すべてはコンディション次第

パソコンを前に頭を抱えるお団子頭の女性
たまにこのブログを読み返すことがあります。

関連エントリをリンクするときに軽くチェックしたり、ネタが思いつかないときに「書きそびれてることないかな?」とヒントを探したり。

書いた内容は大体覚えているのですが、改めて読んでみるとおもしろいなーと思うことが多いです。「わかるわー」と共感できるからですかね、自分が書いたことだから当たり前なんですけど。思わずいろいろ読み漁るときもあります。

で、先日もちょっと読み返してみたんですね。

そしたらまーこれがひどい。誤字脱字や間違いばかりが目について、ゲンナリしてしまいました。

「なんなんだこれは」「私はこれからもこのような駄文を書き続けるつもりなのか」と思うなど。

定期的にナーバスになるんですよね、ブログに対しても。神経質というよりは、否定的になると言った方がいいでしょうか、とにかく「なんかもう全部ダメ」という気分になってしまうのです。

そういうときに物事を考えるとろくなことがないので、考えるのをやめました。いや、特に考えてなんかいなかったですけど、良し悪しの判断をやめようとね、したんですね。

いいんだ、生きてさえいればいいんだ。それでいいんだ。それが私の目標なんだと。

で、よくよく考えてみたら、ずっとそれでやってきたんだったなと思い出して。

「何を今さら言ってるんだ」とちょっと気持ちが落ち着きました。

そして、「いいんだ、いいんだ」と自分をなだめているうちに、「すべてはコンディション次第だな」と再確認するに至りました。

まぁすべてってことはないんですけど、そのときの気分や体調によって受け止め方は大きく変わるよと思っておくと、「なんかもう全部ダメ」と思ったときでも、悪い感じになるのを回避できますね。

多分こうやって調子の変動を把握できるようになったのも、ブログを書いていたおかげです。

続けているといいことってあるものですね。

ありがとう、ブログ。

そして、このような個人的な記録や吐露に付き合ってくださるあなたにも、ありがとう。

本当に、有り難いことです。

4 COMMENTS

みつき

香港で、血まみれの人がいる。
日本でのニュースでは報道されない(私が見ていないだけかも?)。

あれから8年も経つというのに、「自分のお家」に帰れない人がいる(私に出来ることを何もしないせい?)。

ご飯も食べらせてもらえず、ひどい仕打ちで命を落とされてしまう子供(ニュースで見るだけの私は悪い?)。

言葉は重いはずなのに、簡単に削除して、任命責任どころか「あんたら何言ってんの?」「あんたらが選挙で我々を選んだんでしょ?」「選ばれたんだから我々が決めていいでしょ?」「だって我々あんたらの代表だもの」

子供たちが何の背景も知らぬまま教育勅語を謳わされていたあの学校問題はどうなったのか?

自分のボーナスの金額が、少しだけ余裕のある世帯の年収であることを、果てには自分の月収金額で1年暮らす人がいることをあの人たちは知っているのか。

ボーナスなんて出ない職場で働いている人がいることを知っているのか。

そもそも借金しないと回らない会社でボーナスが出るということがおかしいと思う人はいるのか。

消費税が5%のとき98円の品物に100円出せば2円のお釣りだったのに、8%になったら、5%課税後の品物に8%課税になって結果的に合計で13%の消費税額を負担させられているのはおかしいと思う私が、おかしいのか(本当なら98円から5%引いた金額に8%足されるべき)。

無料と謳いユーザーがプレイやウオッチングするという行為の外側で、お金が発生していると認識しているユーザーはどれくらいいるのか。

ポイントカードの一元化で一見得するように見えて、実は自分の趣味・趣向・行動までがデータとして残り、それが自分の関与されないところで第三者に使用されているということに恐怖を感じる、私がおかしいのか。

就労もせず納税もせず、毎日毎日呼吸し食べて排泄して風呂に入って寝るだけの私は何の役にも立たず、私が消費している分のエネルギーを誰か自分以外の人に渡したほうが世のためになると思えて仕方ない。

私はここを自分の思いの捌け口にしているだけなのかもしれない。
ごめんなさい。
私は弱い。
もっともっと頑張らないと。
もっともっともっともっと。

これがいけないとわかっているけど。
調子が悪いと寝ている間に世界が日本が我々が、もう引き返せないところまで行ってしまうような気がして。

日本が、おかしくなっても、よその国は助けくれない。
憲法を自分の思うように書き換えたい人は、書き換えた後に起きた事その責任を取るとは思えない。
戦争。
言い出す人は、自分が戦場に行かない人。
命。
落とす人。
落とされる人。

私が嫌なのは、自分が死ぬことじゃない。
嫌なのは、
「他人を殺すことが合法になる」こと。
合法で戦場に行かされた人の手が血に染まり、それが当たり前だと思うようになってしまうこと。

そんなのは絵空事だと、考えすぎだと、思う?
自分の手が血に染まっても、そう思える?

最近思う。
戦時中ってこんな感じだったのかもって。
おかしいと思う人・発言する人は、いた。
この戦争は負けると思う人もいた。

でも、止められなくて止まらなかった。

今の状況は、それと違うと言い切れるのか。

ナミ様へ

不快なコメント、ごめんなさい。(←謝るなら全世界に向けて書くな
このコメントは承認してもして頂かなくとも構いません。
「めんどくせぇーの来たーっ」と思われても仕方ないコメントですもの。
多分落ちてるだけです。あはは。

頓服薬飲んで寝てろ自分。
どうせ何の役にも立たないんだから。

返信する

ナミさん、こちらこそありがとうございます。

ナミさんのブログに出会えて、かなり気持ちが楽になりました。

死にたい気持ち、そんなにも辛い気持は、脳のエラーだと。

少し客観的に見られて、かなり心が軽くなりました。

本当に本当に、感謝しています。

長生きしてくださいませね。

返信する
あたま

更新ありがとうございます。
雑記なので私も雑記です。
7月3日なので、ナミさんの誕生日なのでは、?(笑)

返信する
みっちぃ

このブログで印象に残るワードは「どうでもいい」です。(2018年1月記事)
昔、ある女性に言われました、
「悩みすぎ、もっとバカになった方が、みっちょさんの人生、楽しいと思う」

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です