に惹かれたとき私の脳裏に浮かぶもの

死にたいと思うことはありますか? 喜びを見い出せない毎日。 自分が無価値に思えて …

帽子をかぶったロングヘアの女性
生きるのが面倒な私に力を授けるヘアドネーション

人生二度目のヘアドネーションに行ってきました。 【関連】死にたい私に生きる目的を …

ロングヘア
死にたい私に生きる目的を与えてくれた「ヘアドネーション」

本日、ワタクシの生きる目的を果たして参りました。 ヘアドネーションです。 これは …

『自殺予防の認知療法』自殺の長所・短所を探るワーク

死を願う人に向けた認知療法の本を読みました。 自殺予防の認知療法―もう一度生きる …

幻想の街
なぜ人は「死にたい」と思うのか?

「死んでしまいたいと思う」 希死念慮はうつ病の症状の一つとして挙げられます。気分 …

電話
「死にたい」気持ちを聞いてくれる無料相談窓口まとめ

つらい思いを抱えた中、ご来訪いただき、ありがとうございます。 このページを開いて …

牧草ロールを押す人
「生きる意味あるの?」の答え・苦悩を和らげるためにできること

「生きる意味あるの?」 その問いの答えは「Yes」。意味はある。でも、「意義があ …

DANGER!
「死にたい」は誤作動!苦しみに支配された心を救ってくれる考え方

「死にたい」 「私なんか生きる価値ない」 そんなギリギリの精神状態で絶望の淵に立 …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、留意事項をご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. ロビン より:

    こんにちは。

    そうなんです。
    ハテナなんです生きるの。
    ハテナで良いんです。
    そこに良いも悪いもないんですもんね。

    最近はすぐ死にたくなる癖と、動悸しちゃったり、目が泳いだり、自分より凄い人見てガーンてなったり、イライラしたり、勿論するんです。
    でも、それで人を傷つけちゃいない。
    迷惑かもしれないけど。
    そんな面倒な自分とソッと握手しながら生きる事にしました。

    と言っても問題は山積みで、一つ一つの片ずけ方や、心の居場所は見当たらないんですけど。
    それもまた決して悪い事じゃないかも。と。

    恥ずかしい自分と喧嘩したり、仲直りしながら生きてみます。

    ナミさんは、いつもピンポイントでツボをおさえて、言葉にしてくれます。
    なかなか自分は客観的になるのが下手なんで。
    やっぱそうなのかぁ、とか、そこは超分かります!
    とかなります。

    ナミさんの事も応援しています。
    また嬉しいも事も悲しいも事も沢山言葉にして光に当てて下さいね。

    その度に自分は遊びに行きますから。笑。

    • ナミ より:

      ロビンさん、あたたかいコメントありがとうございます。

      そうですね。面倒な自分も恥ずかしい自分も受け入れていけたらいいですよね。「喧嘩したり、仲直りしながら」という言葉は、本当にそうだなぁと思いました。

      「迷惑」という言葉は幅のある言葉ですね。警察のやっかいになることも「迷惑」、友達に「もうダメ、助けて~」と頼ることも、人によっては「迷惑」。でも、後者は私にとっては嬉しい「迷惑」。嬉しい「迷惑」は、もはや「迷惑」じゃないですよね。

      ……とそんなことを考えながら日々を過ごしています。

      私の方こそ、ロビンさんの言葉からたくさんのヒントをもらっています。いつもありがとうございます。私もロビンさんのことを応援していますよ~。

      生きていると何だかんだありますが、人生の機微を楽しみながら過ごしていきたいですね。

  2. とみ より:

    ナミさんこんにちわ。とみです。
    最近、少し元気の波が不安定です。
    脳が誤作動を起こしてる時があります。
    死にたくはないけど消えてしまいたい。そう思う時が増えてしまいました。

    これは本心じゃない!誤作動なんだ!と心に言い聞かせバイトしたりしてます。

    やりたい夢が無くなり、夢を追う事が抑うつや年齢制限で出来なくなり。なにより、やりたかった事が自分には向いてない、興味を無くしてしまったことが辛いです。

    それなのに活躍してる世界を見てしまうと胸が苦しくなって辛くなる。未練がましい自分に嫌になります。

    今の僕は目標もなく生きるだけになりました。でもここにコメント書いてるって事は誰かに知ってほしい気づいてほしいと思ってるからだと思います。

    生きる。簡単だったのに今は難しく考えてしまいます。。

    • ナミ より:

      とみさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

      激しい波に翻弄されているときには、いくら理性で制御しようとしてもうまくいきませんね。それこそが病気の不自由さなんだとつくづく思います。

      病気になったことで今までやってきたことができなくなるのは悲しいですし、自分の能力の限界を知ったときの気持ちは何とも言い難いつらさがあります。これまで全力で取り組んでこられたとみさんだからこそ、その苦悩もひとしお、簡単に割り切れるものではないと思います。でも、ここまで胸が苦しくなるほどの夢を持てることはやっぱり素敵なことです。

      ちなみに、私の目標は「生きる」、これだけです。他は特にありません。何か見つかったらラッキーだなと思うくらいで。それ以前に「生きる」って実はとんでもないことだなと驚愕するばかりです。

      とみさんに伝えたいことはあるというか、ないというか、いや、ないことはないんですけど、言葉にできないものを共有できたらいいなぁと思います。一緒に空を眺めてボーっとするとか。そういう「今」の美しさを感じたいですね。

      うまく言えないのがもどかしいのですが、とみさんに穏やかな日々が訪れることを祈っています。

      • とみ より:

        ナミさんお返事ありがとうございます。励まされます。見知らぬ人の愚痴にもにたコメントを真摯に受けとめ返事をくれる。ナミさんすげーな。って思います。

        今の自分の状況。過去に乗り越えた経験。たぶん、今何をするかは僕も分かってて、回復には時間がかかるし、状況をかえるなら自分で行動に移すしかないのも分かってて。。

        焦っても仕方ない。今出来る事をやるだけですよね。

        暑くなってきてるのでナミさんもお体には気を付けて下さい。

        • ナミ より:

          とみさん、お心遣いありがとうございます。私の方こそ、そんなふうに言っていただけて励まされる思いです。本当にすごく嬉しいお言葉で、感激しております。

          頭で理解していても、実際に行動に移してみるとうまくいかないことはたくさんあって、心と体のバランスを保つことの難しさを痛感します。

          とみさんがおっしゃる通り、「今出来る事をやるだけ」ですね。焦りは禁物とわかっていても、やっぱり焦ってしまうのですが、それは致し方ないことなので、自分をうまくなだめながらやっていきたいものです。

  3. はむ より:

    ナミさん
    こんにちは。今日も記事を読ませていただいています。

    仕事を休んで、病院に通って、少し回復したので仕事を再開して、
    信頼できる上司のアドバイス通り、少しずつ少しずつ。

    仕事量も調節できているし、気持ちの波はあるものの、なかなか良いんじゃないの?
    と思った矢先、また心の落とし穴にはまってしまいました。
    先週まではうまくいっていたのに、心も身体も頭も言うことを聞かなくなって、気がつくと職場の屋上に出て、「いまなら死んじゃえるかな」なんて考えていました。

    私がこんなだから、みんなに迷惑をかけている。でももし死んでしまったらもっと迷惑をかけてしまう。たくさん想像したからそんなこと分かっている、でも…。どちらを選んでも迷惑なら、いっそ死んでしまえば自分だけは解放されるのかな。

    とても自分勝手な考え方だと思います。でもそのときは、分からないものなんですね。

    昨日この辛い気持ちを、思い切って上司に打ち明けてみました。内心怒られるのでは、とビクビクしていたら、上司は私の手を握ってこう言ってくれました。
    「しんどかったね。ちゃんとここに帰って来られて偉いよ。辛くてもそれだけは絶対にダメだよ。辛いときは私のことを思い出して。大丈夫だよ。」

    こんなことを言われて、かえって泣けてきてしまいました…。
    死にたいという気持ちは、一度生まれると消すことはできないと思います。むしろ誰しも辛い時、度合いは違うにせよ
    「あー、もう死んじゃいたい!」
    なんて考えてると思います。

    「死にたいなんて考えしまう私は最低だ!死ねばいいのに!」

    いやいやいや…。上手にお付き合いして行こうではありませんか。
    手始めに私もおやつを食べることにします。

    • ナミ より:

