ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

占いは信じないが適切な治療をしてくれる精神科医はいると信じている件

 

魔女の机

おもしろい記事がありました。

占い師と患者さんの話 | kyupinの日記 気が向けば更新(精神科医のブログ)

これを読んで改めて思ったこと。

・自己判断で薬をやめてはいけない。
・精神薬は敵じゃない。

向精神薬は、その人の「人生」及び「社会」を考慮し、デメリットよりメリットの方が遥かに上回るから処方されている

謎の占い師に身をゆだねるよりは、医療機関にかかった方が救われる可能性は高いと思われます。

 

占いって信じます?

昔から占いにはあまり興味はなかったんですが、うつの症状がひどかったとき、実はその占いに少し救いを求めたことがあります。ズバリ言う人とか大殺界とか。

当時は、病気がよくなるなんて1ミリたりとも思えなくて、何でもいいから心の支えになるものを探していたんですよね。

我ながらかなりの迷走ぶりです。

とは言え、占いや霊的なことを否定するわけではなくて。

人に迷惑をかけたりしなければ、何を信じようと自由。その人が「幸せだな」と思えるのなら、私は何も言うことはありません。「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる みつを」なので。

ただ、心が弱っている人を利用して金儲けしようとする人たちもいるので、やっぱり占いとかそういう系にはあまり良い印象は持てないのが正直なところ。

そんなわけで、数百円とはいえ「地獄に落ちるわよ」と人を脅している人に搾取されたという事実は私にとって黒歴史。

占いやスピリチュアルなものにハマる人の心理というのは、なかなか興味深いものです……。

 

迷える子羊だった自分へのメッセージ

もし、薬は身体に悪いから飲まない方がいいと思っている方、病院にはもう行かないと考えている方がいるなら、一考の価値ありですよということをお伝えしたいです。

その理由は、
・私は病院で薬物治療を受けて症状がよくなったから。
・患者思いの精神科医はたくさんいるから。

これだけでは、説得力には欠けるかもしれません。でも、医療は日々進歩しています。現在もさまざまな研究が進められています。ただ自分がラッキーだっただけかもしれませんが、私が良い精神科医に出会えたことも事実です。

なかなか不安は消えないかもしれませんが、今の苦しさが一生続くわけではありません。

いつか必ず笑える日が来る。

そんなふうには思えないかもしれないけれど、少しでもそう思えるようになったら、少しはつらさが軽くなるのかなと思います。

 

 - 体験談, 雑記・独り言 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

白タンポポ
たんぽぽ白鳥久美子先生に学ぶ、しんどくならない考え方

昨日、何気なくテレビを見ていたら、たんぽぽの白鳥さんが結婚しない理由を問われて、 …

切り揃えられた髪の女性
散髪が苦痛な理由 ― ウツな美容室難民が出した答え

前回書いたヘアドネーションの話題に関連して、今日は美容院の話をします。 「鬱な気 …

足を組む男性
人を信じることについて本気出して考えてみた

相手の不誠実な態度にガッカリしたことはありませんか? 人を信じるのが怖くて、疑心 …

雨に濡れるアジサイ
雨の降る日は好きですか?雨音を聞きながら私が考えること

梅雨ですね。 ジメジメして、薄暗くて、気持ちが沈みます。 でも、療養を始めてから …

ハート
愛とは何か?美しい語釈と耳に残る歌詞

先日、『秘密と友情』という本を読んでいて、目にとまった部分がありました。 秘密と …

ティータイム
アランの幸福論に学ぶ、悲しまずにはいられないときの対処法

日経ウーマンオンラインで新連載が始まるそうです。 新連載! 新訳で読むアランの『 …

ペンギン
途方に暮れたとき日記に記す言葉と、私にとって大事なこと

「一生懸命やってるんだけど、うまくいかない……」 そう嘆きたくなることはありませ …

路地
喜びなんて何もない?人生は苦痛の連続?満足感を得るために必要なこと

これまでの人生で楽しかったことは何ですか? と聞かれて、あなたはすぐに答えられま …

ソファから顔を出す猫
何の疑いもなく幸せを享受している人を見たときの惨めさを忘れる方法

自分がほしいと思っているものを当たり前のように持っている人を見て、何となく嫌な気 …

ひとしきり泣いたあと、記者の質問に耳をすます男性
野々村県議の号泣会見に学ぶ、痛いところを突かれたときの正しい対応

ブログで取り上げるつもりはなかったんですが、双極性障害のキーワードにこちらの記事 …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です