ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

劣等感や卑屈な考えや被害妄想が発動したとき自問したい言葉

 

足を組みカップを手にする女性

周囲の人に見下されていると感じることはありませんか?

私は常に見下されているに違いないと思っています。おそらくそれは正しくありません。でも、傷つかないための防衛手段として、そのような思考を否定せずにいます。

こういう考えは、俗にいう「被害妄想」に通じます。日常生活に支障をきたす病的なレベルまでいかなくても、猜疑心が強まれば精神は擦り減ります。

劣等感もものすごく強いです。高い能力を持つ人への憧れがイコール劣等感となっているようで、素晴らしい人を眺めては、己の至らなさを嘆いてばかりいます。

さらに、自分に自信がありません。ある具体的な物事をうまくできないという意味の自信ではなく、この社会で生きる自分という存在の価値が揺らいでしまうような、幻想ともいえる自己不信(という言葉はあるのでしょうか)です。

もはやこれらのネガティブイメージは洗脳に近いと言えます。きっかけは何か外的なものによって植え付けられたのだとしても、それを大切に大切に育ててきたのは自分です。

思い込みの力は大きいものです。私は自分の考えが思い込みであると薄々気づいていながらも、それを手放すことができません。傷つくことを恐れているからです。本当は一歩を踏み出せるのに、危険だからととどまっている。地雷が埋まっているかもしれないという現実離れした予測や、自分の足かせとなっている過去の出来事を言い訳にして。

「どうせ私のことこう思ってるんでしょ」

それを思っているのは誰か? ほかでもない自分です。

人をバカにする、見下す、見くびる、軽く見る。現実にそういう態度を取る人はいます。

テレビを見ていてもたま~にそういう態度がチラ見えしている人がいます。お笑い芸人さんが作り出す笑いとはまったく違って、ちょっとした会話の端々にあらわれるものです。人の劣っている部分を見て嗤う(わらう)。この場合の「嗤う(笑う)」は、あざけるような意味合いです。大変に不愉快です(まあ、テレビに関してはそういう人を見つけるのが楽しいという側面も少しはあります。他人事だから)。

そういうとき思い出される、人をコケにしたような態度。醜い顔。

きっと多くの人が出会ったことのあるものではないでしょうか。

そんなもの興味がないと相手にしないでいられるハートがほしいものです。自信のなさは相手につけ入るスキを与えます。いつでもマウントポジションを取りたがる人は、そういう部分をめざとく見つけます。

そう、相手にそんな態度を取らせているのは私の方なのかもしれません。

劣等感も、卑屈な考え方も、自信がなさそうな態度も、自分にとってプラスにはなっていません。いや、中にはこれらの感情をバネに「見返してやる!」と発奮することもあるので、プラスの部分もなくはない。ただ、「どうせ私なんか」といじけていると、惨めさが増すばかりです。

自分が思っているよりは、人は自分のことを見下していません。腹立たしい人間もいるけれど、そうじゃない人もたくさんいます。

見下されることを恐れるなら、自分にできることをコツコツ積み重ねて成長するだけ。そうする過程で、きっと自信もつけられます。

「どうせ私のこと劣ってると思ってるんでしょ」

誰がそう言ったの?

劣等感や卑屈な考えや被害妄想が発動したとき、自分自身に問い返したい言葉です。

 - 雑記・独り言  , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ブログ情報

  関連エントリー

埠頭から海を見る黒猫
無職はつらいよ ~うつ病無職の苦悩ランキングベスト5~

吾輩は無職である。お金はまだない。 と、有名作品の言葉を借りると、隠しておきたい …

heart
「うつ病は“心の風邪”ではありません」 啓蒙メッセージに込められた真意

今日は、私が一人で納得した話をします。 「『うつ病は“心の風邪”』って誰が言い始 …

モヤンモヤンした感じ
どんよりした空気に包まれて沈み込んでしまったら

ここ数日、冷静に考えることができなくなるような話題を一気に受け取って、沈み込んで …

ハート
愛とは何か?美しい語釈と耳に残る歌詞

先日、『秘密と友情』という本を読んでいて、目にとまった部分がありました。 秘密と …

バッターボックス
イチロー選手が語った「ケガをしない理由」が胸に突き刺さった件

5/10に放送された「ジャンクスポーツSP」に登場したイチロー選手。 彼が語る含 …

スナックなみ
【スナックなみ】働き始めの緊張・仕事の疲れを癒しにきませんか?

あ~ら、いらっしゃ~い。 外、寒かったでしょう? ささ、入って入って。 え? 今 …

にわとりとひよこと富士山
2017年、新年早々くだを巻くの巻

こんばんは! 2017年です! 今年もよろしくお願いします!   …… …

カラフルな試験管
うつ病と薬害について思うこと ― 薬の毒は使い方次第

「何年も抗うつ薬を飲んでいるのに、症状がなかなか改善しない……」 不適切な薬の処 …

花
「終わりよければすべてよし」から滲み出る価値観 ― 結果がすべてなのか?

「終わりよければすべてよし」 この言葉を聞いた瞬間、私の脳内ではこう変換されます …

赤い菊
「メンヘラ」を見下してバカにする人間

「メンヘラ展」が開催されるそうです。 メンヘラによるアート展「メンヘラ展 Spe …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. shigecham より:

    初めてコメントさせていただきます。
    文学寄りな人間です。
    いつも励まされ、救われております。
    ありがとうございます。
    リアクション無くても、多くの人に希望を与えている事に、自信と誇りを持って欲しいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です