ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

「終わりよければすべてよし」から滲み出る価値観 ― 結果がすべてなのか?

 

花

「終わりよければすべてよし」

この言葉を聞いた瞬間、私の脳内ではこう変換されます。

「終わり悪けりゃすべて悪い」

誰もそんなつもりで言ってない。「いろいろあったけど、ここまで来られてよかったよね」、そんな意味合いで使われることが多いのだと思います。

でも、「終わり悪くともすべてよし」とは言いません。

料理を作るとき、下ごしらえが雑でも、最終的においしく仕上がればOK。そういう意味では「終わりよければすべてよし」です。でも、仕上がりがぐちゃぐちゃで不味ければ、どんなに手間をかけて具材を美しく刻んでもNGってことですよね? そういうときは「それもまたよし」と言うんですか?

「終わり」とは

「終わりよければすべてよし」の「終わり」とは、いつのことでしょうか。

先の例で言えば、料理が出来あがったとき。仕事のプロジェクトが終わったときや、人間関係のゴタゴタが収束したときも「終わり」と捉えることができます。

もっと長いスパンで使う人もいるでしょう。それは、人生。

「終わり」とは、死ぬとき。

あるいは、今。

人生の中で今日が一番若い日、みたいなやつです。

「終わりよければすべてよし」にモヤモヤするとき

私も「終わりよければすべてよし」と言うことはあります。でも、この言葉にふれたとき、引っかかりを感じることがあります。

どういうときにモヤモヤするのか。それは、この言葉を口にした人がよくなかった部分と向き合うことを放棄しているように見えたときです。別に結果オーライで問題ないんですけど、もし結果オーライじゃなかったらどうしてたんですか? と聞きたくなります。

「あーうまくおさまってよかった」と言えば、たぶん何も思いません。つまり、条件つきであることが気になるのです。「~ならば」と言われちゃうと、それに当てはまらない場合はどうなるんだろう? と気になります。

「終わりがよくなかったら?」

それでも答えが「すべてよし」なら、「よし」とだけ言えばいいことです。条件を示す必要はありません。反対に、「終わりがよくなければ、すべてよくない」と言うなら、その言葉は不用意に誰か(本人を含む)を傷つけてしまう可能性があります。

そもそも本当に「すべて」なのでしょうか? 結果がよければ、オセロみたいに「悪い」が全部ひっくり返って「よい」になる? よくない部分がなかったことになるのなら、そこから学ぶ機会を見逃すことになるかもしれません。

それもまたよし」と似ているようでちょっと違う。「終わりよければすべてよし」 は私をソワソワさせる言葉です。

今だから言えること

今の私はそれなりに「よし」だと言えますが、すべてを肯定することなど到底できません。

過去の自分が今の自分を構成していることはよくわかります。そういう意味では、自分というものを無条件に肯定すべきです。が、それでもやっぱり「すべてよし」と断言することには抵抗があります。せいぜい「まぁまぁ、いろいろありましたけど、よしとしましょうかね」と言う程度。

いや別に断言しても全然かまわないんですけど、やっぱり気になる部分(よくない部分)は少しでもよくなるようにチェックしなければいけないし、きちんと向き合えば向き合うほど「すべてよし」とは言えなくなるよね、という思いがあります。だって完璧はありえないのだから。

もし「終わりよければ」の終わりを今と捉えるなら、今悪い状況にいる人は悲しい気持ちになりはしないだろうかと想像して寂しくなることもあります。

失敗を糧に、同じ間違いをくり返さないよう努力を続けた結果、自分の目標を達成することができた。そういう人が口にする「終わりよければすべてよし」は納得できるな、と思ったところで気づきます。そういう人は「終わりよければすべてよし」とか言わなさそうだよね? 

終わりとは?
本当にすべてなの?
結果がよくなかったら?

これらの疑問は、自分が何に価値を見い出すか知るためのヒントになるのではないかなぁ~と考えています。

 - 雑記・独り言 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

キーボードのメンテナンス
疲れ切った心と身体を正常に起動させるために必要なメンテナンス

先日、バックアップ用に使っていた外付けハードディスクにトラブルが生じ、仕方なくコ …

犬とキスする女の子
自己肯定感を高めるためにはどうしたらいいか考える際に参考になるブログ

「自己肯定感」に関するブログをいろいろ読みました。 今回ご紹介させていただくのは …

死神
妄想的な自己否定に注意!「ダメだ」と思ったとき唱えたい3つの言葉

今朝、焼き上がったロールパンをオーブントースターから出すときに、やけどしてしまい …

路地
喜びなんて何もない?人生は苦痛の連続?満足感を得るために必要なこと

これまでの人生で楽しかったことは何ですか? と聞かれて、あなたはすぐに答えられま …

おしゃれゴリラ
「欲しい服を買うお金がない惨めさ」のごまかし方

ファッションアイテムの盛大なセールが開催されていますね。 先日、ショッピングモー …

透明人間?
表舞台に立つ人が放つ威光の陰に隠れている人と共有したい話

最近、テレビを眺めながら、よく思います。 画面に映っている人たちの存在を私は知る …

メダル
うつ病研究で精神医学賞を受賞した樋口輝彦先生のお言葉から学んだこと

うつ病に関するニュースがあったので、それに関連していろいろ思ったことを書きます。 …

足を組みカップを手にする女性
劣等感や卑屈な考えや被害妄想が発動したとき自問したい言葉

周囲の人に見下されていると感じることはありませんか? 私は常に見下されているに違 …

ハート
愛とは何か?美しい語釈と耳に残る歌詞

先日、『秘密と友情』という本を読んでいて、目にとまった部分がありました。 秘密と …

足を組む男性
人を信じることについて本気出して考えてみた

相手の不誠実な態度にガッカリしたことはありませんか? 人を信じるのが怖くて、疑心 …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です