ナミうつブログ

「うつ」のお悩みを軽くするヒントを双極Ⅱ型障害の人が模索するブログです。

まず力を抜いてごらんよ ー 『ブタのふところ』から学ぶ生きるヒント

 

何年振りかに「ブッタとシッタカブッタ」の姉妹編『ブタのふところ』を読みました。

心が軽くなりました。ページをめくるたびに、ギクッとしたり、苦笑いしたり。自分のこだわりや考え方のクセを素直に認めてあげよう、そんな気持ちにさせてくれる本です。

文字も少なめなので、うつでしんどいときでも比較的読みやすいんじゃないかなと思います。かわいいイラストや、小泉吉宏さんの丸ゆる文字にも癒されます。

悩める子豚よ……。本のあらましと読みどき

『ブタのふところ』は、シッタカブッタという名前のブタさんが、“悩みの糸”に縛られて生ハムになりかけているところから始まります(※見え方には個人差があります)。

あれこれ悩みすぎた結果、糸がこんがらかって抜け出せなくなってしまったシッタカブッタ。

それを、仏陀の風貌をしたブタであるブッタさんがほどきます。

ブッタさん曰く、糸がからまってしまう原因は、「当たり前のことを当たり前と思わなくする心のクセ」。その“心のクセ”を観察することによって、こんがらかった悩みは少しずつほぐれてくる、と。

まず力を抜いてごらんよ

すると、シッタカブッタをがんじがらめにしていた“悩みの糸”は、はらりとほどけるのでした。ちゃんちゃん。

私がこの本をパラパラパラとめくりたくなる瞬間は、

  • 悩みごとが頭の中をぐるぐるぐるぐるしているとき。
  • 人生うまくいかないことばかり、不安だらけ、自分の身には悪いことしか起こらない、という考えに支配されたとき。
  • 「生きるのってなんでこんなに大変なんだろう」とため息をついているとき。
  • 自分がほとほと嫌になって「これまでのことを全部消し去ってしまいたい!」という衝動に駆られるとき。
  • 「頑張りたいのに頑張れない。もう疲れた」と気持ちが途切れたとき。

ブタさんたちの生活や会話を切り取った4コママンガに散りばめられた「心」のヒント。

熱い緑茶をすすりながら、味わいましょう。

おまんじゅうも一緒にどうぞ。

おいしそ……。

人の心は移ろうものなんですね

私がはじめて『ブッタとシッタカブッタ』を読んだのは中学生のとき。

当時は、クラスや部活の人間関係のことで頭がいっぱいだったので、この本を味わう余裕はありませんでした。

「なんかいいこと書いてあるっぽいな~。でも、私それどころじゃないから。常に緊急事態だから」

何となくブッタに不快感というか、自分の頑張りは違うと言われているような気がして、この本を遠ざけていました。

そして、病気になって、再びこの本を手にしたわけです。

「あぁ~~~」って感じでした。何と言ったらいいんでしょう、痛いところを突かれたという感じでしょうか。「あぁ、やっちゃったね」というか「ですよね~」というか「あぁぁ、最悪だーーー」というか。

この本に登場する俗なブタさんたちはまさに自分だ! と思い知らされました。でも、そこに嫌悪はありませんでした。割と素直に入ってきて。

これはすべてに言えることですが、出会うタイミングによって受け止め方は変わりますね。新たな気持ちに気づくたび、人間っちゅうのは面白いな~と思います。

抹茶

いやはや、まったくですな~。ズズズズズ……。

まじめなブタはただのブタ(すばらしい!)

最後に、シッタカブッタシリーズの好きなところを言います。

ブッタとシッタカブッタが向き合ってお話する4コマが好きです。
シッタカブッタの素直さが好きです。
ジーサンブタの人間臭さとジブリ臭が好きです。
押しつけがましくないところが好きです。
余白が好きです。
ダジャレ使いが好きです。
ゆるいようでいて、ゆるくないところが好きです。

そういうものに わたしはなりたい

ブヒー。

 

<ゆるゆるタイムのお供にどうぞ>

 -   ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連エントリー

「いい子を演じるのに疲れた」の背景 ― 平田オリザ『わかりあえないことから』感想

劇作家・演出家、平田オリザさんの新書を読みました。 わかりあえないことから──コ …

magazines
【治療期間別】うつ病療養中にオススメのエンタメ作品まとめ

2013年、最後の一日となりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 今年最後 …

咲き始めた桜
桜の美しさが怖かった、抑うつ真っ盛りのあの頃

桜の開花が発表される季節になりました。 春の訪れを手放しに喜べないのは私だけでし …

シャレオツなベッドの上でリラックスするマリー
うつ病と血液の関係 ~エタノールアミンリン酸が悲しみのマリーを救う?~

こんなうつ病関連ニュースを読みました。 うつ病が血液検査で分かる時代に | QL …

イグアナ
「ツレうつ」細川貂々が描く、心が軽くなるマンガ『イグアナの嫁』

『イグアナの嫁』を読みまして。 イグアナの嫁 (幻冬舎文庫)細川 貂々 幻冬舎 …

青空と色とりどりの傘
うつ病療養中の共感『ラジ&ピース』読書感想

今日は、絲山秋子さんの小説『ラジ&ピース』について書きます。少し長めの感想文です …

ランタンを見つめる文学美女
「全部自分が悪い」と叫ぶ君に捧ぐ、ある文豪の弁明『闇中問答』より

「私が全部悪いんです」 そんなふうに自分を責めていませんか? もしあなたが自分に …

金
やっぱり金は大事だと教えてくれるサイバラさんのすごい話

漫画家・西原理恵子さんの自伝エッセイ『この世でいちばん大事な「カネ」の話』を読み …

あしあと
命の崖っぷちを知る堂本剛さんが語る、強く美しい言葉たち

今日は、私がうつ病と診断され、絶望していたときにくり返し読んだ本をご紹介したいと …

ウィスキーと本
『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』鬱々とした心も癒せるだろう

最近出会ったお気に入りの言葉があります。 もし僕らのことばがウィスキーであったな …

管理人からのお知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、コメントへの返信はしていません。

いただいたコメントはありがたく拝見しています。

ブログコメントの方針についてはこちらをご覧いただければ幸いです。

ブログコメントの今後の方針
コメント返信、お問い合わせについて

またのお越しを心よりお待ちしております。

お詫び (2016.12.16)

一部のコメント承認が遅くなりました。私の確認不足で、スパムフィルタの誤判定に気づきませんでした(正常なコメントがスパム扱いになっていました)。せっかくの書き込みを無視するような形になってしまい、申し訳ありませんでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です