ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

『いやな気分よ さようなら』通常版とコンパクト版の違い

 

認知療法を学べる本『いやな気分よ さようなら』にはコンパクト版があります。

このページでは、増補改訂第2版(通常版と呼ぶことにします)と何が違うのか詳しく紹介していきます。

対象は、

  • 『いやな気分よ さようなら』の購入を考えている方
  • 通常版とコンパクト版どちらを買うか迷っている方

それぞれの違いをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

お急ぎの方のために、先に結論を書いておきます。

【答え】違いはお薬情報の有無

薬物療法についても知りたい方
→ 通常版をどうぞ

それ以外の方(心がラクになる考え方を知りたい方)
→ コンパクト版でOK

『いやな気分よ さようなら』の詳しい内容については「心を軽くするヒントが満載『いやな気分よ さようなら』感想」をご覧ください。

<通常版>

<コンパクト版>

当ブログ経由で通常版を購入された方へ
今から紹介する内容によっては「え~そんなら私コンパクト版でよかったじゃ~ん、先言ってよ~」と思われるかもしれません。私がきちんと吟味せず、自分が通常版を買ったからという理由だけで通常版をそのまま紹介していたのがいけなかったです。ごめんなさい。でも、ナミさんとお揃いってことでね? どうですか? ダメ? ごめんなさい。

通常版とコンパクト版の違い

『いやな気分よ さようなら』通常版とコンパクト版

通常版とコンパクト版の違いは一つ、「第7部 感情の化学」があるかないかです。

第7部だけでけっこうなボリュームがあるので、それだけで本の厚みにかなり差が出ています。

『いやな気分よ さようなら』サイズ感の比較

通常版 コンパクト版
金額 3,680円+税 2,500円+税
ページ数 824ページ 488ページ
厚み 3.8cm 2.4cm
重さ 辞書より重い 辞書より軽い

認知療法を学ぶのであれば、基本的にはコンパクト版でOK。ほとんどの人はこれで問題ないかと思います。

 
この他に目についた違いは2つ。

  • 通常版の方が紙質がしっかりしている
  • コンパクト版は「『改訂版』謝辞」が省略されている

2つを比べると、コンパクト版の紙は若干ペラい感じ。ですが、紙質にこだわりがなければ、言われないと気づかないくらいだと思います。

「『改訂版』謝辞」は、著者のありがとうコーナーなので、なくても問題なしです。

せっかくなので、他にも違いはないか比べてみました。

『いやな気分よ さようなら』通常版とコンパクト版・見返しの色

『いやな気分よ さようなら』通常版とコンパクト版・本文の文字サイズ、フォント

『いやな気分よ さようなら』通常版とコンパクト版・区切りページはかための紙

『いやな気分よ さようなら』通常版・第7部は横書き

通常版(第7部)で学べること・よいところ

  • 薬との付き合い方
  • 薬の知識が体系的にまとまっている
  • Q&A方式で書かれているので、読みやすい
  • 一般の人向けの説明がわかりやすい

→ うつ病治療との向き合い方がわかるので、安心感が増します。薬物治療の現状を知ることで、認知療法に取り組むモチベーションも上がります。

通常版の難点「う~ん」なところ

  • 情報が古い
  • 文章がいっぱい=読むのが大変
  • 第7部は別になくても困らないかな……
  • デカい、重い、高い

→ 使い勝手の良い「コンパクト版でOKでは?」という結論です。

どっちを買えばいい?

コンパクト版をおすすめする人

  • 認知療法を学びたい人
  • 心をラクにする考え方を知りたい人
  • 薬の情報はいらない
  • うつ治療を受けていない
  • 置き場所に困るので、少しでもコンパクトな本がいい人

通常版をおすすめする人

  • 一つでも多くの情報を集めたい人
  • うつ病治療中で、薬との付き合い方について考えたい人
  • 認知療法と薬物療法の効果について知りたい人
  • 金額はあまり気にしない人
  • 本の分厚さや重さは気にならない人

それでも決められない人は?

