ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

しにたい死にたいシニタイ…自殺を渇望するあなたの心は

 

ビル

死にたい?

人生疲れた?
生きる意味ない?

つらくて苦しくてどうしようもない?

息がつまる?

孤独?

生きていることが虚しい?

だからもう死にたい?

 

ふむ。

死にたいほどにつらい人生なら、死にたくなって当然です。消えてしまいたいと願ってしまうほどの苦しみはいかほどか、それを考えると胸が痛みます。

あなたは今、本当につらい毎日を送っている。

こういうとき、どうしたらいいのでしょう。

死にたいのに死ねない

前にどこかで聞いたんですけど、死に捉われてしまうと理性なんか何の役にも立たないみたいですね。考えるより先に身体が動いてる、本気で死にたいと思ったときには死んでるんだ、そんなようなことを自殺未遂経験者が言っていました。

自分がそれに近い状態だったときのことを思い出しても、そういう抑制装置なんてぶっ壊れている状態なんだろうなと思います。幸い、ひどいうつ状態にあったため、実行に移すことはありませんでしたが、勢いの有無という点に関しては実感としてよくわかります。あのとき死んでてもおかしくなかったなぁと思える場面がいくつもあります。

自殺を実行した人の中にもいろいろな人がいるとは思うんですけど、未遂者で死にたい気持ちを頭から否定する人は少ないですよね。「自殺は愚かなことだ」と言ったとしても、「死にたい気持ちはわかるけどね」という前置きがあります。中には、「死にたいと思ったときには死んでるんだから心配するな!」みたいな強引さが頼もしく思えることもあります。

一般的に、「死にたい」という言葉に好意的な反応を得られることはありません。そりゃそうですよね、「そうなんだー、あはは」と反応するような話題ではありません。自分の大切な人だったら「死なないで!」と思うでしょう。

でも、死にたいとしか思えないときは、そういう言葉を聞くことで余計に苦しくなることもあって。

「死にたい」という言葉を受け取った人はいろんなことを言います。愛ゆえのメッセージもありますが、中には心無い言葉や煽り文句のようなセリフを口にする人もいます。「心が弱いからいけない!」とか「現実から目を背けちゃダメだ!」とか「そんなに死にたいなら死ねば?」とか。

そういう言葉を発する理由は何でしょうか? 他人の「死にたい」という気持ちと向き合うのはしんどいからでしょうか? 確かに、自分の足元がぐらつくような不安定な状態には耐えられないですよね。私もどうしたらいいかわからなくて思考停止してしまうことが多いですから、わからないことはないです。というか、わかる。

で、生きていた方が良い理由はいろいろあるんでしょうけど、「生きろ!」「死ぬな!」と他人に強いる権利はないよね、というのが率直な気持ちです。もちろん、大切な人を思う気持ちは尊重したいと思うし、私もあなたに死んでほしくないなと思っているんですけど。

生きること・死ぬこと・生きるのをやめること

死にたいのに死ねないと苦悩するとき、そこには他人の存在が大きく関わっています。

寺山修二の『書を捨てよ、町へ出よう』にこんな文があります。

わたしはじぶんの自殺についてかんがえるとき、じぶんをたにんから切りはなすことのむずかしさをかんじる。じぶん、というどくりつした存在がどこにもなくて、じぶんはたにんのぶぶんにすぎなくなってしまっているのです。じぶんを殺すことは、おおかれすくなかれ、たにんをもきずつけたり、ときには殺すことになる。

(「自殺学入門」p.302)

「あなたが死んだら悲しむ人がいる」とはちょっと毛色の違う話です。

自分と他人の境界線はどこか。自分が死ぬとき、一体何が死ぬのか。そもそも死ぬとはどういう状態か。

つらくて苦しくて心が痛くて泣くことしかできないとき、こういう話は何の役にも立たないと思うかもしれません。実際、苦痛を取り除く具体策ではないですから、役に立たないのでしょう。

ただ、注目したい点があります。

寺山修二は、「何よりも生きることが尊い」とは思わない、と言っています。

「何よりも生きることが尊い」と信じているときに聞いたら、動揺してしまうような言葉です。「バカなこと言うな!」とも言いたくなります。

でも、この言葉に私は同意します。生きることの他にも尊いことはあると思うからです。これは、「生きることよりも尊いことがある」という意味ではありません。

ひとりぼっちで、寂しくて、虚しくて、このままじゃ生きていけない

尊いこととは一体なんでしょう?

ダルク女性ハウス代表の上岡陽江さんは『生きのびるための犯罪』で、こころの痛みを4つ挙げています。

① 疎外感
② 孤独感
③ 空虚感
④ 切迫感

疎外感や孤独感は、自分と他人の距離感。誰といても、ひとり。自分だけが違ってしまっているという感覚。

空虚感は、なにをしても虚しくて、なにをしてもムダという思い。

そして、切迫感は、今すぐに何とかしなければという病的なこだわり。

これらの「こころの痛み」を克服して笑顔になれることが尊いことでしょうか? はたまた、これらの苦悩を味わうことが尊いことでしょうか?

