本当に「元気が一番」なのか

芝生の上のガラスの地球
「元気が一番」「健康第一」と切実に思うので、よく口にしてしまうんですけど、ある日ふと思ったんですよね、「本当に元気が一番なのか?」「本当に健康が第一なのか?」と。

大事であることには間違いないけど、それと同じくらい、あるいはそれ以上に大事なことももしかしたらあるのでは? と疑問が浮かんで。

で、自分にとって元気や健康と同じくらい大事なことって何かなと考えてみたんですけど、特に何も浮かばないんですよね。というか「元気が一番」「健康第一」って特に考えなく言っているだけなんだなーと気づきました。まぁ慣用句みたいなものですよね、決まり文句というか。

だから、別に正しいとか正しくないとかどういうふうでもいいんですけど、でも、とは言っても、元気や健康の他に大事なもの、自分にとって優先すべきことがあると知っておくと、迷ったときの一つの指針になるのかな、だとしたらちゃんと考えておくといいのかもしれないなと思った次第です。

自分にとって大事なもの。なんでしょうね、思いつくものは「この身」でしょうか、ってそれ元気や健康と同義と言えそうですよね。いや、ちょっと違うのか、でも、この身を大事にするってことは、健康を保つということだし、良い状態のことを元気と言います。同じじゃん。

他にないかな……うーん、やはり「命あっての物種」ってことになっちゃうんですよね。命より大切なものはこの世にあると思いますが、「自分にとって」と条件をつけるとやっぱり思い浮かばない。(関連:私のお気に入り。つぶやくとちょっと愉快になれる「ほっこりワード」

命につく名前を「心」と呼ぶ、と中島みゆきは歌っていましたけれど、元気とか健康とかもそのあたりの親戚なんですかね、それとも同一のもののある一側面なんですかね。まぁ、元気や健康は状態を表してるっぽいから、ちょっと違いますかね。いや大分違うか。

「命より大事な仕事はない」とはよく言われることです。私もそう思います。心からそう思うので、ブログにも何度か書いています。だから、「仕事に行くか、死ぬか」みたいな心理状態になっている人にはこの言葉を送りたい。頑張りすぎて心身を壊したら元も子もないんだよと。

でも、この世の中には、命より大事な仕事もきっとあるんだろうなと思います。職業を意味する仕事ではなく、使命に近い意味での仕事です。あとは正義とか仁義とか? これだけは絶対に譲れないという……誇りみたいなものでしょうか。これを成し得なければ意味がないんだ、というような? 私にはないので具体的に挙げることができないのですが。あ、「我が子が自分の命より大事」って人は多そうですね。うん、これだ。
 

で、結局、自分にとって何が大事なのか、はっきりとした答えは見つからないままなのですが、現時点において「元気が一番」「健康第一」というのは間違ってなさそうだなというのがとりあえずの答えです。「暫定1位です!」ってな感じですかね。もうね、痛くなければそれでいい、これが切実な思いです本当に。
 

まーここに書いていることは全部言葉遊びだなーという感じなんですけど、こういうことをぼけーっとしながら思いめぐらすのは嫌いじゃないのでOKです。実際には、全然言葉にならないくらいぼんやりとしています。そう、無為ですね、無為。

生命が枯れるまでは、やっていこうと、まぁそんな感じです。

というわけで、「元気が一番」「健康第一」。

みなさんどうぞお身体を大切にお過ごしくださいませ。

ほんと、それしかないです。

痛くないのが一番。

(……あ、また一番が増えた)

3 COMMENTS

アジサシ

そうですね。痛かったり、苦しかったりしても誰もそれを引き受けてはくれませんから。反対に、自分以外の人の痛みや苦しみを自分が変わってあげられないとも思います。
命があるから生きている。目的や意味なんてない。頭が行き詰まった時に、そう言い聞かせます。

返信する
u

私の元気の処方箋、更新ありがとうございます。
まさに、今朝すこぶれ体調が悪く(天気が悪いと落ちる様です)、「仕事かからだか」を選択して
悩みに悩んだ末、休む事にしました。

心も体も、本当に大事にしないとですね。

あー
休みの電話を職場に入れるの嫌だなー笑…
雑多なコメント失礼しました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です