「どんでん返し映画まとめ」に眉をひそめ、自分の影響されやすさを思う

この前、映画アプリで「次なに観よっかな~」といろいろ眺めてたときのことなんですけど、ぼけーっとしながら作品ページをスクロールしていたら、最後に作品まとめリストが載っていて、そこにこんなのがあったんですよ。

「どんでん返し映画まとめ」

で、作品写真が4枚どーん!

思わず「えぇ~」って。予期せぬネタバレ。よりによってタイトルにその言葉を入れますかと。

まあどんでん返し程度のキーワードならネタバレに含まれないってことなのかもしれないですけど、私はそうとは思えないので「いきなりバラしやがってこのバカチンが」と言いたくなりました。

だってねぇ、「あー今日はどんでん返し系の映画観たいな~」って探す人いますの? うん、いらっしゃるんでしょうね、そうですね、物語の楽しみ方は人それぞれ、どんでん返し作品まとめが役立つ人もいるのでしょう。実際いいねが結構ついていたし。「あっと驚くストーリー展開を楽しみたい」みたいな感じかな、そう思えば、わからないことはない。むしろネタバレありのあらすじを読んでから本編を鑑賞するという話も聞いたことがある、そういえば。それに件のまとめは自分用のメモとして作成しただけっぽい気もするし。

だから、文句は言いたくないのです。そんなところに表示されるって知らなかった可能性も高いし。ただ、もうちょっとうまいことやってくれよっていうね、せめてネタバレを匂わせるぐらいのワンクッションがほしい。一度ネタバレしたら、もうネタを知らない自分には戻れないのだから……!

幸いそのとき目にしたまとめの映画はすでに観たものだったのでセーフでしたけど。というか、ここまでネタバレやめて的な論調で書いてきましたけど、別にそういう仕掛けがあるとわかっていても面白いものは面白いから、そんなに気にしなくてもいいのかなとは思うんですけどね。

じゃあなんで私はネタバレを好まないのかなと考えてみたんですけど、多分ネタバレに限らず、作品に触れる前に情報を入れたくないというところが大きいんですよね。レビューにしても簡単な感想にしても、絶対に影響受けて引っ張られるとわかっているから。

自分の感性に自信がないし、理解力が乏しいので「こうだ」という意見も弱い。

だからこそ、何も知らない状態で、自分が何を感じるか、ちゃんと知りたいという気持ちがあって、感想をメモするときにも、全部書き切ったと思ってから他の人の感想を読むようにしています。そうしないと、他人の感想が入り込んでしまう。これって自分の言葉なのかな? と考えると自信がない。人の見方や言葉を借りてわかった気になるのは嫌だなぁ、それはできるだけ避けたいなぁと。

 
さて、「どんでん返し映画まとめ」ってタイトルでネタバレするのやめてという話はいずこへ。

これについては「見ないようにこちらで気をつけます」というアンサーにしておきます。
 

【映画にまつわるお喋り】
ダラダラして後悔しないための策:おうちで映画鑑賞
面白くない映画を観たら、これまでに観た作品すべてが大傑作に思えた

 

1 COMMENT

ま〜こ

初めまして
検索で流れ着きました。

素敵なブログですね
自分の病気と向き合い方が上手なのでお手本にしたいと思います。

もし暇な時にでも、ブログに来てください。
私は気まぐれで更新してます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です