ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

警告!ネバネバ・ベキベキ思考を止めなければ苦しみからは解放されません

 

「うつ病を治さなければ!」
「早く社会復帰しなければ!」
「頑張らなければ!」

あなたはこんな考えを持っていませんか?

生きることがつらくて仕方ないのは、その思考が原因かもしれません……。

【警告1】ねばねばねばねば納豆思考

ねばねば納豆

うつ病患者さんにありがちな(というか私の)思考回路をもう少しご紹介しましょう。

「やらねば」
「急がねば」
「やる気を出さねば」

「原稿締め切りを守らねば」
「営業ノルマを必ず達成せねば」

「勉強せねば」
「良い子にならねば」
「親の期待に応えねば」

「信念を持たねば」
「夢を持たねば」
「強く生きねば」

……挙げればキリがありません。

あーもー! ねばねばねばねば、納豆か!

と、タイトルの「納豆思考」ってのは、そんな安易なネーミングなんですけども。

 

【警告2】べきべきべきべき骨折思考

操りホネホネ人形

さらに、ネバネバ君だけでなく、ベキベキちゃんにも注意が必要です。

「勤勉であるべき」
「清く正しく美しくあるべき」
「感謝すべき」

「朝はきちんと起きるべき」
「規則正しい生活をすべき」
「部屋をキレイに掃除すべき」

「リハビリすべき」
「運動すべき」
「復職ために負荷をかけていくべき」

「成功すべき」
「全力で取り組むべき」
「完璧な仕事をすべき」

べきべきべきべき、どんだけ折ったら気が済むの?!

こちらは、骨折思考といたしましょうか。

ネバネバ納豆、ベキベキ骨折、どちらにしても、ちょっと違うやり方を試してみませんか? そのままだとしんどいですから。少しでもラクになるために。ね?

 

ネバネバ・ベキベキ対処法

「~しなければ」「~すべきだ」というカチンコチンの思考をほぐす方法を一言で言うならば、「柔軟に考えましょう」。

が、それだけではなかなかイメージしづらいので、私が実際に使っていた主な言葉を3つご紹介させていただきます。

【対処法1】「それなりに~しよう」と言いかえる

まずは、あなたにガッツリ染みついた「ネバネバ」「ベキベキ」に気付くことから始めましょう。

そして、「~しなければ」「~すべき」という思考に気付いたら、「それなりに~しよう」という言葉に言いかえます。

例)「うつ病を治さねば!」

いやいや、それなりに治していこう。できる範囲で焦らずね。

【対処法2】「~できたらいいけどね」と言いかえる

「~しよう」という言葉では、頑固な思考にまったく効果がないこともあるでしょう。

そんなときは、「~できたらいいけどね」を使います。

コチラ、正確に言うと、「~できたらいいけどね、今は病気だからしょうがないんだよ。やりたくてもできないの。私めっちゃつらいんだよ」となります。

例)「早く社会復帰しなければ!」

うん、早く社会復帰できたらいいんだけどね、私もめっちゃ働きたいと思ってるんだよ、でもね、病気だから仕方ないんだよね、心も身体も言うこときかないんだよね。

【対処法3】「できなくても死にはしない」と言いかえる

2つ目の「~できたらいいけどね」で対処できない場合、その思考はかなりの強敵です。

この場合、私はこの必殺技で闘います。

「できなくても死にゃーせん」

ちょっと刺激の強い言葉ではありますが、大方のネバネバ思考・ベキベキ思考には対応できるかと思います。

例)「頑張らねば!」

まぁ、頑張らなくても死にはしないから大丈夫よ、肩の力抜いて。

 

柳の枝のように強く、柔く

柳と空

道徳、規律、秩序。
世間、常識、一般論。

これらを愛する硬派なあなたはちょっと注意が必要です。

という私も「曲がった~ことが大嫌い」なものですから、矯正にかなり苦戦しました。最近はだいぶネバネバしなくなってきたかな?

私の理想は、ゆらゆら揺れる柳の枝。あのしなやかな美しさをイメージしながら、日々「ねばねば」「べきべき」をいさめております。

 

【ご案内】
凝り固まった思考をほぐす41の問題と私なりの回答。よろしければどうぞ。
「生きづらさ」から解放されるための練習問題

 - 心をラクにするヒント 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ブログ情報

  関連エントリー

人間関係における怒り・イライラとの上手な付き合い方

「朝倉南38歳!なんか最近イライラする!」 というわけで、本日のテーマはイライラ …

のどかな原風景
何もできない自分に失望したときの7つの対処法

「何もしていない自分、何もできない自分に失望してしまう」 あるメンタル系ブログで …

髪の毛ぶわぁ~
【これ大事】イヤなことだらけの毎日を楽しくする方法

イラッとしたり、モヤッとしたり、ムカッとしたり。 イヤなことが重なって、人生がつ …

緑×白の木綿糸
イヤ~な気持ちが生まれる3つの理由と解決の糸口

「自分中心心理学」を提唱する石原加受子さんの本を読みました。 「やっぱり怖くて動 …

猫
「迷惑=死ね」じゃないのに、どうしてそう感じてしまうんだろう?

「迷惑なんだけど」 そう言われたとき、あなたはどんな気持ちになりますか? 私はし …

柵をまたぐテディベア
ダメな自分を責めずにはいられない?悲愴感を和らげ肯定する言葉

相手のことをいつも第一に考えて、自分の気持ちを後回しにしてしまう。 そういう人の …

靴ひもを結び歩き出そう!
たらたらウォーキングでスッキリ。気分転換の効果を高める3つの条件

先日、何も考えずに気がすむまでタラタラ歩いていたら思考がクリアになりましたのでご …

川辺に咲くマーガレット
愚かで醜い人間、腐った世の中にうんざりしたとき思い出したいおっさんの名言

すみません、ちょっと教えていただいたいことがあるんですけど、いいですか? 何の本 …

蝶々カチューシャをつけた犬
己のダメっぷりに打ち負かされたとき役立つユニークな例え話

「頑張りたいのに頑張れない」 「どうせ私には何もできない」 自分がいかにダメな人 …

ステレオコンポ
将来の不安に飲み込まれそうになったとき、私が思い出す考え方

療養生活を初めて、もうすぐ5年。今年に入ってやっと体調も落ち着いて、社会復帰を本 …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、留意事項をご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です