ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

見ると必ず落ち込む文章・ネット上の幸せ報告

 

パソコンを抱えたクマ

同級生のフェイスブック投稿を見て落ち込む。

そんな経験はありませんか?

普通の生活をしている、それを知るだけで心がざわつく。写真を見ると、みんな楽しそうに笑っている。「あ、私への連絡より、SNSの投稿が先なんだ、へぇ~、そうなんだ」などなど。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中でもフェイスブックは特に、他人と自分を比べるためのサイトみたいだな、ある程度心の余裕がないと見るのつらいな。

そんなふうに感じることもあるわけなんですけれども、充実している瞬間を切り取って投稿すれば、そりゃまぶしいページになりますよね。わざわざ落ち込んでいる姿を写真に撮ってアップする必要はありませんし、そういうネガティブな感じはフェイスブックのノリではなさそうです。

SNS疲れという言葉もあるらしく、私はほとんど使っていないので実感しているわけではありませんが、疲れる感じは何となくわかります。何となくわかるからこそ使いません。そのくせ、このブログの更新情報をフェイスブックツイッターで流しているんですけどね。情報収集ツールとして使う分には便利ですよねってことで。

ブログも似た要素があるかもしれません。例えば、友人知人の日記ブログ。見なけりゃいいのについ見て落ち込む。内容は人それぞれで、励まされるものや素直に喜べるものもたくさんあります。が、心が弱っているときには刺激になることも多々あって。

「あー、頑張ってるんだなー」
「充実してるんだなー」
「ちゃんと考えてるんだなー」

なのに私は……。

で、不安増殖。

このままじゃいけない。何とかしなきゃ。でも、頑張れない。努力してもうまくいかない。みんなが当たり前にやっていることすらできないなんて。

モヤモヤは止まりません。

 

ダメな人と比べて安心する

人と比較してため息をつくということは、自分よりダメな人を見て安心するという行為にもつながります。

「私だけじゃないんだ、よかった」
「この人よりはましかな」

“ダメ”という基準は、あくまでも主観なので、本当にそれがダメかどうかはわかりません。相手がどう思っているかもわかりません。でも、応急処置として自分の心を落ち着かせることができるのなら、それはそれで悪いことではないと思います。

が、仲間だと思っていた人、あるいは自分よりできていないと思っていた人が違う世界に行ってしまった。

モテないモテない言っていた人が結婚した。
内定出ないと自虐していた人が大企業に就職した。
冴えない生活を送っていた人が賞を獲った。

喜ぶべきことなのに、どうしてだろう、気持ちが沈む。

私は、私は……。

 

落ち込む理由

なぜかわからないけれど、見ると落ち込む投稿。

自慢でもないし、批判でもない。正しいことを言っている。事実を語っているだけ。何も悪いことはない。

なのに不安になる。自分の至らなさが浮き彫りになる。否定されたような気がする。

一番の原因は、読む側のコンディションが悪いことだと思います。悲観的なときは何を聞いても悲しくなるし、被害妄想が激しいときは何を言われても責められている気がする。驚くべきことに、心に余裕がないときには、自分の立場を擁護するあたたかい意見でさえ批判に見えてしまうことがあるんですよね。

それと、正論も耳が痛いですね。自分で自分の至らない部分を「ダメだ」と責めている、まさにその場所をズバッと斬りつけられる。あぁ、もう生きていけない……。

単純に相手の主張が間違っていることも考えられます。あるいは、わざと不快にさせようとする人、無意識のうちに攻撃的な表現になってしまう人もいるようです。

あとは、好み。同じことを言っていても、人によって素直に受け入れられたり腹が立ったりします。落ち込みの中身は「なんか生理的に合わない。でも、理由もないのに嫌悪しちゃダメだよね。あーあ、私って嫌な人間」みたいな自己嫌悪だったりするのかもしれません。

 

だって欲しいんだもん

私の場合は、モヤモヤの原因のほとんどが嫉妬です。

「自分が持っていないものを持っている。うらやましい」

突き詰めていくと大抵ここに行き着きます。その変化形が、例えば「“それ”を持っていない人は欠陥人間」。だから、不安になるし、現状を肯定できないし、惨めになる。

冷静に考えれば、それ(仕事・仲間・家族・お金・健康・夢 etc.)がすべてではないとわかっても、欲しいものは欲しい。手に入らなければ悲しい。それを持っている人の幸せそうな顔を見れば、おもしろくない。

