希死念慮をなくす方法を考える

コウノトリと空
私には死を望む気持ちがあります。

希死念慮といっていいのかわかりませんが、この言葉で説明されるものに当てはまりそうな漠然とした願い。

この身から早く自由になりたいよ~、安らかな眠りにつきたいよ~、永遠に~というキモチ(カタカナ表記にすることでJ-POPっぽくなるのではないかという試み)。

精神的にダメダメになると、これがかなり切実なものになります。

「希死念慮をなくすにはどうしたらいいのかな」と考えて最初に思いついたのが、「死ぬ」。願いを叶えてしまえば、それを渇望する気持ちを持てあますこともなくなるよねと。

実に不健康な精神状態です。もうそんな状態が10年くらい続いているんじゃないかという気がします。いや、たまに躁っぽい感じの時期があったり、普通っぽい時期があったり、変化はあったと思いますが、少なくとも「生きたい」「死にたくない」と思ったことはありません。

「希死念慮をなくすにはどうしたらいいのかな」と考えてみたといっても、別に希死念慮をなくしたいわけではない。いや、なくせるものならさっさとなくしてYeah! めっちゃホリディウキウキな夏希望と歌い出したくなるような毎日を送りたい気持ちもあるのだけれども、そうなったらなったで心配だし、現状維持でまぁいいですぐらいの投げやりな感じでやっています。

じゃあ、希死念慮とうまく付き合っていくためにはどうしたらいいのか。

人にそう相談されたら、楽しみを見つけるとか、好きなことに熱中するとか、親しい人や好きな人たちと一緒に過ごすとか、そういう答えを出すだろうと思います。そしてこれらの答えは適当だと考えます。適切かつ妥当です。

しかし。自分がそのアドバイスを実行しようと思ってもうまくいかない。

なぜならば、そういった行動を起こすだけの気力がないからです。これは由々しき問題です。ってただ由々しきって言いたかっただけですけど、なかなか容易じゃないわよねってことには違いなく。

「誰でも死にたいと思ったことは一度や二度はあるだろう」的な文言をよく見聞きします。慢性的な希死念慮を抱えている人もけっこう多いんじゃないかと思います。病気の症状でそうなっているケースはもちろん、個人的な問題から、あるいは、社会的な問題が複雑に絡んでいることもあるでしょう。

話を聞いているだけでしんどいなーと思います。他人事なのにしんどいなーと感じるって相当なのではないでしょうか。当事者のしんどさはいかほどか。

なーんかわからないけれど、ニュースを見ていると、弱者は死ねと本気で思っている人がいるんだなー、きっと自覚さえないんだろうなーと力が抜けます。私に闘う力があればなーと思うこともあります。

しかし、私には立ちあがる力すらない。すっかり疲れてしまいました。

「願っているだけじゃ何も変わらないよ」と言われたって、息を吸って吐いて生命を維持することで精一杯の人間にできることといったら、願うことぐらい。

私はただ自由を願うのみ。願いが叶うまでは、素敵なものをがんばって探すのみ。素敵なものって自分が思っている以上にたくさんあるはずですものね。

「願いは叶う」

確かに、希死念慮は必ず叶いますよね、なんて言いたくなってしまうほどには疲弊している今日この頃です。

こういうときは休むに限る。

しかし、休むといったってなんちゃらかんちゃら……

6 COMMENTS

あたま

更新ありがとうございます。
たまに、吉本新喜劇を見ると気がはれます。

返信する
みつき

ナミ様

お邪魔いたします。

そういう時って、ほんとーっに寝るしかないですワタシ。
「人の形を保っている」だけで精一杯。

ただ私は、どちらかというと「希死念慮(死にたい)」というよりも、
「生きてなくてもいいかー」という感じになります。

「死なない」ということに常に抗っていて、はずみでそのストッパーが外れる感じ。

傍から見ればわからないですけど。

なんにせよ、しんどいです。

という散文を残して、失礼いたします。

返信する
エマ

わたし 最近わりと元気になってたんですけど…、
今そうゆう気持ちで落ち込んでいます…。
なんとか毎日をつないで死のゴールまでがんばりましょう。(前向きな気持ちで言っています)

返信する

うわぁ、こちらの文章に廻り合い、気持ちがふっと楽になりました。死にたい気持ちが拭えないのは、私だけじゃないんですね…。

返信する
あんじぇ

はじめまして。
今年の1月末で会社を辞めました。
今は治療に専念しています。
この病気になって、色々調べて、このサイトに出会いました。
私も同じ双極性Ⅱ型とのことです。

会社を辞めた2月、3月の中頃までは軽躁だったのですが、
そこからずっとうつ状態です。
『希死念慮』ずっとありますね・・・
明日の朝、目が覚めないように・・・って、思いながら、毎晩寝ます。
今日は何もしたくなくて、急に涙が出てきたので、
久しぶりにナミさんのサイトを訪れました。
『そんな時は休む』と、あったので、その通りにしました。
半世紀も生きてきて、その半分は社会人として生きて来てわかったこと。
25年かかって、私には外で他人と働くことができない・・・と言うこと。
25年もかかりました。
おかげで、中身の空っぽな人間が出来上がりました。
このサイトには本当に助けられています。
ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です