      はむさん、コメントありがとうございます。

      気分の波は予測不能ですよね。油断した途端、大波にさらわれるという……。波乗りは本当に難しい。

      上司のお言葉、優しくて温かいですね。はむさんが素直な気持ちを伝えられたことも素晴らしいと思います。こういったことは相手を信頼しなければ話せないことなので、はむさんは心の美しい方なんだなと感じました。

      はむさんがおっしゃる通り、「死」にとりつかれてしまうと、なかなか頭から離れませんね。冷静に考えればわかるのに、死ぬことが最善の選択に思えてしまう。これはやはり病気の所業? 認知機能のエラーでしょうか。

      >「死にたいなんて考えしまう私は最低だ!死ねばいいのに!」

      よくよく見てみると、この形はすごく興味深いですね。まるで合わせ鏡。鏡に映った鏡の中に映った鏡の中に映った鏡……といった具合に自己嫌悪が延々と続きます。こんなふうに「死」の連打を目の当りにしたら、しんどくないわけがないですよね。そういうときは、おやつを凝視作戦でいきましょう。

      これから暑さが厳しくなりますので、どうぞお身体に気をつけてお過ごしください。

  4. rysh より:

    なみさん

    今、死ぬと言う気持ちから逃げられません。
    少し前までは夢があり目標がありました。
    生きていくための勉強をしようと思っていたんです。

    もう、何もありません。
    私には友達もいないし、何もありません。
    試験に合格するだけの実力もありません。

    死ぬことだけが私の希望です。

    • ナミ より:

      ryshさん、コメントありがとうございます。

      ものすごくつらい気持ちを抱えていらっしゃるんですね。

      苦しい日々の中で、夢や目標に向かって前進しようと決意されたこと、素晴らしいことです。そう思えた事実はぜひ大切にしてください。また気持ちが落ち着いたら、少しずつ始めればいいと思います。

      「何もない」と感じてしまうこともまたつらいですね。人のぬくもりを求めれば求めるほど孤独は深まります。

      こんなことを言うのは野暮かもしれませんが、ryshさんがおっしゃる「何もない」という言葉。具体的に何がないのでしょうか。「友達」や「試験に合格するだけの実力」の他にもないものがたくさんあるという意味でしょうか。

      ryshさんの基準はわかりませんが、数えてみると意外にあると思います。もしよろしければ、「ネットでコメントのやり取りをしたことがある人」として私も「ある」にカウントしていただければ嬉しいのですが、いかがでしょうか。あとは、自分の身体とか命とか。そういうものはカウントに入らないでしょうか。でも、私にとっては何より重要なものです。

      自分を否定する言葉を使うと、より一層苦悩が深まる気がします。例えば、「死ぬことだけが私の希望」を「死ぬことしか考えられないほどつらい」に言い換えるだけでも苦しさは変わると思います。

      ryshさんに穏やかな日々が訪れることを祈っています。

  5. マリー より:

