ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

やる気が出ず、不安や焦りを感じたとき思い出したいこと

 


不調のときにアレコレ思い悩んでも、ろくなことはありませんね。

心や体が弱っているせいで、ちょっとのことで気持ちがグラつきます。ネガティブ沼にもハマりやすいし、抜け出す力も尽きていることが多いです。

だから、焦ってどうにかしようとせずに、機が熟すのを待つのが得策。
 

これが多くの人に当てはまるのかはわかりません。

ただ、私自身の経験をふり返れば、間違いなくそうだと言えます(双極Ⅱ型障害と診断されている私は、基本的に鬱寄りモードが大半だと認識していますが、ここで書いている内容は、うつと軽躁の波があるからこそ言えることなのかなとも思います)。

やる気や元気は、辛抱強く待っていると復活します。自分が期待するほどではないけれど、ちゃんと戻ってくるんですよね。

回復すれば、ネガティブ思考も自然とましになるし、感情に流されて冷静に考えられなくなることも減ります。

このことを理解して、ダメなときは余計なことを考えずに待つべし。

「ダメだ」「もう無理」のまっただ中にいると、これからの人生ずっと「ダメで無理」な状態が続いていくように感じるけれど、最悪の状態がずっと続くわけではない。いつかましになる。

もちろんましな日がこない可能性もあるわけですが、これまでの経過を観察する限りでは、ましになる可能性が高い。

だから、波を待つ、風を待つ、そんな感じで待っていよう。荒波、暴風のときに抵抗したって、のみ込まれて吹っ飛ばされて終わりだから。

そう自分に言い聞かせて。

弱っているときって、どうしてもダメなところにハマっちゃうんですよね。まるで吸い込まれるみたいに。

そうなるともうどんなに頑張って考えたって、ろくなことにならない。考えているつもりが、同じ答えをこねくり回して、不安や焦りを増長させているだけってことが多い。

それなら何も考えず、呆けて寝ていた方が何倍もまし。

 

……ということを何度も何度も学んでいるはずなのに、すぐ忘れてしまいます。

落ち込みスポットにハマると無理なんですよね。

それはもう仕方ない。

学習能力がないとかそういう話じゃないのです、きっと。

痛いときは何を言ったって痛い以外感じられないのと一緒。

一緒じゃない気もするけれど、「仕方ないよ」と自分に言ってあげることで、自分をいじめるネガティブ思考に支配されるのを防げます。

ウツな人の落ち込みは、痛みと似たようなもの。ということにして、受け入れましょう。

ってこういう話、本に書いてありますよね。

基本に戻って、入門書を読み直してみると、また新たな発見があるかもしれません。

大事なことは、何度も何度も確認して、やっていきましょう。

一度にすべてマスターすることはできないので、少しずつ、少しずつ。

焦らず、無理のないペースで。

 - 心をラクにするヒント  , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  広告&関連エントリー

   管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

         

Comment

  1. あたま より:

    更新ありがとうございます。
    そう言ってくれるナミうつブログ私には、ぜったい必要。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です