好きなものを集めよう!メモ魔のWebスクラップ試行錯誤記

素敵な小物とスマホを持つ手
好きなものをスクラップするのって楽しいですね。切って、貼って、ズラリと並んだ様を眺めるのが快感です。

昔はノートに糊で貼り付けるアナログなスクラップを楽しんだ時期もありましたが、最近はもっぱらデジタルのスクラップ。スクラップというか、ブックマークというか、ただのメモ、取るに足らないつぶやき、でしょうか。

テキスト、写真、動画、音声などなど。

誰にも邪魔されない自分だけのスペースを確保して、自分だけが楽しむ。

フフ……(ニヤ

こういう時間が大事なんじゃないかと思います。

というわけで、今日はデジタルスクラップ帳として私が使っているツールを紹介します。

  • Tumblr(タンブラー)
  • Trickle(トリクル)
  • Slack(スラック)
  • Twitter(ツイッター)

このあたりの話が中心です。

最近はTumblrをよく使っています

思いついたらすぐメモる。何でもメモる。迷わずメモる。

そんなスタンスで長らくやっているのですが、どこにどうやってメモするか、いまだにルールが定まっていません。アナログのノートやメモ帳でさえもバラバラです。

そんな中、ここ最近自分の中でアツいのが、Tumblr(タンブラー)

テキスト、リンク、画像、動画、GIF、音声などなど、何でも投稿できます。ブログとSNSを合わせたような感じで、自由度が高いです。

ちょっとしたメモやリンクを共有するときなんかは、ツイッターが使いやすいのですが、140文字におさまらないことがけっこうあるんですよね。

その点、タンブラーは何文字でもいける(多分)。引用だろうが、学習メモだろうが、胸の内を吐き出した超長文日記だろうが、何でもござれです。

ツイッターと似ていますが、タンブラーはより自由で、ごった煮な印象。それゆえ無法地帯と化した界隈もあり、何となく敬遠していたのですが、久しぶりに使ってみたら「あれ、めっちゃ便利じゃん、超楽しい」となりました。

ネットの大海に埋もれがちなところも私好みです。

何でも投げ入れるSlack、手元でちまっとメモするTwitter

タンブラー以外で好きなのは、

このあたり。どれも使い勝手がよく、気軽に書き込めるので重宝します。

が、まだ迷いどころはあって、使い方が不安定なまま。

非公開でぼっち利用する場合のそれぞれの長所短所を挙げると、

Trickle (イメージ:つながりすぎないTwitter)
トピックごとに書き込める。シンプル
アプリ内に閉じているが、非公開では使えない

Slack (イメージ:高機能なLINE)
チャンネルで分けられる。エディタ機能が充実
△無料プランは制限あり(閲覧・検索が1万件までetc.)

Twitter
超メジャー。Twilogを使うと便利
△140文字制限。後から修正できない

あくまでも「自分だけが見るメモ」として使う場合の長所短所です。

デザインや設計?的には、トリクルが好きなんですが、完全非公開では使えないので、何も考えず思ったままを吐き出せないのが難点です(といっても、このゆるいつながりこそがトリクルの魅力、ここ重要)。なので、トリクルは当たり障りのないアクティビティログをつけるのに使っています。これはこれですごく便利なので満足しています。

スラックとツイッターの使い分けはできていません。ツイッターは、楽しいタイムラインを作ると時間を溶かしちゃうことが難点ですね。これはタンブラーも同様です(逆に言えば、体調崩して暇死にしそうなときには最適)。

ここ最近は、「捨てても構わないけど、ちょっと引っかけておきたいな」ぐらいの事柄をスラックに投げ込む感じです。独りでブツブツ言ってたりもします。

これまでに使ってみたツール

この他に使ってみたWebサービス、アプリの特徴(と感想)も簡単に紹介します。

Evernote(エバーノート)
万能メモ。超便利。
無料版で使える端末が2台に制限されてから疎遠に。

Notion(ノーション)
シンプルでデザインが好き。データベースとして。
高機能すぎて持て余す。無料プランは容量制限あり。

はてなブックマーク
お手軽ブックマーク。コメントは100文字以内。タグ付けできる。SNS感強め。

Pocket(ポケット)
何でもブックマーク。気軽にばんばん投げ込める。投げ込みすぎて読み返さず。

Gmailの下書き
使用頻度の高いサービスゆえ、とりあえずのメモに最適。情報の整理はしにくい。

LINE(ライン)
自分一人のグループを作って好き勝手にメモ&つぶやく。誤爆の危険あり。

その他
・メモ帳アプリ
・日記アプリ
・HDD、SDカード(画像を放り込む)

などなど。SNSはすべて非公開にして使っています。

それぞれに良いところがあるので、甲乙つけがたく、そのときの気分で使ってみたり、存在を忘れてしまったり、利用頻度に波があります。

多機能すぎると使わなくなる傾向がありますかね……。

最後に

というわけで、便利なツールはいろいろありますが、今回は言いたかったのは、「好きなものをスクラップする作業は楽しいよー」ということです。

ここで紹介したサービスはあくまでも手段。なのですが、私の場合、自分に合ったツール探しが目的になってしまうことも少なくなく、いや、まぁ、でも、それはそれで楽しいのでよしとしましょう(実はまだ試してみたいサービスがいくつかあります)。

まとめます。

Tumblr(タンブラー)
ストック型:いいね!なスクラップ帳
ことば、写真、イラスト、動画、各種リンクのスクラップ。あとから眺めたい好きなものコレクション。

Slack(スラック)
フロー型:何でもメモ帳
思いついたこと垂れ流し。迷ったらここに放り込む。きちんと保存するほどじゃないけど、念のためメモしておきたい情報。時系列で流しておきたいときに。

Twitter(ツイッター)
情報収集&メモ?

Trickle(トリクル)
アクティビティログ

しばらくはこんな感じの使い方になりそうです。ってこれ完全に自分用のメモですけど。
 

コレクションするのが好きな方、私と一緒にスクラップ&メモ魔になってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です