    はじめまして、ナミさん。
    マリーと申します。

    初めてナミさんのブログ、読ませていただきました。
    私には仕事や職場での対人関係でストレスが蓄積し、心の負担が大きくなって、退職した経緯があります。精神科ではうつと診断され、今は病院に通いながら自宅で療養しています。
    会社を辞めて、嫌な環境から身を離せば心も落ち着き、元気になると思っていました。でも、そう簡単にはいきませんね。一度壊れたものはなかなかもとに戻らない。嫌なことを思い出し自己嫌悪に陥り、最初はうつなんかになって働けなくなった自分への憤りもあり、自分の存在価値を見出せず死にたいときもありました。今でも自己否定が強くあります。そのくせ認められたい願望はとても大きく持ってます。
    最近は夢を見つけ、それに向かって進みたいと思っていたのですが、「本当にこの道でやっていけるのか」、常に不安がつきまとって「えーい!つべこべ言わずにやるしかない!!」と思えない自分がいました。そんないつも不安にかられて前に進めない私がもどかしいのでしょう、母はずっと何かかにかと自分の人生経験に基づくアドバイスを投げか
    け続けてくれました。有難いことですが、ああだこうだと言われ過ぎて、少し疲れてしまいました。
    母はアドバイスもくれますが、私の過去の失敗を何度も話にあげて指摘してきます。それは受験のこと、会社のこと、恋愛のこと。
    言われる度、失敗の経験から得たものもあったのに全てが無に思え、私はダメな人間だと思い知らされます。ついには「キレイな言葉だけ並べて、偉そうに正論言ってるつもりかもしれないけど、自分のやってきたことはなんなの!!」と母に言われ、何も意見を言えなくなってしまいました。私は失敗しながらも経験の中で考えて、得た考えをもとに言葉を発してきたつもりだったのですが。私の得たものって何もないんだなって思い知りました。失敗から学ばないおかしな人間だったと思います。母に意見も言えなくなり、家族からも孤立して、この先どうしようかと思っています。死にたいと思ってしまいましたが、ただでさえ「あの子は本当にどうしようもない」と思われている中、「どうしようもないやつだ」と心配してくれているのに死ぬことも出来ません。なんだか今涙が出てきました。
    ごめんなさい、長文を読んでくださってありがとうございます。ナミさん、今日あなたのブログに出会って良かったです。また読ませていただきます。

    • ナミ より:

      マリーさん、はじめまして。つらい毎日の中でコメントをくださり、ありがとうございます。

      自己嫌悪に陥って、自身の存在意義を認められなくなると、生きることがどうしようもなく苦しくなってしまいますね。頑張りたいのに頑張れないという状態は本当にもどかしくて、自己否定はますます強まります。

      そんな中でも夢を見つけたとのこと。苦悩を抱えながらマリーさんは前向きに努力を重ねていらっしゃるんですね。現状を打開しようという強い気持ちがなければできないことです。

      が、何とか踏ん張って立ち上がろうとしているときに、過去の失敗を何度も指摘されるのは堪えますね。それはきっとマリーさんが一番わかっていること。自分で深く反省していることを何度もつつかれるのはおもしろくないものです。

      それでも、そんな厳しい言葉の中からお母様の真意をくみ取り、感謝の気持ちを忘れないマリーさん。つらい気持ちと闘っていることも含めて、マリーさんの複雑な心境がお母様にうまく伝わるといいのですが……。近くにいるからこそ見えにくくなってしまうものはありますね。難しいところです。

      大きな不安を抱えているときに受け取る周囲の人たちの言葉は心を揺さぶります。でも、マリーさんがおっしゃる通り、

      >失敗の経験から得たものもあった

      これは間違いありません。これまでの経験のどこかにマリーさんの適性があらわれていると思います。失敗だけでなく、マリーさんの長所をプラスの方向につなげていけたらいいですね。

      暑い日が続いていますので、お身体に気をつけてお過ごしください。マリーさんの心が少しでも軽くなることを祈っています。

  6. 小村井 より:

    なんだかつらくて「自分の存在 人に迷惑」で検索をかけて、一番上にヒットしたこの記事。このおかげですこし気持ちがラクになりました。ありがとうございます。

    • ナミ より:

      小村井さん、コメントありがとうございます。そんなふうに言っていただけて恐縮です。

      季節の変わり目ですので、どうぞご自愛くださいませ。

  7. まる子 より:

    はじめまして。
    初めてナミさんのブログを読ませていただきました。私と同じような考えを持った人がいることを知って、少し嬉しかったです。このブログを書いてくださったナミさんに心から感謝しています。ありがとうございます。不安だった明日に、少しずつ希望が見えてきました。また辛いことがあったときには読ませていただきます。

  8. 梨央 より:

    はじめまして。
    コメントの返信はされてないという事でしたが、聞いていただきたくてコメントしました。(すいません…。)

    正直、今すごく辛いです。
    生きてる価値もないし、
    存在してることが邪魔で、
    早く跡形もなく消えてしまえればどんなに楽かなって毎日毎日考えながら生きています。

    この前、メンタルクリニックに行きました。
    そしたら医者に
    “あなたは健康。精神の異常はないし、過去を乗り越えようと一生懸命頑張ってます”
    って言われて。
    それから消えたいと思ってる自分が甘えてるんだって思えて、
    医者の言葉が頭から離れないから「自分なんてダメな人間なんだ」って思えば思うほど私が間違ってるって思えて。
    そんな弱い私は誰も望んでいないからもっと強くならなきゃって頭の中でループループの繰り返しです。

