ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

「終わりよければすべてよし」から滲み出る価値観 ― 結果がすべてなのか?

 

花

「終わりよければすべてよし」

この言葉を聞いた瞬間、私の脳内ではこう変換されます。

「終わり悪けりゃすべて悪い」

誰もそんなつもりで言ってない。「いろいろあったけど、ここまで来られてよかったよね」、そんな意味合いで使われることが多いのだと思います。

でも、「終わり悪くともすべてよし」とは言いません。

料理を作るとき、下ごしらえが雑でも、最終的においしく仕上がればOK。そういう意味では「終わりよければすべてよし」です。でも、仕上がりがぐちゃぐちゃで不味ければ、どんなに手間をかけて具材を美しく刻んでもNGってことですよね? そういうときは「それもまたよし」と言うんですか?

「終わり」とは

「終わりよければすべてよし」の「終わり」とは、いつのことでしょうか。

先の例で言えば、料理が出来あがったとき。仕事のプロジェクトが終わったときや、人間関係のゴタゴタが収束したときも「終わり」と捉えることができます。

もっと長いスパンで使う人もいるでしょう。それは、人生。

「終わり」とは、死ぬとき。

あるいは、今。

人生の中で今日が一番若い日、みたいなやつです。

「終わりよければすべてよし」にモヤモヤするとき

私も「終わりよければすべてよし」と言うことはあります。でも、この言葉にふれたとき、引っかかりを感じることがあります。

どういうときにモヤモヤするのか。それは、この言葉を口にした人がよくなかった部分と向き合うことを放棄しているように見えたときです。別に結果オーライで問題ないんですけど、もし結果オーライじゃなかったらどうしてたんですか? と聞きたくなります。

「あーうまくおさまってよかった」と言えば、たぶん何も思いません。つまり、条件つきであることが気になるのです。「~ならば」と言われちゃうと、それに当てはまらない場合はどうなるんだろう? と気になります。

「終わりがよくなかったら?」

それでも答えが「すべてよし」なら、「よし」とだけ言えばいいことです。条件を示す必要はありません。反対に、「終わりがよくなければ、すべてよくない」と言うなら、その言葉は不用意に誰か(本人を含む)を傷つけてしまう可能性があります。

そもそも本当に「すべて」なのでしょうか? 結果がよければ、オセロみたいに「悪い」が全部ひっくり返って「よい」になる? よくない部分がなかったことになるのなら、そこから学ぶ機会を見逃すことになるかもしれません。

それもまたよし」と似ているようでちょっと違う。「終わりよければすべてよし」 は私をソワソワさせる言葉です。

今だから言えること

今の私はそれなりに「よし」だと言えますが、すべてを肯定することなど到底できません。

過去の自分が今の自分を構成していることはよくわかります。そういう意味では、自分というものを無条件に肯定すべきです。が、それでもやっぱり「すべてよし」と断言することには抵抗があります。せいぜい「まぁまぁ、いろいろありましたけど、よしとしましょうかね」と言う程度。

いや別に断言しても全然かまわないんですけど、やっぱり気になる部分(よくない部分)は少しでもよくなるようにチェックしなければいけないし、きちんと向き合えば向き合うほど「すべてよし」とは言えなくなるよね、という思いがあります。だって完璧はありえないのだから。

もし「終わりよければ」の終わりを今と捉えるなら、今悪い状況にいる人は悲しい気持ちになりはしないだろうかと想像して寂しくなることもあります。

失敗を糧に、同じ間違いをくり返さないよう努力を続けた結果、自分の目標を達成することができた。そういう人が口にする「終わりよければすべてよし」は納得できるな、と思ったところで気づきます。そういう人は「終わりよければすべてよし」とか言わなさそうだよね? 

終わりとは?
本当にすべてなの?
結果がよくなかったら?

これらの疑問は、自分が何に価値を見い出すか知るためのヒントになるのではないかなぁ~と考えています。

 - 雑記・独り言 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

足を組みカップを手にする女性
劣等感や卑屈な考えや被害妄想が発動したとき自問したい言葉

周囲の人に見下されていると感じることはありませんか? 私は常に見下されているに違 …

キノコ
「持つ者」を恨み羨む「持たざる者」の気持ち

できる人はできない人の気持ちがわからない。 できない人はできる人の気持ちがわから …

ティータイム
アランの幸福論に学ぶ、悲しまずにはいられないときの対処法

日経ウーマンオンラインで新連載が始まるそうです。 新連載! 新訳で読むアランの『 …

「頑張れない」無気力感に支配された日の日記

頑張れない。やる気が出ない。働きたくない。何もやりたくない。好きなこともない。夢 …

帽子を深く被る男の子
知識や経験が少ない人を貶めることで優位に立とうとする態度について

「あなたは世間知らずだ」と言われることが嫌でした。 世間知らずはとっても恥ずかし …

犬とキスする女の子
自己肯定感を高めるためにはどうしたらいいか考える際に参考になるブログ

「自己肯定感」に関するブログをいろいろ読みました。 今回ご紹介させていただくのは …

ハンバーガーとポテト
アメーバとゴキブリと人間の命

「アメーバになりたい」 そう願った時期がありました。 生きていることが苦痛。自分 …

レンズに向かって指さす男性
手前のモノサシで測って決めつけて押しつけるとどうなるか

人の悩みを「くだらない」と一蹴する人がいます。 そこまで強い言葉でなくても、「そ …

ひとしきり泣いたあと、記者の質問に耳をすます男性
野々村県議の号泣会見に学ぶ、痛いところを突かれたときの正しい対応

ブログで取り上げるつもりはなかったんですが、双極性障害のキーワードにこちらの記事 …

女の子と白い犬
よき理解者を求めるならば ~ポコ太みたいな相棒が欲しかった~

自分のことをわかってくれる相棒が欲しいと思ったことはありませんか? 私は小学生の …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です