ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

無気力で何もできなかった私が唯一楽しめた「メダル落とし」

 

完全に死亡フラグ!敗北が濃厚なサラリーマン

絶不調のうつ期を脱して、ほんの少し活動できるようになった頃。

空前のメダル落としブームが到来しました。

本も読めない。テレビもうるさい。私はアメーバになりたい。

そんな状況で、なぜか唯一楽しみを見い出せたゲームセンターのメダル落とし。

今日は、そんな私のメダル落とし愛と、感情の変化についてお話させていただきます。

私のテンションの高まりに反比例して、得られるものは少ない自己満な内容となっておりますので、ご注意くださいませ。

メダル落としの魅力

子どもの頃、大好きだったメダル落とし。

十数年のときを経て、感情を失った私は、かつての「メダルを落としたい!」という初期衝動を思い出します。

メダルのことを考えると生きていけるような気がしました。メダル落としにはそれほどまでに不思議な魅力が宿っているのです。

具体的に私がハマったポイントを語らせてください。いいですか?

①メダルがグググッと押し出される瞬間

メダルがメダルを押し出す瞬間がたまりません。

景気よくバサバサバサ~と投入するのもいいですけど、私は一枚一枚入れて楽しむクラシックタイプのマシンが好きです。

ラムネの包み紙みたいなカラーセロハンに包まれたメダルのかたまりを見ると、何だか懐かしくてほっこりします。

ただ、せっかくいいところまできたメダルが横穴に入ってしまったときは悲しいですね。もう、横穴が憎い!

②タワーやかたまりが一気に落ちる瞬間

メダルがバサッと落ちる瞬間、思わず「はぁぁ~ん♡」とウットリしてしまいます。ドーパミンがドパドパ分泌されているのがわかります。ホントにすごい快感なんです。

一度それを体感するともう病み付き。脳内でくり返し再現して楽しむようになります。

もはや私にとってメダル落としは、無限にテトリスをやり続けて行き着く「テトリス・ハイ」以上に魅力的なものとなっていました。

メダル落としの動画もたまりません。

(中毒性がございます 用法・用量をお守りください)

③何も生み出さない無意味な感じ

メダルを押し出す板が同じ動きをくり返すだけのゲーム。どんなにたくさんメダルを獲得しても何かに交換することはできません。

が、私はそこに魅力を感じていました。まるで人生みたいだな~と思って。

新たに投入されたメダルが、マシンの中にあるメダルを押し出す。落ちたメダルはまたマシンに投入される。そのプロセスに意味などない。

マシンを操作する者こそが神。
メダルは生まれては死んでいく人間。
メダルには決して抗えない力がそこにはある。

と、中学生みたいなことを考えながら、私は横穴から脱落したメダルと自分を重ね合わせて感傷に浸っていました。うん、病んでますね。

でも、儲けも何も得られないこの無意味な感じが私はとても好きなんです。あー、やりたい。

大好きなメダル落としを卒業するきっかけ

メダル落としのことばかり考えていた私でしたが、ゲーセン通いはたった3回で終了しました。

心をポッキリ折られる事件が起こったからです。

意気揚々とゲーセンに車を走らせていた私。駐車場に車を止めて、隣の銀行へお金をおろしに行くことにしました。すると、「ちょっと、どこ行くの!」と警備のおっちゃんに止められました。

それだけです。

ゲームセンター利用者以外は駐車場止めちゃダメっていうだけのことだったんですけど、私はおっちゃんに自分の存在を全否定された気分になってしまいました。

「銀行でお金おろしてから行こうと思って……」と説明するも、おっちゃんは私を糾弾します。

あぁ、私はなんて罪深いことをしてしまったんだ。私にゲーセンを利用する権利なんてない。駐車場に車を止める資格もない。そもそも私ごときが車に乗るなんて。何の価値もない人間なのに。そう、私は生きてちゃダメな人間だ。

