ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

雨の降る日は好きですか?雨音を聞きながら私が考えること

 

雨に濡れるアジサイ

梅雨ですね。

ジメジメして、薄暗くて、気持ちが沈みます。

でも、療養を始めてから、雨の日がそれほど嫌いではなくなりました。きっと、大雨続きの自分の心とマッチしていたからでしょう。それに、雨天中止でガッカリするような計画が一つもなかったですしね。

今日は、雨の日に思い出すエピソードをつらつら書いてみようと思います。

同情するなら傘をくれ

気分の波は、天候の変化に例えられます。

晴れの日もあれば、雨の日もある。嵐の吹く夜もあれば、雨上がりの朝もある。

「明けない夜はない」
「やまない雨はない」

そんな励ましの言葉もあります。

私は一時期、この言葉を毛嫌いしていました。まったくもってその通りなのですが、「なぜそう言い切れる!?」と怒りが湧き上がって。誰が言うかということも大きかったのですが、とにかくムカついていました。

「もっと前向きにならなきゃ!」と自分を叱咤しながらも、「もう死ぬしかない」と絶望してしまう人にとって、この言葉はどんなメッセージを伝えるでしょうか。

私が思い浮かべるのはこんなイメージ。

大きな荷物を両手いっぱいに抱えて息を切らしていた。大雨に降られた。傘を貸してくれる人はいない。雨宿りする場所もない。全身びしょ濡れになって途方に暮れていた。すると、通りすがりの人に「やまない雨はないよ」と言われた。

これほど、虚しいことはありません。何の解決にもなっていない。せめて、傘に入れておくれよ……。そんな気分です。

「やまない雨はないよ」と言った人が、自分とまったく同じ状態だったら、受け取るメッセージも違うでしょうね。大事な荷物を台無しにして全身ビッチャビチャになっているのに「このままじゃ風邪引いちゃうねー、AHAHAHAHA☆」と笑っている人。肩の力が抜けそうです。あるいは、小さな狂気を感じて、絶望や虚しさが吹っ飛びそうです。

【心の雨がやんだときの話】
「うつ」という名の台風が過ぎ去るまでは自宅待機してください。

人生の雨を楽しむ人に嫉妬する人

以前、柴咲コウさんがピンクのレインコートを着て雨の中はしゃぐCMがありました。

恋人にフラれ、雨に振られ、最悪の日。

人は雨を止めることはできない。
それでも、雨とうまくやっていくことはできる。

人生の雨を楽しもう。

これも、人から言われた言葉だったら、ちょっと違うんですよね。主人公自身が「水たまりでバチャバチャしてやれー! イエーイ!」と吹っ切れるからこそ意味があるわけで。

まぁ、私にかかれば、「あなたのような美人にはいくらでもチャンスが巡ってくるからいいですよね」というどうしようもない解釈で片付けられてしまうのですけれど。

やはり誰が言うかという点が重要であり、この類のメッセージを私のような人に伝えるのは難しいということがよくわかります。これはもう自分で気づいて納得するしかないですね。

しかしまぁ、このひがみ根性、何とかしたいもんです。あー、ヤダヤダ。

私の心を潤す歌

誰が言うかが大事というのは本当にそうで、私の場合は、忌野清志郎の歌なら何でも素直に受け入れてしまいます。

雨の歌で真っ先に思い浮かぶのは「雨の降る日」。

雨の降る日は さみしいものさ
時計の音と 雨垂れが重なった

(「雨の降る日」より)

楽器が奏でる雨垂れの音色は、いつまでも私の心に残って、雨音を聞くたびにそのメロディーが思い出されます。

その他にも、雨の日の歌はあります。

季節はずれの 激しい雨が降ってる
たたきつける風が 泣き叫んでる

(「激しい雨」より)

外はひどい雨 昨日と同じ雨
雨は僕の気持ちを まるでわかってくれない

(「ひどい雨」より)

これらの曲を聴いていると、どうしても好きになれなかった雨がとても美しいものに感じられます。何気ない日常を切り取ったシャレオツな写真みたいな、雨をテーマにした繊細なピアノ曲みたいな。ちょっと陰があって、深みのあるキレイなもの。

言葉にすると安っぽくなってしまうのですが、キヨシローの歌は粋です。あの歌声を聴いていると私は心強くなれるのです。

そして、私は清志郎さんの恋人に嫉妬します。

……おれ、嫉妬してばかりだな。

雨がもたらす美しさ

雨あがりの夜空には、素敵な景色が広がります。

雲の切れ間にちりばめられたダイヤモンド

ジンライムのようなお月様

まぁ、ロマンチックだこと。

さまざまな恩恵をもたらす雨。

雨の日もそんなに悪くないものです。

 

<本日のBGM>
「激しい雨」「雨の降る日」 収録

「ひどい雨」収録

「雨あがりの夜空に」収録

こんなに素晴らしい音楽の魅力を言葉で伝えられないことが悔しいです。もどかしいです。うわぁぁぁぁぁ~。頭冷やして出直してきます。

【美しい空の話】
私のトゲトゲした心を柔らかく穏やかにしてくれるもの

 - 音楽, 雑記・独り言 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

ストリートアート
がんばってるって認めてよ!岡村靖幸の「どぉなっちゃってんだよ」で健全な自己愛を育てる

最近、岡村靖幸さんの歌が頭の中でリピートしています。 いま頭の中をぐるぐる回って …

蓄音機
耳鳴りが治る?原因と治療法(ためしてガッテンより)

耳鳴りに悩まされている人は多く、全国で300万人とも。あなたも耳鳴り予備軍かも… …

コスモスと青空
私のトゲトゲした心を柔らかく穏やかにしてくれるもの

やる気がなくなると、私はよく空を眺めます。 うつ症状がひどくて気持ちが沈んだとき …

言動が鼻につく人に対する嫌悪感を和らげる方法

なんかよくわかんないけど、言動が鼻につく人っていませんか? ちょっと適当な例が思 …

キーボードのメンテナンス
疲れ切った心と身体を正常に起動させるために必要なメンテナンス

先日、バックアップ用に使っていた外付けハードディスクにトラブルが生じ、仕方なくコ …

愉快なポーズを取る子供
本質とは何だろう?「わかったつもり」に要注意

何かにつけて「本質」という言葉を使う人がいました。 「本質を見抜け」 「物事の本 …

花
「終わりよければすべてよし」から滲み出る価値観 ― 結果がすべてなのか?

「終わりよければすべてよし」 この言葉を聞いた瞬間、私の脳内ではこう変換されます …

蓮華
楽しい般若心経入門「超スゲェ楽になれる方法」

今日は、「超スゲェ楽になれる方法」についてチラリとご紹介します。 と言っても、す …

空を見上げる人
天賦の才に憧れる凡庸な人間が味わう、ゆずの「飛べない鳥」

とんでもない才能に出会うと、圧倒されて、自分のしょうもなさにガッカリする。 そん …

ハープを奏でる女性
「人生がつらすぎる」と泣いている君へ

「人生がつらすぎる」と言って号泣している人がいました。 顔にタオルをあてて、わん …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です