ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

マイナス思考をストップ!悲しみを一時的に消し去るおまじない(気休め)

 

春、白いスカートをはいた裸足の女の子

うつ状態に陥ると、悲観的な考えを切り替えるのが難しくなります。

悪い方悪い方に考えてしまう心の状態に気づいても、なかなかそれをストップできないんですよね。

クッと踏ん張ることができないのは、エネルギーが低下したうつ状態だから仕方ないとも言えるわけですが、だからといって、ネガティブ思考のループにはまってしまうとしんどい。

ぐるぐるぐるぐる同じ思考をくり返してはガックリと肩を落とす。

どうしたらこれをやめられるのでしょうか。

今日はその答えの一つを見つけたので、紹介します。

ある日実行した思考をシャットダウンする行動

私はもうダメだ
何をやってもダメ
あれもダメこれもダメ
これまでの人生全部ダメ
私は腐った人間
迷惑な存在
どうしようもない
もはや救いようがない
もう終わってる
早く上がりたい
とっとと土に還るべきだ

……といった具合に、好ましくない考えに支配されることはありませんか?

ウンザリするような否定ワードで脳内がいっぱい。

次々に湧いてくる考えは止められないし、気が滅入ってリラックスモードに移行する気力さえない。

はぁ。

ある日そんな状態に陥ってしまいました。比較的穏やかになれる入浴中も落ち込みMAX。

「このままではいかん!」と思った私は、ある言葉を唱えてみることにしました。

 
「人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい人生は素晴らしい…………」
 

すると、あら不思議。見事な虚無が訪れたのでした。

雑念を消し去るお手軽アクション

落ち込みスパイラルにハマったとき「人生は素晴らしい」とひたすら唱えると無になれます。

別に素晴らしい気持ちにもならないし、つらさが倍増することもありません。

一種の瞑想状態でしょうか。以前「ガチガチの心と体をふにゃっとさせる瞑想のコツ」で書いたマントラとしての効果を発揮したのかもしれません。

唱えているときは、「人生は素晴らしい」という言葉に意味を見出しておらず、ただの呪文になっていました。となると、唱える言葉は何でもいいんでしょうかね。

いやでもやっぱり、ネガティブな状態に肯定的な言葉をかけ合わせたのがよかったのかなとは思います。

なぜなら、ネガティブな言葉を唱えると、そこにガッツリはまってますます悲しくなってしまうから。

悲観的な考えはダメダメ状態にぴったりフィットするので、説得力がすごいんですよね。「ダメ」「私なんか」という言葉がトリガーとなって、どうしようもなく泣けてくるし、完全に絶望的な気分になってしまいます。

だから、そのマイナスを補正するためにプラスを取り入れる。

私にとってのプラスが「人生は素晴らしい」なのでした。

まあ、適当に思いついた言葉を唱えただけなんですけどね。

「私の人生は絶望に満ちている」と唱えるよりは、いい感じに無を保てます。ちょっとばかし頑張りが必要ですが。

マイナスにプラスを注いでゼロに近づけるお仕事

「人生は素晴らしい」と唱えて雑念を消し去るライフハック(ドヤァ)

とか何とか言ったって、これっぽっちも「素晴らしい」と思えないときは効果がないかもしれません。

むしろ、どう考えてもそう思えない状況で「素晴らしい」とか言うのは逆効果っぽいですよね。

私の場合で言うと、「私は私を愛しています」「自分が大好き」系の言葉がそれに当たります。口に出したら気持ち悪くてゲボ吐く勢いの言葉。

だから、心から思えなかったとしても、「一応そう思ってるよ」ぐらいの肯定ワードが良いのでしょうね。

そういう意味でも、「人生は素晴らしい」は、なかなか否定しづらいのでよさげです。

だって、「素晴らしい人の人生は素晴らしい」と思ったら、その通りですもんね。

ギャグのつもりで言ってもいいと思います。全然面白くない親父ギャグのノリで。

実際、私の中で「人生は素晴らしい」はギャグの位置づけです。「人生最高ー!」とか「絶好調!」とか、現状と裏腹なことを声高に叫ぶギャグです。楽しいですね。

とにもかくにも、堂々巡りのマイナス思考を一瞬でも止めることができたらOKです。

関連するお話を「悲観的なときに不快感を抑える方法」でもしています。「ネガティブワードもポジティブワードも口にしない」と書いていますけれども。ポジティブワードというより、キラキラワードと言った方がしっくりきますかね。

最後に

ネガティブ思考の悪循環にハマったときは、気分を切り替える行動で対処。

対処行動を起こすことさえ難しいときには、完全に思考をシャットダウンして、何も考えない状態に身を置きましょう。

リラックスできるのならそれがベストです。たとえば「元気が出ないとき試したいお手軽リラックス法」で紹介したような方法や、音楽プレイヤー電源ONなどのワンタッチアクションも◎。

でも、なかなかそうはいかないことも多い。

どうやったって、落ち込んだ気分から逃れられない。

そんなとき、「人生は素晴らしい」の念仏、よかったら試してみてください。

(仏や功徳を思い浮かべるのが「念仏」? ちょっと違うかな……まあ苦しいモードをやり過ごす作戦の一つとして受け取っていただけたら幸いですという思い)

 - 気分が落ち込んだとき  ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  広告&関連エントリー

   管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

         

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です