たらればでより残念な未来を想像し自分を慰める行為はどうだろう

過去の自分を「愚かだ」「恥ずかしい」と思うのは、成長したからこそだ。

とか何とか言って自分を慰めることがあるんですけど、実際どうなんでしょうね。今の自分がいいのか悪いのかよくわかりません。

善悪の話ではなく、自分として満足できているかできていないか、自分的にイケてるかイケてないかという話です。

「今の自分はイケてる」とはまったく思いませんが、納得はしています。となると、イケてるわけでもイケてないわけでもない、というあたりがふさわしい答えでしょうか。

イケてないよりはイケてる方がいいし、できれば私もそうなりたいものです。でも、「今の自分はイケてる」と断言できる状態は、あまりイケてないとも思います。

「イケてる」以外の表現だと何でしょう、「カッコいい」とかですかね。

 
そう、私はカッコいい大人になりたかったのでした。

仕事ができるとか、思いやりがあって愛が溢れているとか、ウィットに富んでいるとか、自分に似合うものを知っていてオシャレで身ぎれいとか、笑顔がステキとか、そういう(普遍的な?)理想を叶えたい気持ちを持っていました。

今の自分、これと見事に正反対でウケます。「理想に向かってガンバルゾ!」と思っていた頃の自分が見たら、愕然とするかもしれません。ほんと、ごめんね……。

でも、もし私が、理想を叶えた自分になれていたとしたら……。

増長したんじゃないかという気がしてなりません。つけあがって高慢になる、そんな自覚もないままに。そこまではいかなくても、脱力している今の私を「努力不足でダメ」と判断する可能性は否めません。だって今でさえそう思うことあるんですもの(いや事実としてそうなのよってところは実際あるんですけど)。少なくとも、陰気でしぼんだ無気力状態の人間の気持ちを理解するのは難しいことでしょう。私はそういう人間なのです、残念ながら。

でも、私がかつて描いた理想を体現しながらも、おごることなく、立場の違う人の気持ちを慮り寄り添おうとする人もいます。感情任せにならず、必要に応じて冷静に筋の通った意見を出せる人、それを態度で示す人。ほんとにほんとに尊敬します。

もし私がつまづくことなく人生を進めていたとして、そういう人になれただろうか。想像できないなぁ。きっとダメだったろうなぁ。

だから、つまづいてよかったんだ。

とは思わないのですが、でも、結果としてそういうことになるのでしょうか。なるのでしょうね。残念な私には必要なことであったと。いやでもやっぱり痛い思いをしないですむなら、その方がいいに決まってる~。ズッコケて死んじゃったら元も子もないし~。

まぁ何というか、ただただ自分の人間性の至らなさにため息をつくというところでしょうかね。

でもでも、カッコよくはなくても、「絶対になりたくない大人」にはなっていないはずだから、及第点はもらえるかな。やっぱダメかな。

あーあ、少しでもましな人間になれるよう心がけます。

その一歩として、とりあえず、部屋の掃除をしましょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です