ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

俗世からの解放タイム!『タタド』式スキンケアが気持ちいい

 

水

洗顔後、化粧水をつけますか?

ここ数年、面倒くさがり具合に磨きがかかって、朝晩のスキンケアを怠っていたのですが、数日前から丁寧に化粧水をつけるようになりました。

化粧水を手のひらに数滴落とし、もう片方の手でサンド。手のひらの中でローションをあたためてから、頬にのせます。顔全体を包み込むように、優しく丁寧に。化粧水が肌の奥までジワジワと浸透するのをイメージしながら10秒ほど目を閉じて……じんわりじんわりじんわり……。

これが大変気持ちいい。

顔から手を放すと、「ほ~~~~ぅ」と軽く放心。もうちょっと正確に表記するなら「ほうぇ~ん」ですね、「Whe~n」。若干の「ここはどこ?私は誰?」感もありますから、ぴったりです。鏡の中の自分に「おかえり」と言いたい気分になります。

鏡で自分の顔を見るのは好きではありません。だから、何らかのケアをするときには、鏡にぐぐぐと近づいて、顔の部位のみを見ています。

でも、化粧水後の「ほうぇ~ん」のときには、鏡の中の自分をまっすぐ見ることができます。「なんだこの顔」「ブスだな」みたいな俗世の価値観から解放されたような心持ち、なのかどうかはわかりませんが。とにかく、ちょっとした解放感を得られます。

やり始めてまだ数日ですが、心なしか肌にハリが出てきた気がします。

まぁ、雑巾洗うような扱い方からゆで卵を優しく包む扱い方に変えれば、そりゃ必然的にそうなりますわな。

丁寧にスキンケアをしようとしたきっかけは、小池昌代さんの小説『タタド』を読んだことです。

50代の中年男がアロエ化粧水を顔に塗るシーンから物語は始まります。それがとても気持ちよさそうなんですよね。

物語の中ほどでも、化粧水を顔につけるシーンが出てきます。

海の見えるセカンドハウスに集まっった中年男女4人が、白ワインとおつまみでほのかに酔い、交代でみかん風呂に入り、アロエ化粧水を塗る。

「掌で頬を圧しじっと目を閉じる」4人。私も同じように、手で顔を包み込み化粧水がじんわり頬に浸透する様を想像していました。途中、一人が「なぜひとは、掌を頬にあてるとき、同時に目を閉じるのかしら」と心の中で問います。「ほんとだ!」って思わず言いましたよね、同じく心の中で。

試しに、目を開けた状態で手のひらを当ててみたのですが、味わいがまったく違います。目を閉じて、液体その他が浸透する様子をイメージしながら、無になるのが良いのです。

うつ状態に陥ると、身なりなんか全部どうでもよくなるし、お風呂にもろくに入れなくなります。これは自分がダメなだけだと思っていましたが、どうやらよくある話みたいです。

そのとき自分は化粧水を使っていたのか……? これ1本でOK的なものを使っていたような……記憶がおぼろげです。

こういうときにスキンケアは難しいよなぁと思いつつも、でも、こういうときこそ、試してみるべきなんじゃないかと。きっと何らかの変化を感じられるはずです。鬱で無感動ゆえに、何も感じない可能性も多分にありますが。

何にせよ、じんわりと心地よいので、おすすめです。ふだん化粧水を使ったケアをしていない人にこそ、ぜひ一度試してみてほしいなーと思った次第です。

 
<本日の一冊>
小池昌代『タタド』

川端康成文学賞を受賞した表題作「タタド」。美しい作品に出会うと、自分の言葉で汚したくないと思ってしまうのですが、こちらはまさにそんな作品でした。ほのかに漂う死の匂いが今も残っています。

 - , 療養中の過ごし方  ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

色鉛筆
うつ病回復期のモヤモヤ解消法 ― とりあえず今の気持ちを紙に書き出してみる

「うつ病回復期、何をして過ごせばいいの?」 そんなあなたにオススメしたいのは、自 …

ハートのデッサン
今後必ず役に立つリハビリ!写経・写筆で字の練習

前回、落ち込んだときは創作活動するといいかもね!ということをちょろっと書いたんで …

青空と色とりどりの傘
うつ病療養中の共感『ラジ&ピース』読書感想

今日は、絲山秋子さんの小説『ラジ&ピース』について書きます。少し長めの感想文です …

みずみずしいフルーツ
噛めば噛むほど元気になれる?!咀嚼にピッタリなおやつ決定戦

突然ですが、毎日ごはん食べてますか? 気分が落ち込むと食欲がなくなります。物を口 …

横たわるアザラシ
人生に絶望したとき味わいたいフランツ・カフカの言葉

好きな言葉があります。 いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。 ― …

3色のチェア
うつ病患者のための正しい休み方講座

うつ病治療を進めるにあたって、欠かせない「休養」。 いざ休もうと思っても、「一体 …

青空と黄色い向日葵
もう振り回されない!心からの満足を見つけて穏やかに過ごそう

先日『「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本』をご紹介しました。 イヤ~な気持ち …

窓辺のベビーティアーズ
乾いた心に潤いを。枯れにくい観葉植物ランキング

落ち込んでばかりの毎日。 心はからっぽ。 何も楽しめない。 そんなとき、私の心に …

母と子
人間関係のいざこざを改善する7つの方法

「誰も私の気持ちをわかってくれない」 「相手の非常識な言動が許せない」 「大切な …

もぐもぐハムスター
うつ病女子が読む、難病女子・大野更紗さんの物語『困ってるひと』

難病と闘う女子大学院生が書いたエッセイを読みました。 大野更紗さんの『困ってるひ …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です