ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

「持つ者」を恨み羨む「持たざる者」の気持ち

 

キノコ

できる人はできない人の気持ちがわからない。
できない人はできる人の気持ちがわからない。

最近、そんなことをよく思います。

特に自分の能力の低さにウンザリしたとき。高い能力を持つ人のことを羨むと同時に、自分の低能っぷりを恨めしく思います。

ないものねだりの欲張り人間である私は、自分が常に持たざる者の立場にあると考えます。

でも、それは違います。

だから考えます。

できる人とできない人について。

持つ者と持たざる者について。

 

できる人の中には、できない人の気持ちがわからない人がいます。
できない人の中には、できる人の気持ちがわからない人がいます。

経験したことのない気持ちがわからないのは当然です。

できない人は練習することで、できなかったことができるようになるかもしれません。
できる人は不慮の事故で、今までできたことができなくなるかもしれません。

できると便利だし、できないと不便です。

でも、できないことが悪いこととは言えません。

そう考えると、こんな疑問が浮かびます。

「できることは良いに決まっていると思っていたけれど、必ずしもそうではないのかな?」

たとえば人を傷つける行為。これをできるのが良いことだとは思えません。

 

できる人ができない人に対して「なんでそんなこともできないの?」と言うことがあります。

できない人ができる人に対して「どうせあなたにはこの気持ちわからないでしょ」と言うことがあります。

どちらの言い分もわかります。

でも、どちらの言葉も聞いていて気分の良いものではありません。

お互いの関係に溝ができてしまうのは好ましい状態ではありません。

どうしたらその溝を埋めることができるでしょうか。

 

できる人は、たくさん努力したからできるようになったのかもしれないし、才能に恵まれたから当たり前のようにできるのかもしれません。

できなかった人は、努力しなかったからできないのかもしれないし、才能に恵まれなかったからできないのかもしれません。

環境が与える影響も大きいです。

どれか一つだけが要因となっているわけではなく、きっといろいろなものが複雑に絡み合っています。

だから、一言で言い表すことはできません。

できる人、できない人、それぞれに事情があります。

外野からは見えない部分があります。

自分の基準を適用することで覆い隠してまうものがきっとたくさんあるはずです。

「相手のことが理解できない」と感情が荒ぶったときは、自分の想像力の欠如を疑う必要があるかもしれません。

「理解したくないけど、相手が言いたいことはわかった」

そう言えるようになると、穏やかな雰囲気に近づけそうです。

 

私はしょっちゅう「自分は何も持っていない」と嘆きます。

自分が指をくわえて眺めている人たちが当たり前のように持っているものを持っていないと嘆いているのです。

でも、そんなふうに過ごしている私を羨んでいる人もいるのだと思います。

まったくそんなふうには思えないけれど、恵まれていることが当たり前の人間にとっては「できない」「持っていない」という状態がどんなものであるか実感できないので、わからないのです。

もしそれを責められたら……と考えると、私は消えてしまいたくなります。

でも、その反応は間違っています。消えなければいけないなんてことはありません。

ここでもう一度考えます。

もし、私が羨んでいる人が自分の恵まれた状況を心から申し訳なく思って「消えてしまいたい」と言ったら?

腹が立ちます。

自分や自分が持っているものを大事にしないなんて!

だからといって、「私は本当に恵まれている。ありがたき幸せ!」と感謝していたら?

しらけます。

本当に勝手なものです。

私もきっと誰かをそういう気持ちにさせているのだと思います。

だから何ってわけではありませんが、こうやって考えると、今ここにいる自分や自分が持っているものを大切にしなくちゃなと思い直します。

 

できることもあれば、できないこともある。

持っているものあれば、持っていないものもある。

 
このことを忘れると、不満だらけの毎日になってしまいます。

そんな毎日は楽しくないので、できるだけ事実をまっすぐに見つめたいなぁと思います。

たぶん上手にできないけれど、頭の片隅には置いておきたいなと。

自分が望む心のあり方はどんなかな? と考えれば、それなりに良い状態でいられそうですよね。

そんな感じでいきたいです。

ぼちぼちやっていきます。

 

 - 雑記・独り言  ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ブログ情報

  関連エントリー

リスザルの内緒話
とある井戸端会議より「やる気を出すための一番かんたんな方法」

ねぇ、ちょっと聞いてくださる? ここだけの話なんだけどね、あのね……(小声&周り …

heart
「うつ病は“心の風邪”ではありません」 啓蒙メッセージに込められた真意

今日は、私が一人で納得した話をします。 「『うつ病は“心の風邪”』って誰が言い始 …

カメラ目線で自分の筋肉をアピールしてくる外国人男性
スゴイ人たちに圧倒されて「自分は自分」と思えなくなったときの自己防衛日記

あぁ、どうしてこの世の中には素晴らしい人がこんなにもたくさんいるんだ! と嘆いて …

サツマイモのポタージュ
うつ病治療を続けるコツは「じっくりコトコト煮込んだスープ」に通ずる

「煮詰まっていますね……」 ある日の診察で主治医にかけられた言葉。 そう、まさに …

女の子と白い犬
よき理解者を求めるならば ~ポコ太みたいな相棒が欲しかった~

自分のことをわかってくれる相棒が欲しいと思ったことはありませんか? 私は小学生の …

デスクに置かれたマーケティング資料
ストレスまみれ?無趣味?共感の種や感覚のズレを楽しめる「生活定点」

博報堂生活総研(生活総合研究所)が公開しているサイトがおもしろいでございます。 …

空
うつ病による自死、人の悲しみを思いやる優しさを持ちたい

俳優のロビン・ウィリアムズさんが亡くなったというニュース。 何と言ったらいいか言 …

HAPPY NEW YEAR
2016年のテーマは「妥協」

あけましておめでとうございます。 旧年中はナミうつブログに遊びに来てくださり、あ …

丸められた紙くず
「理解できない」と言う前に自分の価値観が凝り固まっていないか考えたい

人の非常識な言動に腹が立つことはありませんか? 「あの人の神経が理解できない」 …

白タンポポ
たんぽぽ白鳥久美子先生に学ぶ、しんどくならない考え方

昨日、何気なくテレビを見ていたら、たんぽぽの白鳥さんが結婚しない理由を問われて、 …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です