と、スーパーミラクル被害妄想で落ち込みました。

少しのあいだ放心した後、「せっかく来たんだし、メダル落としやれば元気出るかも」と思い直してプレイしてみましたが、全っ然楽しくありませんでした。

それ以来、ゲーセンには行かなくなりました。ほろ苦い思い出です。

でも今思うと、もしあのままゲームにハマってしまっていたら、それはそれで問題だったかもしれないので、ある意味、警備のおっちゃんには感謝です。

お金がなくても楽しめるメダル落とし

最近はブラウザゲームでメダル落としができるんですね。スマホ向けのアプリもいっぱい出てるみたいですし。

試しにコレやってみました。

コインプッシャーマニア

病み付きアゲインです。

いや、最初は「やっぱリアルにはかなわんな」と思ったんですけどね、時間の問題でしたね。素敵なゲームです。

でもやっぱりメダルが押し合うあの感じを再現するのはかなり難しいですね。

↓こちらのアプリはかなりリアルな感じですけど、どうでしょう。気になります。

Coin Kingdom 2 | App Store
Coin Kingdom 2

療養生活の一日一日が長すぎて死にそうなとき、いい暇つぶしになるかもしれません。

ちなみに私は今日、時間をムダにしたことを後悔しています。

メダル落としの面白さは罪深きかな。

 - 療養中の過ごし方, 体験談, お楽しみ 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ブログ情報

  関連エントリー

飛行機雲
人の心が変化するプロセスとうつ病を受け入れて自由になるためのコツ

うつ病になると、今まで当たり前だったことが当たり前でなくなります。 働くこと。眠 …

ヘッドホン
CDショップで好きな音楽を視聴して時間を潰すリハビリ

今も鬱や不安と闘っているというレディー・ガガさんの話題。 レディー・ガガ 米ビル …

髪の毛ぶわぁ~
【これ大事】イヤなことだらけの毎日を楽しくする方法

イラッとしたり、モヤッとしたり、ムカッとしたり。 イヤなことが重なって、人生がつ …

水
俗世からの解放タイム!『タタド』式スキンケアが気持ちいい

洗顔後、化粧水をつけますか? ここ数年、面倒くさがり具合に磨きがかかって、朝晩の …

シャボン玉
ひと吹きで 心安らぐ シャボン玉 もやを包んで 空の彼方へ

療養中でもできる楽しい遊びを発見しました。 シャボン玉です。 え? 子どもだまし …

猫タワーから顔を出す(スコティッシュフォールド)
心がペコッとヘコんだら ― あなたの心を軽くする3つのお楽しみサイト

今日の調子はいかがですか? ゆっくり休めてますか? 必要以上に自分を責めていませ …

輪切りのきゅうり
きゅうりの一本漬けをボリボリ食べている間、私は無心になる

きゅうりの一本漬けをボリボリ食べている間、私は無心になる。 今日、そのことに気づ …

パソコン
ネット上にも素晴らしい読み物はたくさんあるだなって思った話

「さぁて、今日は何を書こうかな~。フフフンフン」とパソコンを立ち上げたものの、何 …

空色の羽根
社会復帰を焦っているうつ病さん向け診断「焦り度チェック」

今、焦っていますか? 焦って焦って焦りまくって、もうどうしようもない?仕事の不安 …

満天の星空
寂しさを癒す星空観察のすすめ ― 冬の夜空が私にくれたもの

連日厳しい寒さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 今年は暖冬で、例年に …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、留意事項をご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Comment

  1. めみ より:

    ナミさんっ!
    このブログを読んで笑ってしまいました。
    私も具合が悪くて、メダル落としみたいなアプリで気を紛らわせてた日々があったんです。
    Kitty’s coin っていうアプリなんですが、
    コインを落としていくとガチャガチャが落ちてきて
    いろんなキティちゃんのコスチュームを集めていくような
    ゲームです。
    アイテムを集めたり、無駄に?レベルがあがっていったり。笑
    最近は他にできること、やりたいことが増えてきたので触れてませんが。
    なんだかあの苦しい日々がちょっと笑い話にできそうです。
    とり憑かれたかのようにやってたもので。笑
    こうやって振り返れるようになったんだなぁと思うと、
    まだまだ元気ではないけれど、確実に元気に近づいている気がして
    なんだか心がゆるみました。
    ありがとうございます!

    • ナミ より:

      >めみさん

      コメントありがとうございます。

      Kitty’s coin、今動画で見てみたんですけど、めちゃめちゃ可愛いですね。メダルがメダルを押し出す感じもリアルに表現されてますし(←重要)、これはハマりますわ。このアプリやりたいがために、スマホが欲しくなりました。貧乏ガラケー使いに夢を与えてくださり、ありがとうございます。

      とり憑かれたかのようにっていうのもすごくわかります。もうそれしかできないんですよね、仕方がないからゲームで何とかしのぐって感じで。はたから見たら遊んでるようにしか見えないでしょうけど(いや、実際遊んでるだけなんですけど)。

      ゲーム以外にできることが増えたのは本当に喜ばしいことです。私もゲームしかできなかった頃の自分はどうしても肯定できませんでした。それが今では完全にネタとなって。ムダが栄養になることもあるんですね。

      これからも、ちょっとした変化を大切にしながら、少しでも元気が出る方法や笑いのネタを探していこうと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です