ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

疲れたときに口ずさみたい「僕の人生の今は何章目ぐらいだろう」

 

バグパイプを吹く人

不安だらけの毎日の中で、こんな状態がいつまで続くんだろうとため息をついていませんか?

何だか疲れてしまったとき、私の頭にはこんなフレーズが浮かびます。

「僕の人生の今は何章目ぐらいだろう」

ウルフルズのトータス松本さんが吉田拓郎さんに提供した楽曲です。

今はどの辺りだろう
どの辺まで来ただろう
僕の人生の今は何章目ぐらいだろう

ガッツ&パワフル魂でエンヤコラ明日へ大爆走することに疲れてしまった人、「明日があるさ」と前向きに考えられずに落ち込んでいる人と一緒に味わいたい曲です。

君の人生の今は何章目くらいだろう?

私の人生の今は何章目くらいだろう?

わかんないですね。80歳まで生きるとしたら、あと50年。まだ折り返し地点にも辿り着いていない。うーん、もうリタイヤしちゃいたいというのが正直なところですが。そうは言いながらもズルズルここまで生きてきたので、そんな感じでもう少し続けられそうな気もします。

絶不調だったときは「私の人生の今は最終章」とか言ってね。「人生終わった」と思いながら、最終ページのことばかり考えていました。

絶望からちょっと回復すると、46歳で死んだ叔母のことをよく想いました。ひとりで死んでいった彼女は何を思っていたのだろう。そんなことを考えると、少しだけ気持ちが解放されるような気がしました。「一般的な人生」とは異なるイレギュラーな事柄は私を安心させたのです。悲しみを含んだ不思議な感慨です。

あるときは、「梶井基次郎は31歳で死んだなぁ」と思いました。そして檸檬が爆発するところを想像しました。自分も書店も地球も全部吹っ飛べばいいのに。そんなラストはなかなか素敵じゃないかと。いきなり爆発するのがポイントです。痛みを感じる暇もなく、すべて消え去ってしまう。痛みに怯える白黒思考の人間らしい発想でしょう?

ちなみに、現在の世界最高齢は116歳。ギネス記録は122歳。50歳でもまだ半分に満たないのですね。

ハッピーエンド or バッドエンド?

ゴールが見えないってけっこう絶望ですよね。いつまでも走り続けなければならないマラソンは拷問です。

山登り 「いま何合目?」
遠泳 「あと何km?」
人生 「       」

終わりが見えない人生。でも、必ずゴール(=死)はあります。

ゴールまで続く不安。不安はイヤ。それを解消するためには、ゴールをここ(=今)に引き寄せればいい。

……本当にそれがベスト?

最後はハッピーエンドだと信じることができれば、苦境も乗り切れるのかもしれません。

でも、バッドエンドに魅かれる人にはすごく難しいことです。

毎日がしんどければ「いつまでこんな日が続くんだ」と息苦しくなるし、幸せなら幸せで「明日突然この幸せが失われるかもしれない」と怖くなるし。

ネガティブさんは大変じゃ。

【関連】幸せだろうが不幸だろうが不安は常につきまとう

できれば楽しい物語にしたいけど

自分の現在地を把握することは大切です。具体的な目標に向かって頑張ろうとしているときには、「僕の今の立ち位置はどこだろう」と問うことで適切な答えを選びやすくなります。その積み重ねで、きっと今より素敵な未来に辿り着くのでしょう。

もちろん今より悪い未来に辿り着く可能性もあります。でも、「悪くなるに違いない」と思って悶々と過ごすよりは、着実に歩を進める方がいいんじゃない? と言われれば「そうだな」と思います。何をもって「悪い」と捉えるか、そこに品性が表れるようにも感じられます。

一歩一歩。

進む先は前とは限りません。いえ、進んだ方向が前になるわけですが、それはつまり、みんなが「前だ」と主張する方向だけが前ではないということです。

まぁ、その場にとどまっていたって時計の針は動いていきますからね。何もしない様子が描写される、そんな静かな物語があったっていいじゃないか、とか言いながら過ごすのも面白いかもしれません。本人は全然面白くないかもしれないですけど。

よかれ悪かれいいたいことを全部言う
気持ちいい風に魂を吹かす

(「僕の人生の今は何章目ぐらいだろう」より)

こんなふうに潔く、爽やかに、自分の物語を紡いでいけたら……。

なんて人生をキレイにまとめるつもりはありません。ウルフルズはただの爽やかバンドなのか? って。

ただ、いいたいことを言って、気持ちいい風に魂を吹かしたいだけ。

(やぶ~れかぶれ~)とか(すーっとばす)とか(アベックだらけ)とか(ええねん)とか合いの手を入れたいだけ。

ただ、それだけです。

と言いながら「それだけなわけがない」と心の中でつぶやく、そんな物語を生きるのです。

 

<本日の一曲>
ウルフルズ「僕の人生の今は何章目ぐらいだろう」

商品詳細ページで視聴できます。

<本日の一冊>
梶井基次郎『檸檬』

角川文庫の和柄カバーシリーズの装丁って素敵ですよね。

梶井基次郎 檸檬 – 青空文庫

 - 音楽  , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ブログ情報

  関連エントリー

洋風なアンティークな時計
コブクロの「時の足音」から辿る、私のうつ回復の軌跡

最近、昔よく聴いていたCDやMDをBGMとして流しています。先日はコブクロのアル …

前に進もう
ミスチルの「四次元」で感じた別れの予感や希望や生きる意味

今日は、Mr.Childrenの「四次元」について書きます。 雑談から始まって、 …

美しい音楽が心を癒す『さよならドビュッシー』曲目リスト

小説『さよならドビュッシー』を読みました。 さよならドビュッシー (宝島社文庫) …

凝視するカラフトフクロウ
生きる意味について、私なりの『悩む力』を絞り出して考えてみました

今日もバリバリ悩んでますか? 私は『悩む力』、存分に発揮しております。 ……はい …

magazines
【治療期間別】うつ病療養中にオススメのエンタメ作品まとめ

2013年、最後の一日となりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 今年最後 …

雨に濡れるアジサイ
雨の降る日は好きですか?雨音を聞きながら私が考えること

梅雨ですね。 ジメジメして、薄暗くて、気持ちが沈みます。 でも、療養を始めてから …

数字イラスト
進むべき道を見失ったときは、いいなと思う人をマネするんだぜ

今日は、緊張した心と身体をリラックスさせてくれるモノ・コトのご紹介。 と、その前 …

空を見上げる人
天賦の才に憧れる凡庸な人間が味わう、ゆずの「飛べない鳥」

とんでもない才能に出会うと、圧倒されて、自分のしょうもなさにガッカリする。 そん …

ライブ中に掲げたスマホに表示される「HEAVEN」
余裕がなくて死に惹かれたとき私の脳裏に浮かぶもの

死にたいと思うことはありますか? 喜びを見い出せない毎日。 自分が無価値に思えて …

ハート
愛とは何か?美しい語釈と耳に残る歌詞

先日、『秘密と友情』という本を読んでいて、目にとまった部分がありました。 秘密と …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です