ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

魔法使いのお婆さんに憧れて『フジ子・ヘミング パリ・下北沢猫物語』感想

 

『フジ子・ヘミング パリ・下北沢猫物語』を読みました。

猫と音楽とともに生きるピアニスト、フジ子・ヘミングさんのフォトエッセイです。

フジ子さんが飼っている猫の写真がたくさん載っていて、パラパラめくるだけでも楽しめます。エッセイも短めなので、一気に読み終えました。

この本には私の憧れている生き方が示されていました。

読み終えてから、いろいろと思いを巡らすことがあったので、今日はそのあたりの雑感を書いていこうと思います。

お洒落で不気味なお婆さんに憧れて

私には憧れている生き方があります。

それは、お婆さんになったら黒づくめの服を着て、猫を飼って、謎のお屋敷に住むこと。

近所の子供たちに気味悪がられる、そんな魔女のような、得体の知れない婆さんに強く惹かれている節があるんですよね。

もちろんすべて夢物語。霞を食べて生きる仙人に憧れるのと同じようなものです。

でも、その夢物語を体現してる人がいる。

それがフジ子・ヘミングです。

この本を読みながら、改めていいなぁ~と夢を見させてもらいました。

「フジ子・ヘミング」には、ファンタジー性があります。

耳が聞こえなくなったこと。家庭の事情で無国籍状態になってしまったこと。絶望の中、孤独に生きてきた時間。

メディアで紹介されるエピソードはどれもドラマチックです。そこにピアノや猫、欧州の風景が加われば、それはまるで映画のワンシーンのよう。

『パリ・下北沢猫物語』を読んでいると、物語の登場人物が記した手記を読んでいるような気分になります。どこか浮世離れしていて、それがとっても魅力的。

猫とピアノとお婆さん。絵になりますよね。フジ子さんの佇まいも素敵です。

ラヴェルやユトリロやモジリアニが所々で登場して、さりげなく芸術を感じさせてくれるのもいいですね。とってもムードのある本です。表紙からしてそうですよね。

フジ子・ヘミングへの疑念

フジ子・ヘミングという存在には魅力を感じていますが、メディアに作られている部分があるような気がして、構えているところもあります。パッケージングされた商品にも見えるといいますか……。こんな言い方は失礼なんですけれど。

エッセイを読んでみても「?」と思うところがいくつかありました。

例えば、生体販売とか、疑似科学を疑っていなさそうなところとか。

ちょっと笑ってしまったのは、フジ子さんがパリでピアノを練習するときのこと。その街では音を出していいのが夜の10時までと決まっているそうです。でも、フジ子さんは11時まで弾くのだとか。誰にも注意されたことはないそうです。それで、上に住んでいる人にもこう言われるんですって。

「いつも美しいピアノを聞かせてくれてありがとう」

……え? これって「うるせーな」って意味じゃなくて? だって23時でしょ?

それが正直な感想だったのですが、パリっ子はそんな遠まわしな言い方しないんですかね?

あと、猫のネーミングセンスが独特。フジ子さん自身も「名前はそのときの直感でつけられるから、かわいそうな名前の子もいるわ」とおっしゃっていて、「いやいやいや、だったらもっと可愛い名前考えてあげてよ~」と突っ込んでしまいました。

本の最後に、猫たちの写真とプロフィールが紹介されています。そこで改めて猫たちの名前を眺めてみると、どこか田舎のおばあちゃん的なセンスを感じて、ちょっとノスタルジックな気分になりました。

フジ子・ヘミングの「ラ・カンパネラ」は異次元

せっかくなので、フジ子さんの演奏も聴いてみることにしました。

フジ子さんと言えば「ラ・カンパネラ」ということなので、他のピアニストの演奏と聞き比べ。

結論から言うと、フジ子・ヘミングだけが別次元。

正確に時を刻めなくなったアンティーク時計のようでした。

私の場合、聞くに堪えない音楽は即座に消してしまうのですが、フジ子さんの演奏は、そうはならなかった。

他の素晴らしいピアニストたちの演奏に比べると、テンポはゆっくりだし、音の出し方も粗い感じがします。

でも、引きつけられる。聴くのをやめられない。なぜか聴き入ってしまう。

魔力だ。やっぱりフジ子・ヘミングは魔法使いなんだ。

そう一人で納得しました。彼女は「ピアニスト」ではなく、「フジ子・ヘミング」なんだなぁと。

きっと生で聴いたらすごいんでしょうね。

生き様を見せつけられた気がして、しばらくボーッとしていました。

最後に

『パリ・下北沢猫物語』を読んで、フジ子・ヘミングへの興味はさらに深まりました。

と同時に、疑念も深まりました。

これこそが私の憧れる、得体の知れないお婆さん。

こういう物語の一端にふれると、人生ってなんかいいなと思います。

 -  

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  ひとりで悩んでいませんか?

  ブログ情報

  広告&関連エントリー

   管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

コメント欄を利用される方は、お手数ですが、こちらのページをご確認ください。

またのお越しを心よりお待ちしております。

         

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です