読むと落ち込む文章には、私の望んでいるものがある。そうやってモヤモヤと向き合ってみると、ちょっとだけ納得できます。「喉カラカラで脱水症状を起こしかけているときに、水をおいしそうに飲んでいる人の話を聞いて笑顔にはなれないよね」「そりゃモヤモヤしても仕方ないよね」 と。

もちろん嫉妬ですべてを説明できるわけではないのですが、心がざわついたとき、その感情は自分を知るヒントになります。

だからといって、わざわざ嫌な気分になることはないので、「楽しくないな」「つまんないな」と思ったらソッコー離脱するのが吉。

とわかっていても、ついズルズル見続けてしまうのがインターネット魔力なのかもしれません。

インターネットとの上手な付き合い方を身につけていきたいものです。

同時に、人の幸せを見て惨めにならない程度に、心の栄養も蓄えていきたいものです。

もちを食うひよこ

【だから私は本を読みます】
鬱でしんどいときに、無理なく読書を楽しむ方法

 - 雑記・独り言  , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ブログ情報

  関連エントリー

埠頭から海を見る黒猫
無職はつらいよ ~うつ病無職の苦悩ランキングベスト5~

吾輩は無職である。お金はまだない。 と、有名作品の言葉を借りると、隠しておきたい …

時計を確認するエージェント
うつ病患者の最低限のルール ― 人の診察の邪魔をしない

今まで診察に遅刻したことはありますか? 連絡もせず何時間も遅れたり、すっぽかした …

安全第一
失敗しないためにも焦らず養生してください

先日、補修工事の見積書を見る機会がありまして、そこに「養生」という項目がありまし …

言動が鼻につく人に対する嫌悪感を和らげる方法

なんかよくわかんないけど、言動が鼻につく人っていませんか? ちょっと適当な例が思 …

浜辺の親子
「明日ママ」から学んだ純粋な愛と、敏感で繊細な心と、無神経な自分

こんばんは。 今日は、最近話題になっているドラマ「明日、ママがいない」と、それに …

白米
ブログタイトルについて

いつも私の自分語りにお付き合いいただき、ありがとうございます。 この度、ブログタ …

いちご
常識を疑え!『俺ルール!自閉は急に止まれない』

自分はまだまだ視野が狭い人間だと気付かされました。 みんながみんな、自分と同じも …

バッターボックス
イチロー選手が語った「ケガをしない理由」が胸に突き刺さった件

5/10に放送された「ジャンクスポーツSP」に登場したイチロー選手。 彼が語る含 …

透明人間?
表舞台に立つ人が放つ威光の陰に隠れている人と共有したい話

最近、テレビを眺めながら、よく思います。 画面に映っている人たちの存在を私は知る …

ハートのシャボン玉
普通のしあわせ・多数派の生き方を信じてきた人が脱落するとき

あなたは今しあわせですか? と質問するとき、それは一体どういう意図なのでしょうね …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、留意事項をご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. はな より:

    ナミさん、こんばんは。
    以前もコメントさせて頂いた40代独身バツイチのはなです。

    今回の記事、まるで自分のことのようで、ついコメントしてしまいました。
    見なきゃいいのに、とわかっていながらつい見てしまうんですよね。
    それで、案の定落ち込んだり不安になったりミジメな気持ちになったり。
    毎回「もう見るのはやめよう。人は人、自分は自分。」と言い聞かせても、
    ふとまた見てしまう…
    勝手に見ておきながら、心が乱されて、気持ちが疲れてまた後悔…
    ほんとSNSはやっかいですね。

    PS:返信やめられたとのこと、少しさみしくもありますが、
       今後もブログ楽しみにしています。

  2. 雪風 より:

    こんにちは!
    自分もTwitterをやっているのですが、優れた人と自分を比べて落ち込んでしまうことが多々あります…
    「●●(自分の好きな作品のグッズ)買ったよ~」とかそういう報告を見てると、「私は持ってないのに…自慢するなよ!!」と腹立たしくなってしまいます…
    でもSNSは楽しいですよ。そういった自慢ばかりする人は極力見ないようにしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です