    家族に話しても「そんな時は誰にでもある。特にその年頃ならなおさら」って言われるだけで、友達に話しても「私も」って言われてそれ以上なくて。
    誰からも理解されなくて苦しくて

    昔から誰にも愛されてなくて、
    いらない子だったから、本当は高校辞めたいけど、今頑張らなきゃ今度こそ親から見放されて、本当に嘘でも誰からも愛されない人になるって思ったら辞めれなくて
    学校にいてもいいように利用されるだけだし、本当に生きてて価値のない命だなってすごく思います。

    夜もなかなか寝付けないし、何もする気起きないし、でもどこかでプツって糸が入れたみたいに全部忘れられる時があって、その時は今までの自分と180度真逆で生きててよかったって思えるんです。
    でも、なにかの拍子に戻ってしまって…の繰り返しです。

    なみさんのブログ、当てはまるものは読ませてもらいました。
    涙が止まらなくて、私の心読んでるみたいにスパスパと本音当ててくし、理解してくれてる人がいる。って事ですごく気持ちが楽になりました。

    消えたいとゆう気持ちは毎日消えませんが、このブログに出会えてすごくよかったです。
    本当にありがとうございました!

  9. ふう より:

    はじめまして。
    現在行き詰っており、ネット検索しているところこちらのブログにたどりつき読ませて頂きました。
    僕は27歳で、大学卒業後は入った会社を3週間で辞めてしまい、その後バイトをしたりと転々としており、昨年は1年半年勤めていたスーパーで4月にバイトから正社員に登用してもらったにもかかわらず仕事を9月で辞めてしまいました。辞めた理由は労働時間やそこで働く人達との人間関係からでした。昨年11月に再就職したときもわずか3週間で辞めてしまいました。現在は無職です。
    最近、自分の存在意義や、何か自分がすることに罪悪感を感じてしまっています。
    同じような境遇の人達のブログを読んだりしていても、コメント欄で甘えとか未熟と書いてあり、その通りだと思い、しかし変われない自分は死ねと言われているように感じ取ってしまっています。
    そんな時、こちらのブログの数々の文言に救われました。
    ありがとうございます。

  10. なっぱ より:

    はじめまして。

    私はうつ病ではありません。
    ですがもう10年以上、ずーっと毎日「死んだほうがいい」と思っていきてきて、
    その中で前向きになるために、「他人に迷惑をかけるからというより自分が自分に生きていてほしくないだけだ」と結論を出して
    「クズはクズなりに生きていけばいい。頭おかしくたっていいじゃないか」と思って生きてきましたが
    ちょっと(いえちょっとではないのですが)仕事でポカやらかして落ち込んでて、
    料理したらまずそうだし実際まずいし、掃除したら余計汚くなるしで
    もうどうしたらいいんだー!ってなってました。
    人に話したいけど、巻き込むと自分が落ち込むし、結局望む答えは貰えなさそうだ、と思って、
    「望む答えってなんだ?」って思ってました。
    今日たまたまこの記事を見つけて、
    「あー、ただ大丈夫って言われたかっただけか」って気づいて
    そしたら涙がぼろぼろ出てきてしまいました。
    自分で「大丈夫」って言い聞かせ続けることに、ちょっと疲れてしまっていたようです。
    他人から言われたかったんですね。
    言っていただけて助かりました。
    有難うございました。

    とりとめなくて申し訳ございません。
    ひとまず感謝をお伝えするためにコメントさせて頂きました。

  11. まるま より:

    小学生の頃は努力すればまあまあできる優等生でしたが、歳をとる毎に自分の出来の悪さに気付かされて、頭も要領もすべてが悪い自分は一生懸命やってもどこかしらに抜けがあってそれによって周りに迷惑をかけてしまうことが本当につらくなんで生まれてきてしまったのかといつも思います。
    死にたいけれど死ぬのは道徳的にダメなのを知っているし、自殺したらそれこそ周りに迷惑をかけると思うと、ある日突然この世界からもみんなの意識からも消えてしまえたらしあわせなのになと常々思います☆