過去の自分に「どっちを買えばいい?」と聞かれたら、こう答えます。

「コンパクト版でOK」

薬に関する第7章がどうしても気になるのであれば、通常版を図書館で借りて、コンパクト版を買う方法もあります。

もちろん、どちらも買わずに図書館で借りてもOK。

ただ、貸出期間だけですべて読み込むのは大変ですし、一生使える本なので、手元に置いておいて損はありません。

実際にコンパクト版と比べてみて

コンパクト版で十分だったなと思いつつも……

『いやな気分よ さようなら』の第7部、薬の情報に関しては、別になくても良かったかな~というのが正直な感想です。

なにせ情報が古いですからね。治療法に関しては新しい情報を参考にした方がいいし、図解つきでわかりやすく解説されている本は他にもあります。日本とアメリカでは薬の販売状況も違いますし、「この本じゃなきゃダメ!」というところは特にないです。

でも、一通り読んで「なるほど~」と学ぶところはありました。特に身近な例えを使いながらの説明はすごくわかりやすいです。

さらに、著者のバーンズ氏が認知療法ゴリ押しってわけじゃないんだよ、ということを知れたのは良かったかなと思います。回復のために必要なことは何か、バランス良く考える参考情報としても役立ちました。

だから、通常版を買って後悔した……ということは全くないです。

通常版を持っているのにコンパクト版を買った理由

今回コンパクト版を買った理由は主に2つ。

  • 突き合わせて比べないとわからない違いがあるのでは?と思ったから
  • 両方買うことで本当におすすめの版を紹介できると思ったから

コンパクト版のキャッチコピー「持ち運びに便利な携帯版」に対して、「こんな分厚い本持ち歩くか?」と思いましたが、比べてみてわかりました。

コンパクト版の使い勝手は非常に良いです。手軽にパラパラめくれるサイズ感がうれしい。

自分は通常版で満足していたのですが、やっぱり比べちゃうとね、「デカい、重い、扱いづらい」という不満に気づいてしまいました。同時に、家用と携帯用、2冊買うのもアリだなと初めて思いました。

それぞれを比較した結論は心をラクにする方法を学ぶならコンパクト版でOK

ですが、これまで通常版で学んできた私としては、どうしても贔屓目に見てしまいますね。まあ、自分が買ったものをおすすめしたくなる気持ちを抑えるためにコンパクト版を購入したので、結果としてそれぞれの良いところをお伝えできてよかったのかなという個人的なつぶやきブツブツブツ。

「ならコンパクト版でよかったわ」という方ゴメンナサイ

というわけで、冒頭でも言いましたが、「このブログを見て通常版買ったけどコンパクト版でよかったじゃん」「思考力低下してたし、テキトーに買ったから知らなかったよ~」という方、ちゃんと案内していなくてごめんなさい。

と、こんなことを書くのはおこがましくも感じますが、この本決して安くないですもんね。コミック本一冊買うのとは違う。

だから、もし「コンパクト版あるならそっち買ってたわ~」という方には申し訳ない気持ちでいます(でも、損するような内容ではないですよね?)。

まとめ

以上、通常版とコンパクト版との違いについて紹介しました。

【結論】違いはお薬情報の有無

認知療法&薬物療法について知りたい方
→ 通常版をどうぞ

それ以外の方(心がラクになる考え方を知りたい方)
→ コンパクト版でOK

『いやな気分よ さようなら』を買おうか迷っている方は、内容についてのレビューを「心を軽くするヒントが満載『いやな気分よ さようなら』感想」で書いていますので、参考にしてみてください。
 

<通常版>

<コンパクト版>

 - うつ関連書籍 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  広告&関連エントリー

   管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

         

Comment

  1. エマ より:

    わたしもコンパクト版でOK派ですー

    症状が重かったときは、よくこの本を開いて、読むとすこし冷静になれました。

    自分の症状(思考回路)に似た部分は何度も読みましたが、全く読んでないページもあります。なんせ分厚いですからねー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です