おそらく、どちらも正解であり、不正解なのでしょう。という言い方は非常にズルい答えだと思いますが、私には「これこそが尊いことである!」と断言するのは難しいです。

ただ、これらの「こころの痛み」に支配されて、本人が望んでいないのに苦しんでいるのなら、それは好ましいことではありません。

少なくとも、「何よりも生きることが尊い」と言って、生きづらさを抱える人の気持ちを踏みつけることは、全然尊くなんかない。

疎外感や孤独感、空虚感、切迫感に支配されて生きることは、並大抵のことではありません。

どんなに苦しくても死んじゃいけないの?

「自分」というものは、大きな範囲で捉えることができます。

今から言うことは自分でもちゃんと整理できていないので、上手く言える自信がありませんが、寺山修二が言った「じぶんはたにんのぶぶんにすぎなくなってしまっている」と通じるものです。

自分は他人の部分であり、他人は自分の部分です。つまり、私にとっては、今この文章を読んでいるあなたも私の部分。「自分=あなた」です。そして、私に触れたもの、私が認識したものはすべて私の部分と考えると、「自分=世界」です。すごい傲慢な感じがしますね。世界征服をたくらむ悪者かよって。でも、「自分」「世界」「あなた」に主従関係はありません。「自分=世界=あなた」です。食物連鎖を例に挙げるとわかりやすいでしょうか。

で、私は自分を大切にすることがとても大事なことだと思っているので、自分すなわち世界を大切にしたいと思うわけです。でも、そんなの無理ですね。世界平和を望んだって、争いはなくなりません。隣人トラブルだって、きっとなくなりません。大嫌いな人を愛することなど到底できそうにありません。

でも、自分を大切にしたいので、できる限り傷つけたくないし、傷ついてほしくないなと思います。

自分、すなわち世界、すなわちあなたを大切にしたい私は、あなたが「死にたい」と思ってしまうほどに苦しい毎日を過ごしているなら、その苦しみを何とかして取り去りたいと思います。でも、私は魔術師ではないので、そのようなことはできません。

私は一体どうしたらいいのでしょう?

それで、どうしたらいいかわからないよーと思いながら、こうやってグダグダ文章を書き連ねているわけですが、このような文章をここまで読んでくださったあなたは、きっと私と共通する部分があるんじゃないかと思うんですよね。勝手に決めつけるなと言われるかもしれませんけど、少なくとも日本語が読めるという共通点はあります。

さらに、つらい思いを抱えながら、ここまで私の話に付き合ってくれる優しさの持ち主なわけじゃないですか、あなたは。それは別に優しさではないとか言われちゃうとあれなんですけど、何せよありがたいなぁとは思うし、できればまた私の話聞いてほしいなぁと思うわけです。

「死ぬな」「生きろ」と言うつもりはありません。ただ、またこのブログを読んでくれたら嬉しいなぁって。

最後に

「死ぬしかない」
「生きていてはならぬ」

そんなことを思うのは楽しくないですね。だからといって「生きねば」もつらい。そうなると、死ぬことを考えるのが一番ラクなのかもしれません。

実際、私も自分が死ぬことや世界が破滅することを考えるのは甘美な妄想だなぁと思って、何とも言えない心地よさを感じることがあります。

死にたいのに死ねなくて苦しくなると、生きることがとてつもなく大変なことのように感じられます。お先真っ暗で、途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。

そんなときには何の励ましにもならないとは思いますが、全員死ぬことは確定しています。100年後には、自分も周りの人たちも、みんないない。

私はもうしばらく生きるつもりなので、よかったらまたお話しましょう。

どうせ死ぬなら今死んだって同じでしょ? と思った人は、そのあたりのことを一緒に考えましょう。もしご迷惑でなければ。

 
【生きづらさを抱えるあなたへ】
「これ以上もう無理」と思ったときにすべきこととは?
人生が虚しくて、途方もなく寂しくて悲しくて苦しいと感じているあなたへ

【死にたいとき】
なぜ人は「死にたい」と思うのか?
「生きる意味あるの?」の答え・苦悩を和らげるためにできること

<参考書籍>
寺山修二 (1975)『書を捨てよ、町へ出よう』角川書店

上岡陽江+ダルク女性ハウス (2012)『生きのびるための犯罪』イースト・プレス

 - 生きづらさを抱えるあなたへ, 死にたいとき  , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連エントリー

イルミネーション
みんなが幸せそうに見えて、自分は惨めだと思ってしまうあなたへ

連日、華やかなイベントが続く年末年始。 クリスマス、大晦日、年越しカウントダウン …

カメラを持つ男性
言葉が見つからないときはただそのものに思いを馳せることしかできない

かける言葉が見つからない。 そういうことがよくあります。相手のつらさを思えばこそ …

通過する電車
心から大切に想ってきたのに……裏切りと割り切れない思いと赦し

茫然自失   何も手につかない   どうして こんなことになってしまったんだろう …

空
「これ以上もう無理」と思ったときにすべきこととは?

