ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

「備えあれば憂いなし」と「急がば回れ」は至言

 

クリエイトする男性
手を抜いたせいで失敗し、やり直さなければいけなくなった。

そんな経験はありませんか? 私はあります。しょっちゅう「しまったー」「やっちまったー」と言っている気がします。

そうならないために思い出したい言葉が、「備えあれば憂いなし」。

すぐに面倒がる私は、たびたび自分に言い聞かせています。まぁこれくらい大丈夫か、と楽観視しそうなときは特に。

強く言い聞かせたのち、行動に移せると「自分偉いな」と思えます。「もう大丈夫」と安心感も生まれます。本当にこのことわざはすばらしいと強く感じます。

「備えあれば憂いなし」は、例えば、おむつが必要な場面でも役立ちます。漏らしてからでは遅い。覆水盆に返らず。備えあれば憂いなし。

怠惰な心に負けそうなときは、大惨事になった様を想像しましょう。一度でも大変な思いをしたことがあれば、簡単に思い浮かびます。あぁ、もうあんな思いはしたくない!

 

慌てず確実にやろう。

そういう姿勢を思い出させてくれる言葉として「急がば回れ」も役立ちます。

焦ってドタバタ走っても、ズッコけてケガしたら痛い。その分また立ち止まることにもなる。だから、落ち着いて丁寧にやっていこう。回り道のように思えても、それが最短ルートだよ。そんなメッセージ。うつ療養中に何度聞かされたことでしょう。

「急がば回れ」は、ものを作っているときにも思い出したい言葉です(というのも、最近時間を見つけて手芸をちょこちょこやっているのです)。

工程を省略すると、仕上がりが美しくなくなります。美しくないだけならまだしも、やり直しが必要になって手間が増えることも多い。手を抜いて雑にやると、後々そのつけが回ってくるのですよね。だから、急いでいるときほど、正しい手順で丁寧に取り組むことが大事。

ただし、料理に関しては、急いでショートカットするのはありかなと思います。手順が違っても、まずくて食べられないことはほとんどないから(私がバカ舌なだけかもしれません)。巷で時短レシピが溢れていることからもそうだと言えそうです。

このあたりは、何を大事にするか、その答えによって選択が変わってくるのでしょうね。人それぞれ大事にするポイントが違うから、多種多様な生き方が生まれる、人生の色彩もさまざま、みたいなまとめじゃ雑すぎるでしょうか。

ともあれ、手抜きしたくなったり、面倒な工程をすっ飛ばしたくなったときは、「備えあれば憂いなし」「急がば回れ」との至言を思い出しましょう。

そうすれば、嫌な思いをする可能性は減ります。

日々がましになるのは良いことです。

 - 雑記・独り言 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  広告&関連エントリー

   管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

         

Comment

  1. あたま より:

    更新ありがとうございます。
    急がば廻れ。
    それが
    なかなかできないんですよねぇ。
    世の中スピードの時代ですからねぇ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です