ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』鬱々とした心も癒せるだろう

 

最近出会ったお気に入りの言葉があります。

もし僕らのことばがウィスキーであったなら

村上春樹さんが綴るスコットランド・アイルランド旅行記のタイトルです。

ウィスキーをテーマに、その土地の美しい景色や人々の暮らしを紹介しています。写真とともに語られる自然や現地の空気が伝わってくる本です。

「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」

ウィスキーと本

続く言葉がまた印象的です。

もし僕らのことばがウィスキーであったなら、もちろん、これほど苦労することもなかったはずだ。僕は黙ってグラスを差し出し、あなたはそれを受け取って静かに喉に送り込む、それだけですんだはずだ。とてもシンプルで、とても親密で、とても正確だ。

なんと粋なセリフでしょう。私の口から語られることは絶対にないなと思いながら、何度も読み返しました。

村上さんは続けます。

僕らはことばがことばであり、ことばでしかない世界に住んでいる。僕らはすべてのものごとを、何かべつの素面(しらふ)のものに置き換えて語り、その限定性の中で生きていくしかない。

何かを伝えるとき、人は言葉を使います。それが「素面のものに置き換える」ことだというのは、まったくその通りだなぁと感じ入るところです。

自分の内にあるフワフワしたものを、伝わる形に置き換えた瞬間、別のものになってしまう。そんな経験はきっと誰にでもあるはず。言葉は便利だけど、万能じゃない。

ウィスキーで通じ合えるものは、言葉よりももっと深いものかもしれないと思ったら、今すぐ誰かとウィスキーを片手に語り合いたい気分になりました。

のんびりほっこり いい旅・夢気分

わざわざこんなことを言う必要はないのかもしれませんが、一応私の率直な感想を記しておくと、「酒飲めない。旅行行く金ない。とほほ」。そして、アルコール依存症の方には危険な本だなということ。いやはや、どうしても現実的なことが頭をよぎりますね。

元々私はお酒が好きで「いつか世界の酒を制覇するのだ」という夢を持っていました。が、薬を飲み始めてからアルコールを控えるようになり、かつての小さな希望も忘れていました。この本はそのときの気持ちを思い出させてくれます。残念に思う気持ちも一緒に。

ページをめくるたびに、ほろ酔い気分を味わえます。香りが漂ってくるようなオシャレなバーの写真、ウィスキーの魅力を伝える小説のような文章からも現地の雰囲気が伝わってきます。

村上さんはこの旅行記を「ウィスキーの匂いのする小さな旅の本」と言っていましたが、まさにその通りの内容でした。

インドア派の私は、これくらいの旅行気分で十分満足できます。のんびりほっこり良い旅となりました。

ちょっといいこと

緊張したとき、心がこわばったときは、「ウィスキー」と声に出してみてください。

自然と口角が上がりますよ。

ウ・ィ・ス・キー

 
<本日の一冊>

 -  

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

青空と黄色い向日葵
もう振り回されない!心からの満足を見つけて穏やかに過ごそう

先日『「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本』をご紹介しました。 イヤ~な気持ち …

青空と色とりどりの傘
うつ病療養中の共感『ラジ&ピース』読書感想

今日は、絲山秋子さんの小説『ラジ&ピース』について書きます。少し長めの感想文です …

あしあと
命の崖っぷちを知る堂本剛さんが語る、強く美しい言葉たち

今日は、私がうつ病と診断され、絶望していたときにくり返し読んだ本をご紹介したいと …

大自然の中で
惨めで息苦しい?疲れ果てた心を安心感で満たす秘訣

あなたが欲しいものは何ですか? それはどうやったら手に入れられますか? 見つけに …

コスモス
死にたい気持ちが近づいてきたら?吉本ばななが若者に伝える教え

「もう死んじゃいたいな」 そう思うことはありますか? 吉本ばななさんの本に、心身 …

日向を見つめるレトリバー
『ニッチを探して』を読んだら毎日の生活がちょっと面白くなった

島田雅彦さんの小説『ニッチを探して』を読んでから、日々の生活に変化があらわれまし …

水
俗世からの解放タイム!『タタド』式スキンケアが気持ちいい

洗顔後、化粧水をつけますか? ここ数年、面倒くさがり具合に磨きがかかって、朝晩の …

ランタンを見つめる文学美女
「全部自分が悪い」と叫ぶ君に捧ぐ、ある文豪の弁明『闇中問答』より

「私が全部悪いんです」 そんなふうに自分を責めていませんか? もしあなたが自分に …

美しい音楽が心を癒す『さよならドビュッシー』曲目リスト

小説『さよならドビュッシー』を読みました。 さよならドビュッシー (宝島社文庫) …

もぐもぐハムスター
うつ病女子が読む、難病女子・大野更紗さんの物語『困ってるひと』

難病と闘う女子大学院生が書いたエッセイを読みました。 大野更紗さんの『困ってるひ …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. 紙一重 より:

    先日、二年前に退職してからはじめて健康診査を受けてみたらびっくり。

    肝臓がボロボロ。

    在職中では異状はなかったのに。どこでどうなってこうなったか、記憶にない方が怖くなりました。

    おたがい、イメージがわかないですが

    想像上でカンパイしましょう。

    カンパイ!

    と言っても、いま朝ですけど。

    • ナミ より:

      紙一重さん、コメントありがとうございます。

      肝臓ボロボロ……、おぉぉ、怖いですね……。どうぞお大事になさってくださいませ。

      イメージなら朝でも夜でも自由に乾杯できますね。
      紙一重さんとの出会いにカンパイ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です