人生が虚しくて、途方もなく寂しくて悲しくて苦しいと感じているあなたへ

自然の中で

今日は、生きることが虚しくて、毎日苦しくて、もうどうしたらいいかわからないという人とお話したい気分になったので、思っていることを書きます。

と言っても、本当に大変な境遇で過ごされている方にとっては私の言葉なんて鼻くそ以下だろうなとも思うので、結局いつもの自分語りです。

特に何か解決策があるわけでもありません。ただ、ちょっと伝えたいことがあったので、書き残しておくことにしました。

 

心優しいあなたに伝えたいこと

私は最近、鈍くなりました。

うつ病と診断されて治療をしている間や病気になる前は、生きることに疑問を感じてばかりの毎日だったのに。

「なぜ人は生きるのか?」
「私は何のために生きているのか?」

血眼になって探しましたが、納得できる答えは見つかりません。それどころか、自問自答をくり返すたびに虚しくなって、すべてが無意味に感じました。

こんな異常な世界じゃ、異常にならない方がおかしい。

ある小説の登場人物が言っていました。その言葉に少しだけ救われました。自分が感じていることはおかしくないんだと。

すべての人は死ぬ。これは真理です。

人が生まれて死んでいくこと。食物連鎖で生き物が命をつなぐこと。そういうことを考え出すと、我が物顔でのさばっている人類に腹が立って、その構成員である自分も嫌になります。きっと未来永劫続くものではないでしょう。地球だって、宇宙だって、すべてなくなるかもしれない。

その事実を直視している人は多くないように感じます。そんなことをいつも考えていたら生きることに疑問を感じてしまうから見て見ぬふりをする。それはある意味正しい姿勢です。

でも、私にはそれができませんでした。だから、毎日生きる意味を考えては虚しさを感じて苦しくなりました。「深く考えすぎだよ」なんて言われることもありましたが、別に深く考えていたわけじゃなくて、ありのままを受けとめていただけ。

人間の黒々とした部分に過敏に反応して、勝手に傷付いて。

それはつらいことなのですが、何も感じない人になるよりはましな気がしていました。いくら人生が楽しくても、人の痛みに気付けない人にはなりたくない。まして自分の言動で誰かを苦しめるようなことは絶対にしたくない。

意地になっていた部分もあったかもしれません。理不尽なことに対して「世の中そんなもんだよ」とわかったような顔をしたくなかったから。ヘラヘラ笑って誰かを傷付けるくらいなら、死んだ方がましだと本気で思っていました。

もちろん、今もその思いは変わりません。

ただ、とりあえず死ぬまでは生きていくことにしたので、自分の考えを世の中に適応させることにしました。私はその場所から逃げることにしたのです。

そうじゃないと壊れてしまうから。苦しくて生きていけないから。

最初は罪悪感がありました。真摯に生きている人たちを裏切るような気がして。

でも、「世の中矛盾だらけだ」と嘆いている自分だって矛盾だらけ。そう思ったら、虚しさを感じていることにも疑問を持ち始めました。「お前はただ自分に酔っているだけだ」と言われているような気がしました。

そうしている内によくわからなくなりました。

よくわからないので、できるだけ何も感じないようにしようと心がけました。考えないように考えないように考えないように。どうでもいいことを頭の中にいっぱい詰め込んで誤魔化しました。

そして今。

生きづらさを感じて苦しんでいた自分とは違う自分がここにいます。生きづらさがなくなったわけではありません。希望もないし「生きたい!」とも思いません。ただ、絶望しなくなりました。フラットな状態です。

これがベストな在り方なのかわかりません。いろいろなことを敏感に感じ取っていた自分が正しかったんじゃないかと思うこともあります。感じなくなるということは、人の痛みに気付けなくなるんじゃないかという恐れもあります。

でも、今の状態がダメなわけではないんだろうなぁと思います。真摯な生き方ではなかったとしても。

 

この世の中を生きるってことは大変。

虚無感に襲われたり、自分を呪って死を願ったり、生きることをやめてしまったり……。それは自然な反応のように感じます。まっすぐな心を持った人なら傷付かずにはいられない出来事が多すぎるから。

だからこそ、今こうして歯を食いしばって生きているあなたに伝えたい。あなたは立派です。苦しみに満ちた世の中で、哀しみに触れ、痛みに耐え、孤独と戦いながら生きている。

死を願いながら生きているあなたの誠実さ、心の美しさは価値あるものだと思います。誰が何と言おうとも、私はあなたを称えます。

そして、あなたのような人がいるという事実に私は励まされています。

29 COMMENTS

野球小僧

自分も世の中の汚いところ、ブラックなところに過剰に反応してしまいます。かと、言って自分が完璧なわけでは全然ないです。そこで矛盾した気持ちになります。だから、なんとなく生きていこうとか、気を楽にしようとか思います。でも、あんまり簡単なことじゃないです。
とても、共感したのでコメントしました。乱文すみません。

