ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

かなしい気持ちをすすいでくれる金子みすゞの静かな世界

 

花の蜜を吸うハチ

大好きな詩があります。

金子みすゞの「はちと神さま」。

この詩を心の中でつぶやくと、なんだか幸せな気持ちになります。幸せというより自由という言葉がしっくりくるかもしれません。

小さな生きもの、小さな風景、そこから世界が広がって、無限大を感じたかと思ったら、また小さな世界が現れる。

この詩を味わったあと、小さな生きものや風景は、小さなものではなくなります。

小さき存在の背景にあるものが見えてきます。

それは続く。いつまでも続く。

目に映る光景がスローモーションになったかのように感じられます。

金子みすゞが見ていた世界とは

金子みすゞは26歳という若さで亡くなりました。自ら死を選び、毒を飲んだといいます。

彼女の詩はきれいで素朴な可愛らしさがあるけれど、どこかほの暗くて、寂しさや悲しさを感じさせます。そして、根底には死の影があるように思えてなりません。

死の影といっても決して悪い意味ではなく、みすゞは生死をこえた部分を見つめていたのではないかという気がします。

そういう何かを感じ取ったとき、みすゞのすごさを思い知ります。彼女の有名な詩はたくさんあって、ポップに装飾されたものを気軽に受け取っていましたが、一人静かに詩集を読み返すと、まったく違う世界を感じられます。

悲しかったりつらかったり、暗い気分に支配されがちなうつ療養期間。そんなとき味わうのにぴったりな作品なのではないかと思います。

最後に

冒頭、「はちと神さま」の詩を引用しようと思ったのですが、どうも著作権がいろいろ複雑になっているようなので、やめておきます。一部を切り取ったらこの作品は成り立ちませんし、短いからといってまるまる写すのは引用と言えるのか微妙ですしね。興味のある方は、ぜひ詩集をお手にとってみてください。

「はちと神さま」を読んで思い出すのは「神は細部に宿る」という言葉。これもまた好きな言葉です。

細かいところで手を抜いてしまいそうなときや、「これくらいいいよね」と妥協したくなるとき、この言葉を思い出すと、丁寧に物事と向き合おうと思えます。

だからといって、全部完璧に仕上げようとするとまた疲れちゃうので、ちょうどいい頃合いを探りながら。

大事なところをきちんと押さえて、それ以外は流す。

そんな作法を身につけたいものです。

 

<本日の作品>

小学生のときに買ってもらった詩集。病気になってから引っ張り出して読み返しました。何度読んでも胸に沁みるものがあります。大切なことを思い出させてくれる作品です。

子供でもわかる言葉で、これだけの真実をコンパクトに表現しているのは本当にすごいですよね。私ももっとシンプルな言葉で美しさを語りたいです。……無理です。残念です。精進しますです。

 -   ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

派手な服
くだらない話を崇高に感じさせる、偉大なる大先生

「あなたは、家族の前で平気でおならをしますか?」 こんな問いを投げかけられて、あ …

イグアナ
「ツレうつ」細川貂々が描く、心が軽くなるマンガ『イグアナの嫁』

『イグアナの嫁』を読みまして。 イグアナの嫁 (幻冬舎文庫)細川 貂々 幻冬舎 …

ウィスキーと本
『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』鬱々とした心も癒せるだろう

最近出会ったお気に入りの言葉があります。 もし僕らのことばがウィスキーであったな …

本
己の生き方に自信がなくなったとき、私を励ましてくれる『舟を編む』人々

映画『舟を編む』公式サイト 先日、テレビで「舟を編む」が放映されていました。先に …

葉っぱの上で丸くうずくまるアマガエル
谷川俊太郎詩集『私』を読んだ私の感想

谷川俊太郎さんの詩集『私』を読みました。 私―谷川俊太郎詩集 posted wi …

花冠をかぶった女の子
良い子になろうと頑張ってきた人の息苦しさ・原因は何か?

前回、「良い子を演じるのに疲れた」という言葉の背景について考えました。今日は、「 …

色々なサボテン
14歳女子「なんてブスな私」―『辛口サイショーの人生案内』より

「ブス」という言葉の破壊力は凄まじい。 この言葉を聞くと、私は息苦しくなります。 …

もぐもぐハムスター
うつ病女子が読む、難病女子・大野更紗さんの物語『困ってるひと』

難病と闘う女子大学院生が書いたエッセイを読みました。 大野更紗さんの『困ってるひ …

温泉
ゆるい生き方読本『持たない幸福論』は心を軽くしてくれます

phaさんの新著『持たない幸福論』を読みました。 持たない幸福論 働きたくない、 …

あしあと
命の崖っぷちを知る堂本剛さんが語る、強く美しい言葉たち

今日は、私がうつ病と診断され、絶望していたときにくり返し読んだ本をご紹介したいと …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. Ruri より:

    ナミさん、いつもありがとう♪
    元気を貰いにきました。
    この記事の本や今まで紹介されていた本など「今度読みた~い♪」…って思いながらナミさんの文章読んで更に癒されてます。
    紹介してあった曲なども聴いてますよ~(*´∀`)
    すぐ気になっちゃうんです♪
    ミーハーなのかな…(笑)。
    いつもありがとうございますです(о´∀`о)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です