ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

うぬぼれた己に送る、自分の立ち位置を確認するための言葉

 

カエルの王様

「井の中の蛙大海を知らず」って小さなカエルが大海を知る必要あるのか

こんなメモ書きを見つけました。

なぜ私はこんなことを書いたのでしょうか?

おそらく「井の中の蛙大海を知らず」と言った人の偉そうな態度が気にくわなかったのだと思います。たとえそれが自分に向けられたものでなくても嫌な感じ。だから、何か反論したくなったのでしょう。

「井の中の蛙大海を知らず」とは、狭い見識にとらわれて、他に広い世界があることを知らずにいること(明鏡国語辞典より)。自分の限られた知識だけで判断してしまう浅はかさのたとえとして使われます。

いますよね、こういう人。ちょっと経験したってだけで、自分は何でも知ってるみたいな顔して偉そうにしてる人とか、小さなコミュニティの中でスター気取って鼻息荒くしてる人とか。そういう人に対して「井の中の蛙大海を知らず」と言いたくなることはあります。

多分そう思ったときの私は、上から目線で、偉そうな態度になっているはずです。

でも、狭い見識にとらわれてしまうことは私だってしょっちゅうあるし、何となく全体を知った気になって語ってしまうこともあります。だから、「えっらそうに」と人のことを文句言えるような立場にはありません。私だって十分偉そうだ、自分が生きる世界しか知らないくせに。ばーかばーか。

と、一通り自分を罵ってから改めて考えてみると、それって当たり前ですよね。自分が知らないことは知りようがない。生きている世界が狭いとか、見識が狭いとか言われても、わからないよ。

もし地球外の宇宙に住む生命体が(いるとして)「井の中の蛙」と同じようなたとえをつくったら、「地球にひっついている人間」とかになるかもしれないですよね。

地球にひっついている人間、大宇宙を知らず。

いや、そりゃそうだよ。宇宙飛行士でもない一般人が地上から遠く離れた宇宙空間を知りようがない。今は情報社会でたくさんのことを知れるし、何でも知った気になっちゃうけど、誰も何も教えてくれなかったら、宇宙と定義された空間があることさえ知らないよ。それに、いま解明されていることだってまだまだだって研究者の人たちは思ってるんでしょ?

こうやって考えると、「井の中の蛙大海を知らず」って、現状を理解するために、自分で自分に言う言葉なのかなーという気がします。

本日の学び:井の中の蛙を笑う蛙もまた井の中に

自分が世界だと思っている世界がすべてではない。

自分が知っているのは全体のごくごく一部。

その一部を知っただけで、すべてを知った気になってはいけない。

———-

「井の中の蛙大海を知らず」と言うより、こうやってまとめた方が、モヤモヤもしないし、「そうだな」と納得できます。

なぜ私は「井の中の蛙大海を知らず」が嫌な感じだと思ったのか?

考えられる理由は二つ。

一つは、「自分がいる小さな世界を知っただけで、すべてを知った気になっているヤーツ」と嘲笑している感じがするから。

もう一つは、「オマエは知らないが、オレは知っている。つまり、オマエは劣っているが、オレは優れている」とわざわざ言う感じが不快だから。

笑われるのは嫌だし、劣っているとバカにされるのも嫌。言葉が嫌というより、言い方や態度が気にくわないってことですかね。そういう人の顔は醜いぞと。

まぁどんな言葉であれ、自分の価値観を押しつけて、人のことをああだこうだ言う人が好きじゃないみたいですね、私は。

だから、そういう人にならないよう、「自分が知らない」ということだけはしっかり自覚しておきたいなと思います。

 
【似たような話題】
知識や経験が少ない人を貶めることで優位に立とうとする態度について
言動が鼻につく人に対する嫌悪感を和らげる方法

 - 雑記・独り言  , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  関連エントリー

花
「終わりよければすべてよし」から滲み出る価値観 ― 結果がすべてなのか?

「終わりよければすべてよし」 この言葉を聞いた瞬間、私の脳内ではこう変換されます …

キーボードを占拠する猫
障害者雇用は厄介?「障害」に否定的なニュアンスを感じる理由

うつ病とお仕事に関する記事を読みました。 うつ病になっても「会社を首に」「先がな …

モリゾージュニア
2014年のまとめ ― 自分的に満足しているお喋り11選

2014年も最後の一日になりました。 節目ってやつですね。 コレ、超悲観モードの …

赤い菊
「メンヘラ」を見下してバカにする人間

「メンヘラ展」が開催されるそうです。 メンヘラによるアート展「メンヘラ展 Spe …

色々なサボテン
14歳女子「なんてブスな私」―『辛口サイショーの人生案内』より

「ブス」という言葉の破壊力は凄まじい。 この言葉を聞くと、私は息苦しくなります。 …

コスモスと青空
私のトゲトゲした心を柔らかく穏やかにしてくれるもの

やる気がなくなると、私はよく空を眺めます。 うつ症状がひどくて気持ちが沈んだとき …

ソファから顔を出す猫
何の疑いもなく幸せを享受している人を見たときの惨めさを忘れる方法

自分がほしいと思っているものを当たり前のように持っている人を見て、何となく嫌な気 …

女の子と白い犬
よき理解者を求めるならば ~ポコ太みたいな相棒が欲しかった~

自分のことをわかってくれる相棒が欲しいと思ったことはありませんか? 私は小学生の …

海を見つめる男性
どんなに頑張ってもネガティブ思考が治らない……なんで?

前回「考えすぎる癖を直す8つの方法」を紹介しました。 が、そこに書かれたことはす …

ハートのシャボン玉
普通のしあわせ・多数派の生き方を信じてきた人が脱落するとき

あなたは今しあわせですか? と質問するとき、それは一体どういう意図なのでしょうね …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です