返信する
Pi

救われました。
自分の気持ちが、独りだけのものではなくなって、同じ気持ちでいる人も、実はたくさんいるのかもしれないと、感じることができました。
もう少し、がんばれそうです。
素敵なメッセージ…心から感謝です。

返信する
あさみ

色々な感情を抱えたり、苦しみを経験して今

生きやすく変えていけるように、薬を頼ったり考え方を変えてみようと意識してみたりする。
でもそれって、自分が自分で無くなってしまうの?今までの私はなんだったの?

と感じている状態です。
頑張れていた、何かいつもヤル気満々でいようとしてた私はどこにいってしまうの?
って…。

フラットだけどベストなのかは分からないという内容、心にぐっときました。
つい、どうしてもベストに持っていかないといけないと思ってしまうから。

ありがとうございます^ – ^

返信する
虚無

毎朝、目が覚める度まだ自分が生きていることに絶望して無理矢理体を起こして学校へ行き、そしてうるさい笑い声を聞きながらどうして笑えるんだと嫌悪感を抱き、そんな自分が大嫌いで、何度も何度も死にたいと喚いて周囲の人に軽く流されどうして皆理解してくれないんだろう。せめて一人でも良いから、私のことを理解してほしいと思い、行き着いたのが此処でした。

凄くビックリしました。誰も私の事を理解してくれないと思っていたので。どうしても死にたくなったとき、いつもここに来て泣いていています。
凄い救われています。いつもありがとうございます

返信する
たけ

よく、死にたい人へ向けた言葉を書いてるサイトあるんだけどいつも綺麗事ばかりで
腹立つんだけど、このサイトは良かった。
少し救われたというか、なんか俺の気持ちと一緒だって事でなんとなく共感して貰えた気がしました。

返信する
リリィ

なんか心に少しだけほんのり温かいものを感じました。
いつも私は悲しくて、虚しくて、苦しくて

まさにその通りでした。
それは物心ついたときから同じで
結局幸せとは無縁です。

今は精神科に躁鬱病ということで薬を飲み通っていますがやはりなにも変わっていません。

いつ死ねばいいのか。
いつ死ねるのかと思います。

いつになったらどんな風でもいいから楽になれるのでしょうね。

ありがとうございました。

返信する
けい

自分が周りを傷つけて腫れ物痛い引く人間として存在する私はどうしたらいいんでしょう
意見主張を我慢してでも長く持たなくてヒステリー(と言われた)起こしてその繰り返し
必ず人が離れていく必ず嫌われる
親しか話せない
親を失うのが怖い こんな自分が恥ずかしくて独り身で親不孝で情けない
クズで無能で人格歪んでてキチガイな私
のうのうと生きてる
会社行くしか日常がないけど人がいる限り人と一緒である限り壊して歩いてるよう
ひとりでは生きていけないけど虚しくて不安で辛くてイライラして感情も思考もなくしたい 何も感じなかったら人にまぎれて生きていけると思う

返信する
ダヴィンチのいた頃

どうしようもなくやるせなくて、検索していたら、このブログに到着。
一昨日から欝状態がひどくて寝たきりでした。
3ヶ月前には、自殺未遂しました。
それほど苦しくない日と、とても苦しい日、悲しい日、たまらない不安に襲われる日
を行ったり来たり。

貴女のブログ拝読してほっとしました。これからもお邪魔するかもしれません。

返信する
ザッツ

いつも救われています。ありがとうございます。私はとても弱く不器用で生きるのがものすごく下手です。

職場で、私が暗く、死にたいと言っている未熟な子供だから、私を全うな大人にしようと、近寄ってきた人がいました。その人には、色々とおもちゃにされ、屈辱をたくさん受けました。

私はそのために心が壊れ、少し仕事を休み、復帰しましたが、なんとか仕事だけをしている毎日が数年続いています。

その人は結婚し、今、妊娠しています。私はその人に、対人関係や恋愛などができないことを笑われたのです。そしてそれを未熟な理由と馬鹿にされて好き放題に心をかき乱されました。今も会社にいるときは嘲笑われ続けている気持ちになります。