    ブログ色々な記事を読ませていただいて、心が軽くなる瞬間がありました。
    共感できるところがたくさんあってなんだか安心もしました。

    ナミさんの素晴らしいブログのコメント欄にこんないやなことを書いてしまうのはとても悪いと思いましたが、他に甘える場所がなくて吐き出してしまいました。

    ここ数日もう何もしたくなくて何もしていませんが、時間ばかり過ぎていくだけで何も解決しません。
    本当に怠け者で存在していることが申し訳ないし、疑問に思います。

    なんで生まれてきてしまったのか……

  12. あさ より:

    最近こちらのブログを見つけました。本当に自分がしんどくなるとこちらを見てなんとか生きています。
    私の気持ちと同じことが沢山書いてあるので、ありがたいのです。
    私は迷惑、役立たずで無価値で何も出来てなくて最低限の強さもなくて…と自分を全否定しか出来ず、ずっと一人怯えて意味なく耐えています。
    でもこちらのブログで、こういう風に思うことはつらいことなんだ、迷惑とかじゃないのかもと思えただけで泣けてしまいました。
    文章で抱きしめられたようで嬉しくて泣きました。
    多分また私はつらい考え方に戻ります。
    でも、一時でも泣けてよかったです。ありがとうございます。

  13. 五十の父ちゃん より:

    今日このブログを見て誰にも言えない事聞いてもらいたくてメールしました。57歳営業です。昨年9月に定年で辞める人間が出て、いきなり担当替えさせられ6月に鬱病と診断され11月の今も休んでいます。女房から生活費が底をついてきたから、行けるんだったら11月から会社行って、と言われそのつもりだったが会社には復帰マニアルもなく、社長に復帰の話をしたら医者のお墨付きが出て初めてどうするか考えるとの事。何かあった時医者に責任を擦り付けようという魂胆だと思います。会社としては自主退社してもらった方がいいような言い方です。俺が居なくなれば家のローンもチャラになるし、女房には色々と迷惑もかけているし夜勤の回数を増やしたりで一生懸命働いている姿を見るのが切なく涙が出てきます。

  14. 山本ひろ子 より:

    ナミさん、今の私の心境がそのまま書かれているようで、泣きながら読みました。
    「自分が生きてるだけで周りに暗い空気を撒き散らし迷惑をかけてる」
    もう25年間も毎年鬱を繰り返し、その度にどうしていいか分からなくなって、寝たきりになって迷惑をかけて…今もその最中です。「生きてるだけでいい」とよく言いますが、それは私以外のちゃんと価値がある人に向けられた言葉ではないか、と。
    それでも死ねずに49歳になりました。
    これを書いてて少し落ち着きました。
    ナミさんのブログを何度も読ませていただきます。ナミさんの存在に助けられました。

  15. 雪風 より:

    こんにちは、お久しぶりです
    私もそう思ってしまうことがあります。「自分がいるからみんなに迷惑をかけてる」って……
    それなら自分はいない方がいいのではないか?って。
    でも、それでもどこかで「生きていたい」と思ってしまう、矛盾した気持ちを持っているんです。
    昨日もTwitterで色んな人に迷惑をかけてしまい、自分が誰かを傷つけてしまうぐらいなら、消えてしまえばいいと思ってしまいました。
    でも…でも、Twitterでも私の事を好意的に受け止めてくれる人がいて…でもまだどこかで「私はいない方が」って思ってます…

    では

  16. ジュン より:

    はじめまして純と言います。読ませて頂きました。
    性別こそ違いますが、正に自分の事のように感じました。
    「死ねばいいのに」
    1日に何度もこの言葉を反芻します。自然に湧き上がってくるんですよ、過去の過ちと一緒に。何度でも。

    優しいって言われます。いいえ違います。きっと、自分が優しくされたくて、理解されたくて、認めて欲しいだけ。そのくせ、優しさを素直に受け取れないのです。真っ黒な性根を見透かされてしまいそうで。

    ただ愛されたいんでしょうかね。
    何の遺恨も無く、存在を消す方法が無いから何となく生きてます。
    限界は近そうだけど。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です