両手いっぱいの荷物。 腕が疲れてきた。 新たな荷物を運んでほしいと頼まれた。 も …

幻想の街
なぜ人は「死にたい」と思うのか?

「死んでしまいたいと思う」 希死念慮はうつ病の症状の一つとして挙げられます。気分 …

電話
「死にたい」気持ちを聞いてくれる無料相談窓口まとめ

つらい思いを抱えた中、ご来訪いただき、ありがとうございます。 このページを開いて …

あきらめの猫さん
「私なんか」が口癖のあなたへ その痛みを和らげるための提案があります

「私はダメだ」 「私は無能だ」 「私は何の役にも立たない」 「私は迷惑ばかりかけ …

ハープを奏でる女性
「人生がつらすぎる」と泣いている君へ

「人生がつらすぎる」と言って号泣している人がいました。 顔にタオルをあてて、わん …

自然の中で
人生が虚しくて、途方もなく寂しくて悲しくて苦しいと感じているあなたへ

今日は、生きることが虚しくて、毎日苦しくて、もうどうしたらいいかわからないという …

牧草ロールを押す人
「生きる意味あるの?」の答え・苦悩を和らげるためにできること

「生きる意味あるの?」 その問いの答えは「Yes」。意味はある。でも、「意義があ …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

ブログコメントの方針についてはこちらをご覧いただければ幸いです。

ブログコメントの今後の方針
コメント返信、お問い合わせについて

またのお越しを心よりお待ちしております。

お詫び (2016.12.16)

一部のコメント承認が遅くなりました。私の確認不足で、スパムフィルタの誤判定に気づきませんでした(正常なコメントがスパム扱いになっていました)。せっかくの書き込みを無視するような形になってしまい、申し訳ありませんでした。

Comment

  1. まさのり より:

    まさしくそうですね。書きたい文章が書かれていて、嬉しいです。

  2. Ruri より:

    いつもこちらのブログに助けられてます。
    ありがとう。

  3. はな より:

    私も、ナミさんのブログに救われています。
    ありがとうございます。

  4. 伊予 より:

    『私に触れたもの、私が認識したものはすべて私の部分と考えると、「自分=世界」です。』
    このように考える方が私の他にいらっしゃって、
    こんなに共感できるブログを書かれていることを嬉しく思いました。

    あるアニメ映画で、母親が子供(主人公)に対して
    「世界を救う?それが何?あなたが死んだらあなたの世界はもう無いの!」と叱る場面があったのを思い出しました。

  5. K より:

    今とても苦しいです。このブログには何度となく足を運んで、落ち着いて自分を見直しているのですが、とても生きづらいです。誰かを思うこともできず、ただ置かれている状況に翻弄されて、死にたい気持ちが押し寄せてきます。この気持ちがいつか晴れる日がくるのかな…暗いコメントですいません。

  6. せん より:

    私もとても苦しく、毎日死にたい、どうやったら周りになるべく迷惑をかけずに死ねるのかを考えてしまいます。でも家族のことを考えると申し訳なくてなんとか踏みとどまっています。
    まさに自分を他人から切り離せないとはこういうことだなと思います。

  7. 鹿 より:

    ナミさんのブログ初めて拝見しました。
    双極性障害、今朝すどどーんと心が落ちていました。
    でも、ナミさんの優しいブログ。言われたい言葉がたくさん載ってました!
    すみずみまで読ませていただきます。ありがとうございます。

  8. aki より:

    死にたいと思うことが悪いことで、そう思う自分を自分で責めながら生きてきました。
    強い人間のフリをして、1人でも平気なフリをして、人の前 家族の前でさえも泣かずに笑顔を通してきました。
    幸せになる資格なんかない人間なんだと自分にいい聞かせながら生きてきました。
    死にたいと思った時、誰にも迷惑がかからない方法を考えます。
    なかなか良い方法が見つかりません。
    もう笑うことにも疲れてしまいました。
    でも笑ってなくてはいけません。
    私が笑ってないと病気になってしまう人がいます。
    だからこうして1人でひっそりと泣いています。
    誰にも言えなかったこと、この場で吐かせてもらいました。
    ありがとう。
    この出会いに感謝です。
    もう少し泣いたらまた頑張ります。

  9. みに より:

    7歳から家庭環境が激変して自殺願望が生まれ、精神疾患と闘いながら22年経った今本気で自殺を考えています。
    でもこのブログを読んで救われました。
    ただただありがとうと言いたいです。
    またきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です