お金もなく、転職するにももう気力がありません。
いつも仕事が辛くてたまらないけどただひたすら耐えています。何の希望もないです。

絶望しているのに死ぬのはダメだと、辛く苦しい時間をいつもいつも耐えている自分を褒めてあげようと思いました。
ありがとうございました。

返信する
ゆうき

みんなのコメントみたら自分なんてまだまだと思ってしまう。
この考え方が原因なのにね。久しぶりに泣くことができました。
ありがとうございます。

返信する
777G

虚しと感じた時 私はランニングします 走っている内に虚しさが消えます

おそらく虚しさを感じるということは 虚しを感じるれるほど時間がありやまっているからだと私は思います

貧し人は虚しさを感じません 彼らにそんな時間などありません なぜなら生きるのに必死だからです

虚しさを感じられるほど私たちには余裕な時間があることに幸せを感じています この余裕な時間を創り出したのは 私たちの親です
親は子供に幸せになってほしいのは当たり前な話 しかし私たちは彼らの努力を踏みにじって 余裕な時間を勉強ではなく 虚しさを感じることに費やしている

もし またあなたにそんな余裕な時間があるのなら是非自己投資してください 本を読むなり
新しいことに挑戦するなり行きたかった所へ行くなり きっといっぱいあるはずです ^_^

ちなみに私は体を鍛えることに時間を費やしたいます その理由としては デブだからです
人生一回ぐらいシックスパックになりたいからです

生きるとは戦いです 死を選択する者は戦いを放置するのと一緒です 親の努力踏みにじるのと同等です

生きる理由は人それぞれ 名誉の為に戦う人も居れば家族の為に戦う人も居ます

人生一回きりです 限られた時間の中であなただけのストーリーを創り出しください 死ぬ間際になって あっぱれと言えるような

返信する
ゆう

とても共感しました。自己矛盾と自分の幼さと。でも汚いことしても平気でいられる大人になんてなりたくない。
正しい事をしようとすると馬鹿にされる世の中。阿呆な私を利用しようとする汚い人たち。本当になんなんでしょうか。
正直物が馬鹿を見るとはこの事でしょうか。

乱文失礼しました

返信する
みり

今の社会に絶望感を感じ 家庭でも孤独を感じています

人間は傲慢ですよね 地球は人間だけの物ではないのに、自分たちのエゴで
自然を壊したり領土を取り合ったり 戦地にしたり

時々 鳥を見ていると 思います
余計なもの一切持たず 地球も汚さず壊さず
人間がそうなれない「無」とか「空」の世界をいきています
地球で人間が一番 立派 なんて私には到底 思えません

返信する
虚無

傲慢とか我が物顔とかは虚しさに対しての理由付け。
それがあるから虚しいんじゃない。
ほんとうの虚しさの原因は別にある。
真理という言葉をお使いになる割にずれてる。

返信する
もと

あなたの言葉を聞けてうれしかったです。
同じ思いを抱くことがあったから、安心しました。
ありがとうございます。

私もありのまま、素直に言葉を発して生きていきます。
ありがとう。私はあなたの感性が好きです。
ありがとう。

返信する
ココロノアイ

全ての言葉がスッと胸に入って来ます。同じことを考えている方達がこんなにもたくさんいることにとても支えられます。本当にありがとうございます。自然から生まれ、自然へと還るその日まで。皆さんと支え合いながら生きていきたいと思います。生きとし生ける全ての物が本当の幸せになることを願います。
ありがとうございました。

返信する
ブショウ

ナミさん初めまして。
このブログを読ませていただき元気をもらえました。
職場の人間関係に悩んでおり朝がいつも憂鬱ですが、もっと気楽に考えようと思います。今は目標がなくとも、ただ生きるだけで充分なんだと思える気がしています。ありがとうございます。

返信する
ミー

ありがとうございました。
今日はとても辛く、苦しさに溢れた一日でした。涙はまだ流しきれていません。心の着地点も見えません。けれど、このブログを読めてとても良かったと思えています。
ありがとうございました。

返信する
かわさき

はじめまして。
色々ありました。
人生ですから…。
私は、そんな中、色んな言葉を色んな形で受け取ってきました。
その中の一つ…人の為に生きる事を学びました。
こんな世の中ですから…。
切ない事件もあります。
なので私は勉強をするために夜、大学に通って本当に学びたいものを見付けました。
40歳すぎて…。
本格的に学び、何かの役に立てたら人の役に立てたら…。
まだまだ先の話ですが…。
誰かの役に立てたら…。

返信する
b.a

今僕も筆者と同じ心境。虚無感を感じています。でも筆者さんとは違って不器用で、この痛みを避けることができません。
孤独が恐怖を感じさせます。
自分の心臓の音すら怖く感じて
恐怖に比例するように鼓動の速度が早くなり
苦しくなる

返信する
iruj

あなたの言葉を見て、自分自身と、忘れられない大切な人を、思い出しました。

ひとりひとり、みんな違ってみんないい、って信じてます。
森羅万象みんな、相対的でしかない。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です